※本記事にはプロモーションが含まれています

戦国時代の歴史に現代の知識を持ち込んで織田信長を救い、天下統一を目指す
イメージ画像

戦国時代の歴史に現代の知識を持ち込んで織田信長を救い、天下統一を目指す異色のラノベ「本能寺から始める信長との天下統一」。

本記事では、ネタバレを含む詳細なあらすじや登場キャラクターの紹介を通じて、この魅力的な作品の全貌をお届けします。

著者である常陸之介寛浩の緻密な描写と、茨乃の美しいイラストが織り成す物語の世界に浸りながら、歴史とファンタジーが融合した壮大な冒険をお楽しみください。

オーバーラップ文庫の人気シリーズの魅力を余すところなくご紹介します。

記事ポイント

  • ラノベ「本能寺から始める信長との天下統一」の詳細なあらすじ
  • 物語の重要なポイントやネタバレ情報
  • 登場キャラクターの詳細な紹介
  • 作者・常陸之介寛浩と出版社・オーバーラップの情報

ラノベの本能寺から始める信長との天下統一:ネタバレ・あらすじ

「本能寺から始める信長との天下統一」は、タイムスリップをテーマ
イメージ画像

  • ラノベの本能寺から始める信長との天下統一:基本情報
  • 作者・出版社の紹介
  • 登場するキャラクター紹介
  • 作品のネタバレ・あらすじ
  • 作品の魅力・読みどころ
  • 読者の感想・レビュー

ラノベの本能寺から始める信長との天下統一:基本情報

現代の高校生が戦国時代にタイムスリップし、歴史的な大事件「本能寺の変」を舞台に繰り広げられる物語です。

この作品は、歴史の知識を持ちながらも現代の価値観を持つ主人公が、織田信長と共に新たな日本の未来を切り開いていく姿を描いています。

奇想天外な設定と緻密なストーリー展開が魅力の作品です。

作者・出版社の紹介

本作の著者は常陸之介寛浩(ひたちのすけ ひろひろ)で、イラストを手掛けるのは茨乃(ばらの)です。

出版社はオーバーラップで、ライトノベルの分野で多くの人気作品を出版しています。

特に「本能寺から始める信長との天下統一」シリーズは、オーバーラップ文庫の中でも注目の作品として位置づけられています。

電子版の配信も積極的に行っており、多くの読者が手軽にアクセスできる環境を整えています。

常陸之介寛浩さんに関するX


▼ラノベ  本能寺から始める信長との天下統一が読めます
 今なら1巻目は無料
 作品検索より 本能寺から始める信長との天下統一 で検索してください


▲マンガ版 本能寺から始める信長との天下統一が読めます

登場するキャラクター紹介

多彩なキャラクターが登場
イメージ画像

「本能寺から始める信長との天下統一」には、多彩なキャラクターが登場し、物語に深みと魅力を加えています。それぞれのキャラクターが個性的であり、彼らの成長や絆が物語の重要な要素となっています。

黒坂真琴

主人公の黒坂真琴は、現代の高校生です。修学旅行中に突如として戦国時代にタイムスリップし、本能寺の変に巻き込まれます。

現代の知識を駆使して織田信長を救い、その後も信長の側近として活躍します。

真琴は剣術、陰陽道、そして現代の科学知識を持ち合わせており、これらを使って戦国時代の困難を乗り越えていきます。彼の存在が、戦国時代の歴史を大きく変えていくきっかけとなります。

織田信長

戦国時代を代表する武将、織田信長。物語では、真琴の現代知識を柔軟に受け入れ、その知識を活用して天下統一を目指します。

信長は革新的なリーダーシップを持ち、時には厳しく、時には寛大に部下を指導します。

真琴との友情や信頼関係が深まる中で、信長自身も成長し、彼の野望はますます現実味を帯びていきます。

浅井三姉妹(茶々、お初、お江)

浅井三姉妹は、戦国時代の名門浅井家の姉妹で、それぞれが物語に重要な役割を果たします。

  • 茶々:最も有名な姉妹の一人で、のちに豊臣秀吉の側室となる人物。真琴との出会いにより、彼女の運命も大きく変わります。
  • お初:おっとりとした性格でありながら、戦国時代の激動に巻き込まれつつ、家族を支えます。
  • お江:聡明で勇敢な性格を持ち、時には兄姉を支え、時には真琴と共に行動します。

前田慶次

豪傑として知られる前田慶次は、戦国時代屈指の勇猛な武将です。真琴の現代知識に感銘を受け、彼の戦略をサポートします。慶次の武勇と真琴の知恵が合わさることで、織田軍はさらに強力になります。

柳生宗矩

剣豪として名高い柳生宗矩も登場します。彼は真琴の剣術の師匠となり、真琴に戦闘の技術を教えます。宗矩の教えを受けることで、真琴は戦国の世を生き抜くための力を身につけます。

他のキャラクター

物語には他にも多くの歴史的な人物が登場します。真琴が持ち込む現代知識を受け入れ、共に戦うことで、それぞれが新たな役割を見つけていきます。

例えば、織田家の家臣たちは真琴の知識を学び、戦術や内政に活かします。また、敵対する武将たちも、真琴の存在によって変化を余儀なくされます。

各キャラクターの背景や成長が丁寧に描かれているため、読者は彼らの物語に深く感情移入することができます。

彼らの人間関係や絆が物語の大きな魅力となっており、それぞれのキャラクターがどのように成長し、歴史に影響を与えていくのかが注目ポイントです。

作品のネタバレ・あらすじ

炎上する本能寺で織田信長を救った真琴
イメージ画像

「本能寺から始める信長との天下統一」は、高校生の黒坂真琴が修学旅行中に本能寺の変へタイムスリップするところから物語が始まります。

炎上する本能寺で織田信長を救った真琴は、その知識と現代の技術を駆使して信長の信頼を得ていきます。

信長の側近として戦国時代を生き抜きながら、真琴はさまざまな困難に立ち向かい、歴史を変えていく役割を果たします。

物語の中心には、真琴の現代知識を活かした内政や軍事戦略があり、織田家の繁栄に貢献する様子が描かれています。

また、信長の生存によって変わっていく歴史の流れや、真琴の周囲に集まる個性豊かな武将たちとの交流も見どころです。

特に、戦国武将たちとの信頼関係や友情が深まり、彼らと共に天下統一を目指す真琴の姿が感動を呼びます。

作品の魅力・読みどころ

「本能寺から始める信長との天下統一」の最大の魅力は、現代と戦国時代の融合です。

真琴が持ち込む現代の知識や技術が、戦国時代の常識を覆し、織田家の勢力拡大に大きく貢献する様子が描かれています。

例えば、現代の料理や医療知識を活用して戦国武将たちの心を掴むシーンは、物語にリアリティとユーモアを与えています。

また、緻密な歴史考証に基づいたストーリー展開も見逃せません。史実を踏まえつつ、独自の解釈と創造性で描かれる戦国時代は、歴史ファンにも満足できる内容です。

さらに、信長との絆を深めながら成長していく真琴のキャラクターも魅力的で、読者は彼の冒険と挑戦に引き込まれます。

読者の感想・レビュー

炎上する本能寺で織田信長を救った真琴
イメージ画像

「本能寺から始める信長との天下統一」は、歴史ラノベとして多くの読者から高い評価を受けています。その魅力と課題を、読者レビューから総合的に分析しました。

まず、読者が共通して評価するポイントは、斬新なタイムスリップ設定です。

現代の高校生が戦国時代にタイムスリップし、織田信長と共に戦国を生き抜くというコンセプトは、多くの読者に新鮮な驚きを提供しています。

「信長モノ 信長と共に戦国を生きていくお話 結構好き」というレビューに代表されるように、歴史ファンにとってこの設定は大きな魅力です。

一方で、課題として指摘されているのは戦闘シーンの少なさや物語の展開の遅さです。

「主人公はほとんど安土城内にいて、唐揚げとか豚カツとかカレー作ってるだけで、戦に行くこともない」といったレビューや、「苦労、苦難、壁がもうすこしあってもよかったのではないか、と思わんでもない」という意見からも、ダイナミックな展開を望む声が伺えます。

また、主要キャラクターの活躍不足も課題として挙げられています。

  • 面白かった。平成からタイムスリップした主人公が(主に)料理の力で武将達の心を鷲掴みにしていく。そしてラストは茶々との婚約。
  • 織田信長という多くの人が知っている時代を舞台にすることで、読みやすさを高めている作品だと感じました。かなり有名な戦いがピックアップされているので、ネットで調べながら読む必要がないのはテンポを高めてくれて良かったです。今巻では流石にキャラの深掘りはされませんでしたが、多くのキャラが登場しており、次巻以降の深掘りが楽しみです。
  • 主人公、いや、作者の性癖がたまにと言うか結構な確率で出てきましたww それは置いておいて、主人公が異世界ではなく過去「本能寺の変」にタイムリープするお話 そこで信長を救うので「本能寺の乱」となるわけですが、主人公を命の恩人として手厚く保護?する信長 現代の技術や知識で信長にアドバイスをするのはとても爽快です また、主人公のまわりに出てくる女の子が可愛すぎます...
  • 戦国時代にタイムスリップした少年が、本能寺の変で織田信長を救ったことからはじまり。信長モノのラノベは多々あるが、本能寺の変からスタートっていうのは初読。史実というレールを初手から外れているので、先が読めない面白さはある。 ■やや文章が拙かったり、言葉遣い等が気になるが、今後が楽しみな作品。
引用元:読書メーター

作品の分析と考察

「本能寺から始める信長との天下統一」は、歴史ラノベの中でも特に異彩を放つ作品です。

タイムスリップという設定が新鮮であり、現代の知識を持つ主人公が歴史をどう変えていくのかという展開が非常に面白いです。

また、織田信長との共闘関係や、多彩なキャラクターの存在が物語に深みを与えています。

歴史ファンだけでなく、現代の若者にも楽しめる作品であり、続巻への期待が高まります。

▼ラノベ 本能寺から始める信長との天下統一 が読めます

>>>dブック公式 をチェック

>>>まんが王国公式をチェック

▲マンガ版 本能寺から始める信長の天下統一 が読めます

ラノベの本能寺から始める信長との天下統一のネタバレ・あらすじ:最新刊情報

「本能寺の変」は日本史上の大きな謎
イメージ画像

  • 本能寺の変の黒幕は誰?
  • 本能寺の変の真犯人は誰?
  • 豊臣秀吉は誰にやられたのか?
  • 本能寺の変で死んだ人は?
  • 本能寺から始める信長との天下統一の最新刊について

本能寺の変の黒幕は誰?

「本能寺の変」は日本史上の大きな謎の一つです。明智光秀が織田信長を襲撃した事件として知られていますが、その背後には様々な陰謀説が存在します。

本能寺の変の黒幕として、歴史学者や小説家たちは以下のような人物を挙げています。

  • 徳川家康:信長の後継者となるために光秀を利用したとする説
  • 豊臣秀吉:信長の死後に天下を取るために裏で糸を引いたとされる説
  • 朝廷:信長の強大な力に危機感を抱いた天皇や公家が黒幕であるとする説

「本能寺から始める信長との天下統一」でも、この事件を中心に物語が展開しますが、黒幕の存在は物語のスパイスとして巧妙に使われています。

物語の中で、主人公の黒坂真琴がこの黒幕にどう立ち向かうのか、また信長と共にどのようにして陰謀を解き明かしていくのかが見どころです。

本能寺の変の真犯人は誰?

本能寺の変の真犯人についても多くの議論
イメージ画像

本能寺の変の真犯人についても多くの議論があります。歴史的には明智光秀が実行犯とされていますが、彼の動機や背後関係については多くの謎が残されています。

  • 明智光秀の動機:光秀が信長に対して抱いていた個人的な恨みや、政治的な野心が動機として挙げられます。しかし、それだけでは説明できない部分も多く、他の勢力の介入があったのではないかと考えられています。
  • 背後にいる人物:光秀を操ったとされる黒幕が誰であるかについては、未だに多くの仮説があります。徳川家康や豊臣秀吉、朝廷など様々な説が存在し、どれも決定的な証拠はありません。

「本能寺から始める信長との天下統一」では、この歴史的な謎に対して独自の解釈を加えています。

真琴が現代の知識を使って真犯人を探し出し、歴史の流れをどう変えていくのかが大きな見どころです。物語を通して、読者は真琴と共に歴史の謎を解き明かしていく過程を楽しむことができます。

豊臣秀吉は誰にやられたのか?

豊臣秀吉は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、天下統一を果たしたことで知られています。

秀吉は1598年に死去しましたが、その死因についても多くの憶測があります。公式には病死とされていますが、彼の死に関しても陰謀説が囁かれています。

  • 病死説:秀吉の公式な死因は、体調不良による病死とされています。晩年の秀吉は、胃腸の病気に苦しんでいたとされています。
  • 毒殺説:秀吉の死は突然であったため、毒殺の可能性も疑われています。特に、秀吉の権力を脅かす可能性があった者たちが毒を盛ったという説も存在します。
  • ストレス説:天下統一後、内政や外交問題に追われた秀吉が、極度のストレスにより体調を崩したという説もあります。

「本能寺から始める信長との天下統一」では、秀吉の存在も重要な役割を果たします。物語の中で、秀吉がどのような運命を辿るのか、また彼の死の謎に主人公の真琴がどのように関わるのかが注目されます。

本能寺の変で死んだ人は?

主人公の真琴が現代の知識を駆使して信長を救う
イメージ画像

本能寺の変は1582年に起きた歴史的な事件で、多くの人々が命を落としました。主に以下の人物がこの事件で命を落としています。

  • 織田信長:本能寺の変で最も有名な犠牲者。信長は自刃して果てました。
  • 織田信忠:信長の嫡男であり、同じく襲撃を受けて二条城で討死しました。
  • 織田家の家臣たち:多くの家臣がこの襲撃で命を落としました。具体的な名前は史料によって異なりますが、多くの忠実な家臣が信長と共に死を迎えました。

「本能寺から始める信長との天下統一」では、この悲劇的な事件が異なる視点で描かれます。

主人公の真琴が現代の知識を駆使して信長を救うことで、歴史の流れがどのように変わるのかが大きなテーマです。

歴史のifを楽しむ読者にとって、この作品は新たな視点を提供します。

本能寺から始める信長との天下統一の最新刊について

「本能寺から始める信長との天下統一」の最新刊の11巻では、真琴と信長の物語がさらに深まります。最新刊では、次のような展開が期待されます。

  • 内政と外交の強化:信長の命を救った真琴が、現代の知識を活用して内政と外交をさらに強化します。新たな技術や戦略が導入され、織田家の勢力が拡大します。
  • 新たな敵との戦い:歴史が変わることで、新たな敵や脅威が現れます。真琴と信長がどのようにしてこれらの困難を乗り越えるのかが描かれます。
  • 人間関係の進展:真琴と織田家の武将たちとの絆がさらに深まり、彼らとの友情や信頼関係が強調されます。また、恋愛面での展開も期待されます。

最新刊のリリース日は2024年5月25日です。新たな展開が待ち遠しい読者は、ぜひ手に取ってみてください。

この物語がどのように進んでいくのか、そして最終的にどのような結末を迎えるのか、期待が高まります。

▼ラノベ 本能寺から始める信長との天下統一 が読めます

 作品検索より 本能寺から始める信長との天下統一 で検索してください

 今なら1巻目が無料で読めます

>>>dブック公式 をチェック

>>>まんが王国公式をチェック

▲マンガ版 本能寺から始める信長の天下統一 が読めます

ラノベの本能寺から始める信長との天下統一:ネタバレ・あらすじの総括

「本能寺から始める信長との天下統一」は、現代の高校生が戦国時代にタイムスリップし、織田信長を救うという斬新なストーリーが特徴です。

主人公の黒坂真琴が持つ現代の知識と技術を駆使し、織田信長と共に天下統一を目指す姿が描かれています。

物語の中で描かれる歴史のif、キャラクターの成長、そして緻密な歴史考証が読者を魅了します。

この記事では、作品の基本情報から登場キャラクター、物語のあらすじ、読者の感想までの以下に要点をまとめます。

  • 現代の高校生が戦国時代にタイムスリップする設定が斬新
  • 主人公・黒坂真琴が織田信長を救う
  • 現代の知識と技術を駆使して歴史を変える
  • 信長との友情や信頼関係が深まる過程が描かれる
  • 浅井三姉妹や前田慶次、柳生宗矩など多彩なキャラクターが登場
  • 真琴の現代知識が内政や軍事戦略に活用される
  • 織田家の繁栄と勢力拡大が描かれる
  • 緻密な歴史考証と独自の解釈が魅力
  • 戦国武将たちとの信頼関係や友情が感動を呼ぶ
  • 現代の料理や医療知識を活用したユーモアシーンが含まれる
  • 真琴の成長と挑戦が読者を引き込む
  • 読者から高い評価を受けている
  • 続巻への期待感が強い
  • 茨乃の美しいイラストがキャラクターの魅力を引き立てる
  • 最新刊ではさらに深まる物語と新たな展開が期待される
関連記事
「成瀬は天下を取りに行く」のあらすじとネタバレや感想:どこで読めるか?

『成瀬は天下を取りに行く』のあらすじとネタバレ、物語の魅力を詳しく解説。成瀬あかりの成長と挑戦、そして宮島未奈の筆致による豊かな描写が詰まった作品の概要をお届けします。この記事では、作品の全貌と感動を余すことなく紹介します。

感動の「成瀬は信じた道をいく」:あらすじ、ネタバレ、読者レビューを紹介

成瀬は信じた道をいく』は、成瀬あかりが自分の信念を貫き、多くの人々に影響を与える感動的なストーリーです。成瀬の行動力と前向きな姿勢が、周囲の人々の成長を促します。名言「信じた道を進む勇気が、私を強くする」や「夢を追い続けることが大事なんだ」など、多くの読者にインスピレーションを与えます。

「赤と青のガウン」 あらすじ・ネタバレ - 彬子女王の留学記が感動を呼ぶ

彬子女王の留学記「赤と青のガウン」。オックスフォード大学での学問の挑戦や、エリザベス女王との特別な交流エピソードを含む、貴重な体験を描いた感動のストーリーを紹介します。

薬屋のひとりごとがつまらないと感じる理由と物語の概要・あらすじ

「薬屋のひとりごと」は、その独特な世界観と魅力的なキャラクターで多くの読者を魅了しています。この記事では、物語の概要やあらすじ、作者の紹介、そして作品の見どころやネタバレまで詳しく解説します。「薬屋のひとりごと」がつまらないと感じる理由についても考察します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です