2024年に国内店舗数が100を突破
イメージ画像

ベトナムのセブンイレブンは、2024年に国内店舗数が100を突破し、現地市場での成功を象徴する存在となっています。

2017年にホーチミン市で第1号店を開業して以来、セブンイレブンは急速に成長を遂げ、今後もさらなる拡大を目指しています。

本記事では、ベトナムにおけるセブンイレブンの成功要因、現地市場での影響、そして未来展望について詳しく解説します。

ベトナムのコンビニ市場をリードするセブンイレブンの戦略とその成果を探っていきます。

記事ポイント

  • セブンイレブンのベトナム国内での店舗数とその急速な増加の背景
  • セブンイレブンのベトナム市場における成功要因とフランチャイズモデルの詳細
  • ベトナムのコンビニ市場の現状と他の主要コンビニチェーンの展開状況
  • 今後の市場拡大の鍵となる若年層向けのサービスや商品の取り組みと将来の展望

ベトナムのセブンイレブンの店舗数と拡大計画

セブンイレブンの店舗数と拡大計画
イメージ画像

  • ベトナムのセブンイレブンの店舗数は?
  • ベトナムのセブンイレブンはどのように運営されているか
  • ベトナムのセブンイレブンの資本

ベトナムのセブンイレブンの店舗数は?

2024年において、セブンイレブンはついにベトナム国内で100店舗を突破しました。

現在、ベトナム市場において急速に拡大しており、10年間で1,000店舗の目標を維持しています。

セブンイレブンは、2017年にホーチミン市で第1号店を開業しました。当初の計画では、3年以内に100店舗、10年以内に1,000店舗を目指していました。

2024年において、セブンイレブンはついにベトナム国内で100店舗を突破​ ​。

現在、ベトナム市場において急速に拡大しており、10年間で1,000店舗の目標を維持しています。

この急速な拡大は、ベトナム市場の潜在力を示すものであり、セブンイレブンの進出は現地の消費者から大きな支持を受けています。

ベトナムの若年層が多い人口構成は、コンビニエンスストアに対する需要を押し上げており、セブンイレブンはこれを巧みに捉えている。

また、都市部の急速な発展と生活スタイルの変化も、コンビニエンスストアの需要を高めています。

現地の消費者は、品質の高い商品やサービスを求め、セブンイレブンはその期待に応える形で成長を続けています。

セブンイレブンは、都市部の利便性の高いロケーションに店舗を集中させ、日常生活に必要な商品を幅広く取り揃えることで、地域社会に密着したサービスを提供しています。

特にホーチミン市やハノイ市などの主要都市では、多くの店舗が展開されており、日々の買い物や食事の際に利用されることが多くあります。

また、店舗数の増加に伴い、現地での雇用創出にも寄与しており、地域経済への貢献も大きいです。

ベトナムのセブンイレブンはどのように運営されているか

ベトナムのセブンイレブンの成功を支える
イメージ画像

日本のSeven & I Holdingsは、ベトナムのセブンイレブンの成功を支えるために、以下のようなスタートアップ支援を提供しています。

  • マーケット集中戦略のサポート
  • 商品管理のサポート

これにより、地元のニーズに応じた運営が可能となっています。具体的な運営モデルは以下の通りです。

  • フランチャイズモデルの採用
    • Seven System Vietnamとの提携
    • 地元の経営者や企業と協力

フランチャイズモデルを通じて、地域特有のニーズや文化を反映したサービス提供が可能です。

  • 伝統的な料理や地域の食材を取り入れた商品開発
  • 現地の従業員に対する教育やトレーニングの充実

さらに、セブンイレブンの運営は以下の点を重視しています:

  • 現地のパートナーシップ
    • フランチャイズオーナーとの連携強化
    • 店舗運営の効率化
    • サービスの向上

これにより、消費者の満足度が高まっています。また、環境への配慮として以下の取り組みも行っています。

  • プラスチック使用を減らす取り組み
  • エネルギー効率の高い設備の導入

これらの取り組みにより、持続可能な運営を目指しています。セブンイレブンは、フランチャイズモデルと現地化戦略を組み合わせることで、ベトナム市場において成功を収めています。

今後も現地のニーズに応じたサービスや商品の提供を続けることで、更なる成長が期待されています。

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンと 7-Eleven, Inc. はベトナムにおけるセブン‐イレブン運営会社の『Seven System Vietnam Co., Ltd.』との緊密な連携に より、約9000万人の人口を抱え、急速に経済が発展しているベトナムの流通業近代化と同国におけるお客様の利便性向上を図るべく、セブン‐イレブン事業を展開いたします。

【ベトナムにおけるセブン‐イレブン運営会社の概要】

1. 会社名 :Seven System Vietnam Co., Ltd. (セブン システム ベトナム カンパニーリミテッド)

2. 設立日:2015 年7月6日

3. 本社所在地::2015 年7月6日 412 Nguyễn Thị Minh Khai, Ward 5, District 3, Ho Chi Minh City, Vietnam (ベトナム ホーチミン市3区5街区グエンティミンカイ通り412)

引用元:株式会社セブン&アイHLDGS

ベトナムのセブンイレブンの資本

共同出資で運営
イメージ画像

この提携により、以下の点で現地市場での迅速な展開を実現しています。

  • Seven & I Holdingsの役割
    • 日本国内外での豊富な運営経験を活かし、ベトナム市場に適したビジネスモデルを展開
  • Seven System Vietnamの役割
    • 現地の市場動向や消費者ニーズに精通
    • 効果的なマーケティング戦略や店舗運営を支える

このシナジーにより、セブンイレブンは競争の激しいベトナム市場で安定した成長を遂げています。

さらに、以下の点で現地企業との協力関係を重視しています。

  • 現地パートナーシップの重要性
    • 文化的な違いや消費者の嗜好に柔軟に対応
    • ローカル市場に根ざしたサービスを提供

この提携は、以下のような効果ももたらしています。

  • 雇用創出
    • 多くの地元スタッフが働いており、現地経済の活性化に寄与
  • 従業員トレーニング
    • 充実したトレーニングプログラムにより、高品質なサービス提供を支える

セブンイレブンのベトナム事業は、日本とベトナムの協力関係を基盤に成功を収めています。今後もこの協力関係を強化し、以下を目指します。

  • さらなる店舗拡大
  • サービス向上

これにより、ベトナム市場でのセブンイレブンの地位をさらに強化し、持続可能な成長を続けていきます。

ベトナムのコンビニ市場の現状とセブンイレブンの店舗数の影響

セブンイレブンの店舗数の影響
イメージ画像

  • ベトナムにあるコンビニは?
  • ホーチミンのコンビニ
  • ハノイのコンビニ
  • ダナンのコンビニ
  • ベトナムのコンビニ 店舗数
  • 世界一セブンイレブンが多い国はどこなのか

ベトナムにあるコンビニは?

ベトナムには多くのコンビニエンスストアが存在し、日常生活に必要な商品やサービスを提供しています。以下は、ベトナムの主要なコンビニチェーンです。

  • セブンイレブン
  • サークルK
  • GS25
  • ミニストップ
  • ファミリーマート

これらのチェーンは急速に都市部を中心に拡大しており、以下の点で消費者の支持を集めています。

  • 24時間営業の利便性
  • 多様な商品ラインナップ

ベトナムの都市部では、以下のような状況が見られます。

  • 従来の「パパママショップ」や屋台が根強い人気
  • モダンなコンビニエンスストアの需要の高まり

特に以下の層にとって、コンビニは重要な存在です。

  • 若年層
  • 忙しいビジネスパーソン

都市化の進展と経済発展に伴い、コンビニの数は増加しており、ライフスタイルの変化に応じた新しいサービスも提供されています。

  • 商品の販売だけでなく、以下の多機能なサービスも提供
    • 支払いサービス
    • Wi-Fi提供
    • 宅配便の受け取り

これにより、以下の点で消費者にとって非常に便利な存在となっています:

  • 忙しい都市生活者にとって便利
  • 消費者の生活の一部として定着

以上のように、ベトナムのコンビニ市場は急速に拡大し、多様なニーズに応えるサービスを提供することで、消費者の生活に深く根付いています。

ホーチミンのコンビニ

ベトナム最大の都市ホーチミン
イメージ画像

セブンイレブンはここで多くの店舗を展開しており、地元住民や観光客に便利なサービスを提供しています​ ​。

ホーチミン市内では、セブンイレブンの店舗はショッピングモールやビジネス街、住宅街などさまざまな場所に展開され、地域に根ざしたサービスを提供しています。

ホーチミン市のコンビニエンスストアは、多様な商品ラインナップと高品質なサービスで消費者の支持を得ています。

特に、健康志向の商品やベトナム料理を取り入れたメニューなど、現地のニーズに合わせた商品開発が行われています。

また、観光客向けのサービスとして、英語対応のスタッフや観光情報の提供も行われており、旅行者にとっても便利な存在となっています。

ハノイのコンビニ

ベトナムの首都ハノイ
イメージ画像

ハノイでは、観光地や大学周辺にもコンビニが多く、観光客や学生にとって便利な存在となっています。

ハノイ市内のコンビニエンスストアは、地域コミュニティとの連携を強化し、地域のニーズに応じた商品やサービスを提供しています。

特に、学生向けの割引やキャンペーン、地元産品の取り扱いなどが行われており、地域住民からの支持を得ています。

また、ハノイ市は観光客が多く訪れる都市であるため、観光客向けのサービスも充実しており、外国人観光客にとっても利用しやすい環境が整っています。

ダナンのコンビニ

観光地として人気のダナン

セブンイレブンは、観光客の利便性を向上させるため、ダナン市内にも店舗を展開しています​ 。

ダナンの美しいビーチ沿いや観光スポット周辺に位置するセブンイレブンは、観光客に必要な商品やサービスを提供しています。

ダナンはその自然の美しさと観光名所で知られており、年間を通じて多くの国内外の観光客が訪れます。

このため、観光地に位置するセブンイレブンは、観光客の多様なニーズに応えるための戦略的な商品配置を行っています。

例えば、飲料や軽食だけでなく、旅行者が必要とする日用品やお土産品も取り揃えています。

また、多言語対応のスタッフや観光情報の提供も行っており、外国人観光客にとっても利用しやすい環境が整っています。

セブンイレブンのダナン市内の店舗は、観光客だけでなく地元住民にも利用されています。

地元の新鮮な食材を使用した商品や、ベトナム特有のスナックや飲料など、地域の特色を活かした商品展開が行われています。

さらに、24時間営業の店舗が多いため、夜間でも必要なものを手に入れることができる利便性が高く評価されています。

ベトナムのコンビニ 店舗数

ベトナム国内のコンビニエンスストアの総数は増加傾向にあります。2024年現在、主要なコンビニチェーンの店舗数は以下の通りです。

地域/ベトナム 店舗数
セブンイレブン 100店舗
サークルK 約400店舗
GS25 約200店舗
ファミリーマート 132店舗
ミニストップ 164店舗

出典:Yahooニュース

ベトナムのコンビニ市場は、急速な都市化と生活スタイルの変化に伴い、今後もさらなる成長が期待されています。特に以下の点が市場拡大の鍵となります:

  • 若年層をターゲットにしたサービスや商品の充実
    • 若年層は新しい消費トレンドを牽引する層であり、コンビニエンスストアは彼らのライフスタイルに欠かせない存在

ベトナムのコンビニ市場は以下のような特徴があります.

  • 競争が激化
    • サービスの質や商品ラインナップの向上が進行中

各コンビニチェーンはそれぞれの強みを活かし、以下のような差別化を図っています:

  • 独自の商品開発
    • 健康志向の商品やオーガニック食品の導入
    • キャッシュレス決済の普及

セブンイレブンをはじめとする主要なコンビニチェーンは、以下のような展開を進めています。

  • 都市部だけでなく郊外や地方都市への展開
    • 全国的なネットワークの強化

これらの取り組みにより、ベトナムの消費者は以下の点で利便性を享受しています。

  • 便利で多様なショッピング体験
    • 消費者ニーズに応じた新しい取り組みが行われている

ベトナムのコンビニ市場は、若年層の需要を捉え、サービスや商品の充実を図ることで、今後も成長を続けていくでしょう。

世界一セブンイレブンが多い国はどこなのか

セブンイレブンが最も多く展開されている国は日本です。日本国内には約21,000店舗があり、次いでアメリカ、タイ、韓国などにも多くの店舗が存在します​ ​。

日本のセブンイレブンは、質の高いサービスと豊富な商品ラインナップで、国内外で高い評価を受けています。

地域/国 店舗数
北米(ハワイ含む) 15,302
アメリカ 12,792(内ハワイ66)
メキシコ 1,910
カナダ 600
アジア/オセアニア 68,646
日本 21,431
タイ 14,391
韓国 13,495
中国(台湾) 6,806
中国 4,907
フィリピン 3,624
マレーシア 2,532
オーストラリア 759
シンガポール 489
ベトナム 100
カンボジア 72
インド 44
ラオス 1
ヨーロッパ/中東 395
デンマーク 177
ノルウェー 129
スウェーデン 79
イスラエル 10

出典:セブンイレブン 海外事業について(ベトナムの店舗数を95から100に訂正しました)

日本のセブンイレブンは、その戦略的な店舗展開と革新的なサービス提供で知られています。

店舗は都市部だけでなく、地方都市や郊外にも広がっており、ほとんどの日本人が日常的に利用できる環境が整っています。

また、日本のセブンイレブンは、商品の質やサービスの充実度においても他の国を圧倒しています。

例えば、日本のセブンイレブンは、豊富な商品ラインナップだけでなく、オリジナルブランドの商品や地域限定商品など、消費者の多様なニーズに応える工夫がされています。

さらに、店内調理の弁当や惣菜、健康志向の商品など、品質と新鮮さにこだわった商品が揃っています。

また、日本のセブンイレブンは、IT技術を活用した効率的な物流システムや店舗運営も特徴です。

これにより、商品の鮮度や品質が保たれ、迅速な商品補充が可能となっています。

さらに、キャッシュレス決済やポイントプログラムなど、消費者にとって便利なサービスも提供されています。

一方で、ベトナム市場では、セブンイレブンの店舗数はまだ少ないものの、今後の拡大が期待されています。

ベトナム市場におけるセブンイレブンの強みは、優れた物流システムや商品開発力です。

これにより、現地の消費者ニーズに合わせた商品やサービスを迅速に提供することができます。

セブンイレブンは、ベトナム市場でのシェア拡大を目指し、積極的な店舗展開を続けています。

現地の消費者に合わせた商品開発やサービス提供を行うことで、競争の激しい市場での地位を確立しようとしています。

また、環境への配慮や地域社会への貢献を通じて、ブランドの信頼性と認知度を高める取り組みも進められています。

このように、セブンイレブンは、日本国内での成功を基盤に、グローバル展開を進めています。

特にアジア市場においては、その優れた運営ノウハウを活かし、各国での市場シェアを拡大しています。

ベトナム市場においても、今後の成長が期待される中で、セブンイレブンの戦略的な展開が注目されています。

急成長するベトナムのコンビニ市場:セブンイレブンの店舗数とその影響 総括

ベトナムのコンビニ市場は急速に拡大しており、セブンイレブンはその中心的存在として注目されています。

2017年にホーチミン市で第1号店を開業して以来、2024年には100店舗を突破しました。

今後も成長を続けるために、フランチャイズモデルを採用し、現地パートナーとの連携を強化しています。

特に若年層をターゲットにした商品開発やサービス提供に力を入れており、地域社会への貢献も図られています。

以下に、セブンイレブンのベトナムでの活動に関する重要なポイントをまとめました。

  • ベトナム国内のセブンイレブンは2024年に100店舗を突破
  • 2017年にホーチミン市で第1号店を開業
  • 10年間で1,000店舗の目標を維持
  • 若年層の多い人口構成がコンビニ需要を押し上げる
  • 都市部の急速な発展がコンビニの需要を高める
  • 地元のニーズに応じた商品開発が行われている
  • フランチャイズモデルを採用し現地企業と協力
  • 現地従業員の教育やトレーニングが充実
  • 店舗運営の効率化とサービスの向上を図る
  • 環境への配慮としてプラスチック使用を減らす取り組み
  • 現地での雇用創出に寄与
  • ベトナムの主要都市で多くの店舗が展開
  • 観光客向けのサービスも充実
  • 日本のSeven & I Holdingsのサポートを受けて運営
  • 地域社会に密着したサービスを提供
関連記事
ホーチミン市の大型投資プロジェクト:新たなる躍進!

ホーチミン市の大型投資プロジェクトが、都市の未来をどのように形作るかを探求します。この記事では、ホーチミン市の大型投資プロジェクトの概要、経済的・社会的影響、そしてその将来像について詳しく解説します。

2024年ベトナムの不動産市場:低価格住宅の需要増加

2024年のベトナムの不動産市場は、低価格住宅に対する需要の高まりを中心に、大きな変化を迎えています。この記事では、ベトナムにおける不動産市場と低価格住宅の最新動向を詳しく解説し、投資家や購入者にとっての機会を探ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です