※本記事にはプロモーションが含まれています

宮島未奈によるデビュー作で、2024年に本屋大賞を受賞
イメージ画像

『成瀬は天下を取りに行く』は、宮島未奈によるデビュー作で、2024年に本屋大賞を受賞した話題作です。

本記事では、作品の概要やあらすじとネタバレ、物語の魅力を徹底解説します。さらに、作者・宮島未奈の紹介も交えつつ、読者の感想や評価、そして本作をどこで読むことができるのかについてもご紹介します。

成瀬あかりのユニークな成長物語を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

どこで読めるかの結論としては、楽天KOBOで読めます。またAmazonのAudible 聴く本でも鑑賞できます。

>>>楽天KOBOで電子書籍をチェックする

>>>AmazonのAudible(聴く本)をチェックする

記事ポイント

  • 『成瀬は天下を取りに行く』のあらすじとネタバレを詳しく知ることができる
  • 作品の魅力や見どころを把握し、成瀬あかりの成長物語を深く理解できる
  • 作者・宮島未奈の背景や他の作品についての情報を得られる
  • 本作を実際にどこで読むことができるかについての具体的な情報を得られる

「成瀬は天下を取りに行く」のあらすじとネタバレ:作品の概要

成瀬あかりの青春時代を描いた連作短編小説
イメージ画像

  • 成瀬は天下を取りに行く:概要紹介
  • 作者:宮島未奈の紹介
  • 成瀬は天下を取りに行くの成瀬の性格は?
  • 成瀬は天下を取りに行くの書き出しは?
  • あらすじ・ネタバレ、物語の魅力
  • 感想レビュー:読者の声
  • 作品の分析・考察

成瀬は天下を取りに行く:概要紹介

物語は、中学2年生から高校3年生までの成瀬の成長と挑戦を中心に進行します。彼女のユニークな視点と行動が、周囲の人々にどのような影響を与えるのかが見どころです。

物語のテーマは、自己発見と友情、そして地元愛です。成瀬は、自分の信念を貫きつつ、友人たちとの絆を深めていきます。

また、滋賀県大津市の風景や文化が作品の背景として巧みに描かれ、地域特有の魅力が色濃く反映されています。

作者:宮島未奈の紹介

宮島未奈は、静岡県出身の作家で、本作『成瀬は天下を取りに行く』でデビューを果たしました。

宮島の文体は、シンプルでありながら情感豊かで、読者に強い印象を与えます。彼女の作品は、登場人物の内面を丁寧に描写することで知られ、特に青春時代の微妙な心の動きを巧みに捉えています。

宮島未奈は、本作で第18回本屋大賞を受賞するなど、高い評価を受けています。

彼女の描く物語は、リアリティとファンタジーが絶妙に融合しており、多くの読者の共感を呼んでいます。今後の作品にも期待が寄せられている注目の新進作家です。

宮島未奈さんに関するXです

成瀬は天下を取りに行くの成瀬の性格は?

成瀬あかりは、他の誰とも違う個性と強い意志を持つキャラクター
イメージ画像

成瀬あかりは、他の誰とも違う個性と強い意志を持つキャラクターです。彼女の最大の特徴は、自分の信念を曲げずに貫くその姿勢です。

たとえ周囲がどんなに反対しようとも、自分が正しいと思ったことを全力で実行する行動力があります。

例えば、西武大津店の閉店が決まると、毎日そこに通ってテレビの生中継に映り込むというアイデアを実行するのもその一例です。

成瀬の行動は時に突飛に見えるかもしれませんが、彼女の真っ直ぐな姿勢は周囲の人々に大きな影響を与えます。

成瀬の勇気と大胆さは、彼女の友人や家族をも巻き込み、彼らの生活にも変化をもたらします。

例えば、幼馴染の島崎みゆきは、成瀬の行動に触発されて一緒に冒険に乗り出すことが多いです。

成瀬の姿勢は、読者にも「自分の信念を貫くことの大切さ」を教えてくれます。

成瀬は天下を取りに行くの書き出しは?

物語の冒頭は、成瀬あかりが幼馴染の島崎みゆきに「この夏を西武に捧げよう」と宣言するシーンから始まります。

西武大津店の閉店を控え、成瀬はその事実に心を揺さぶられ、何か特別なことをしようと決意します。

彼女は毎日西武大津店に通い続け、テレビの生中継に映り込むという大胆な計画を立てます。

この書き出しから、成瀬の行動力と決断力がよく表現されています。彼女の突飛なアイデアと、それを実行するための行動力は、物語全体を通じて繰り返されるテーマです。

このシーンは、成瀬がどのようにして周囲を巻き込み、自分の信念を貫いていくかを象徴する重要なシーンでもあります。

あらすじ・ネタバレ、物語の魅力

M-1グランプリに挑戦
イメージ画像

成瀬あかりは、西武大津店の閉店に毎日通い、中継に映り込むことを決意します。彼女はその行動で地元の人々を元気づけ、友人たちと共にM-1グランプリに挑戦します。

高校生になった成瀬は、坊主頭で入学式に出席し、さらに全国高校かるた大会に出場するなど、多彩な挑戦を続けます。

成瀬の行動は、一見突飛で奇抜に見えますが、その背後には深い思いやりと地域愛が存在します。

彼女の行動が周囲の人々にどのような影響を与え、どのようにして友情と信頼を築いていくのかが、本作の大きな見どころです。

▼成瀬は天下を取りに行く が読めます


▲成瀬は天下を取りに行く を聴いて鑑賞できます

楽天KOBOについてはこちらの記事より▼
>>>電子書籍を楽しむなら楽天Kobo!最適なプラットフォーム?利用者の声は?

AmazonのAudibleについてはこちらの記事より▼
>>>Audibleはいまいち?評価は?ここで利用者の声や無料体験とサービス内容知れます

感想レビュー:読者の声

『成瀬は天下を取りに行く』に対する読者の評価は多岐にわたります。いくつかのレビューから見えてくるのは、成瀬あかりというキャラクターのユニークさと物語の構成に対する賛否両論です。

まず、評価の高いレビューでは、成瀬あかりの強い意志と行動力に感銘を受けたという意見が目立ちます。

彼女の一貫したメンタルや堂々たる振る舞いは、多くの読者にとって魅力的に映ったようです。

また、成瀬の行動に触発される周囲の人々の描写も、読者にとって共感を呼ぶポイントとなっています。

一方で、評価が低めのレビューでは、物語の展開が平坦であり、刺激が少ないと感じた読者もいます。

成瀬のキャラクター自体には好意的であるものの、ストーリーの深みや感情の揺さぶりに欠けるといった意見が見受けられます。

このように、成瀬の独自性を評価する声と、物語全体の起伏に対する不満が交錯しています。

  • 評価3.003.00投稿日:2024年05月22日滋賀が舞台。
    個性的な一匹狼成瀬あかり、彼女を主人公に中学、高校、大学…と彼女のチャレンジをそれぞれ別の登場人物目線で描いた短編集。
    大賞を取った作品、との事で期待値が高すぎたか期待したよりも面白さがわからなかった。
  • 評価3.003.00投稿日:2024年05月22日オーディブルにて読了。

    サクサクと話が進んだ。普段ミステリーばかり読んでいるので、気軽に進んでいく明るい物語は新鮮だった。

    変わった中学生の平凡な日々。
    成瀬みたいな人に影響を受けて動かされていく人もいれば、変わり者と避ける人もいるけど、前者の方が人生楽しくなるよな、と島崎をみて思った。

    ドキドキ感や読了後の余韻みたいなものはストーリーが明るい分少なかったので星は3つ。
  • 評価5.005.00投稿日:2024年05月22日ストーリーに浮き沈みこそないが、主役の成瀬あかりの堂々たる振る舞いを尊敬した。こんなに一貫したメンタルを持って生きていきたいと思った。
    と、書き留めようと思ったところに最後の章。やはり誰もが万遍なく人間らしいところがあるものだな、と痛感した。
  • 評価4.004.00投稿日:2024年05月22日大きな出来事はないが、読みやすい本。
    学生に戻りたい気持ちになった。
    本屋大賞でもそうじゃなくても、私には合ってる。
  • 評価3.003.00投稿日:2024年05月22日2024.10th
    成瀬あかりのキャラはいいけれど…。
    そこだけだった気がします。可もなく不可もなくな感じでした。
    毎年本屋大賞は楽しみにしてるをだけどなぁ^^;
    続編も出てるみたいですがしばらくはいいかな。
  • 評価4.004.00投稿日:2024年05月22日ブクログピックアップで”2024年本屋大賞受賞作”と紹介。前から書店で見かけていて気にはなっていたけれど。読もう。

    成瀬あかり史をしっかりと見届けたい島崎の立ち位置が微妙で面白い。成瀬ほど初志貫徹というか、自分が納得したことにとことんタイプはすごい。島崎のように多少周りに流されながら~な人の方がマジョリティだと思う。
    島崎目線が続くのかと思いきや、成瀬を中心に周りの人の目線で話が続く。島崎のすごさは大貫の話からも伺える。
    成瀬目線の話もあったが、ミシガンのお話が好きかな。
  • 評価5.005.00投稿日:2024年05月21日前評判や帯から「涼宮ハルヒ系女子の物語かな?」なんて思ってましたが、めっちゃ地域密着の面白い物語で、成瀬は「京大にホントに居そう」な感じがしました笑 あと膳所高校はゴリゴリの進学校で偏差値76だそうです。やっぱ成瀬メッチャ賢いんですね笑
  • 投稿日:2024年05月21日成瀬一人の物語かと思ったら、周辺の人物の物語を含めて、中2から高3までの短編だった。私も島崎と一緒に成瀬史を見守りたいと思ったので、続編も読もう。大津愛に溢れた成瀬、いいな。
  • 評価5.005.00投稿日:2024年05月21日成瀬は本物の天然記念物だと思ってたけど、最後の章で人間らしさが出てた。ふとしたきっかけで気づく感情で揺さぶられることって誰しもあると思うけど、成瀬のそういう部分が見れて良かったし、共感もできた。あるようでなかった青春小説。個人的にはめちゃくちゃ好き。
引用元:楽天ブックス ブクログのレビュー

作品の分析・考察

成瀬あかりの挑戦と成長は、現代の若者にとって大きな教訓を含んでいます。彼女の行動力と決断力は、自己発見の旅路において重要な要素です。

成瀬の物語は、読者に「自分の信念を貫くことの大切さ」を教えてくれるとともに、他者との絆を深めることの重要性も伝えています。

また、彼女の行動が地域社会に与える影響も大きく、地域愛を育むことの意義を再認識させられます。

成瀬は天下を取りに行く」のあらすじとネタバレ:魅力を徹底

成瀬は天下を取りに行く 登場人物
イメージ画像

  • 成瀬は天下を取りに行く 登場人物
  • 登場人物:キャラクター紹介
  • 見どころ:作品の魅力
  • 成瀬は天下を取りに行くは本屋大賞に選ばれたのか
  • 成瀬は信じた道を行くの続編は?
  • 成瀬は天下を取りに行く 面白くない?
  • 成瀬は天下を取りに行く 名言
  • 成瀬は天下を取りに行く 膳所高校

成瀬は天下を取りに行く 登場人物

主要な登場人物は、成瀬あかり、幼馴染の島崎みゆき、成瀬を取り巻く友人たちです。彼らの関係性が物語の進行に大きな影響を与えます

登場人物:キャラクター紹介

  • 成瀬あかり
    • 性格:自分の信念を貫き通す強い意志と行動力を持つ。突飛なアイデアを次々と実行に移す。
    • 背景:中学2年生から高校3年生までを通じて、様々な挑戦を続ける。西武大津店の閉店をきっかけに、地域への愛情と自分の可能性を追求する。
    • 魅力:その大胆な行動と純粋な心は、周囲の人々に影響を与え、読者にも強い印象を残す。
  • 島崎みゆき
    • 性格:優しく、成瀬の行動にいつも付き合うおっとりとした性格。友人思いで、成瀬の最も信頼できるパートナー。
    • 背景:幼少期から成瀬と一緒に育ち、彼女の数々の冒険に付き合い続ける。成瀬との絆が物語の重要な要素。
    • 魅力:成瀬の突飛な行動を理解し、支え続けるその姿勢が読者に感動を与える。
  • 西浦航一郎
    • 性格:真面目で誠実。かるたを通じて成瀬と出会い、彼女の行動力に影響を受ける。
    • 背景:広島から全国高校かるた大会に出場し、成瀬との交流を通じて成長していく。
    • 魅力:成瀬に惹かれる姿が純粋であり、読者に共感を呼ぶ。
  • 大貫かえで
    • 性格:慎重で真面目な性格。最初は成瀬の行動に戸惑うが、次第に彼女の魅力を理解し、支えていく。
    • 背景:成瀬と同じ高校に通い、彼女の数々の挑戦を見守る。成瀬との友情が深まる。
    • 魅力:成瀬を理解し、友人として支える姿が、読者に感動を与える。

これらのキャラクターたちは、それぞれが成瀬の物語を豊かにし、彼女の成長を支える重要な存在です。

彼らの関係性が物語の進行に大きな影響を与え、成瀬の挑戦をより魅力的に描き出しています。

見どころ:作品の魅力

主人公・成瀬あかりの大胆でユニークな行動
イメージ画像

『成瀬は天下を取りに行く』の最大の魅力は、主人公・成瀬あかりの大胆でユニークな行動にあります。

彼女は常に自分の信念を貫き、予測不可能な行動を次々と実行します。

例えば、西武大津店の閉店を見届けるために毎日通い続けるというアイデアは、普通では考えられない大胆さです。

成瀬の行動は周囲の人々に大きな影響を与えます。彼女の行動力と情熱が、友人や家族、さらには地域の人々をも変えていく様子が描かれています。

成瀬の存在が、周囲の人々に勇気と元気を与え、その結果として彼らの生活にもポジティブな変化が生まれるのです。

さらに、本作の魅力は滋賀県大津市の風景描写にもあります。作者の宮島未奈は、地域の風景や文化を細やかに描写することで、読者にその場にいるかのような臨場感を提供しています。

琵琶湖や近江神宮など、地元ならではの風景が物語に深みを加えています。この地域愛あふれる描写は、読者にとっても新鮮で魅力的に映るでしょう。

>>>楽天KOBOで電子書籍をチェックする

>>>AmazonのAudible(聴く本)をチェックする

成瀬は天下を取りに行くは本屋大賞に選ばれたのか

『成瀬は天下を取りに行く』は、2024年の本屋大賞を受賞しました。本屋大賞は、全国の書店員が最も推薦したい本を選ぶ賞として知られており、この賞を受賞することは作品の質と人気を証明するものです。

成瀬あかりをはじめとする登場人物たちは、どこかで見たことがあるような、現実味のあるキャラクターとして描かれています。

彼らの生き生きとした姿が読者の共感を呼び、物語に引き込まれる要因となっています。

また、地域愛に満ちた描写も評価ポイントの一つです。滋賀県大津市の風景や文化が丁寧に描かれており、その描写が物語に独特の魅力を与えています。

これにより、地元の読者のみならず、全国の読者にとっても新鮮で興味深い作品となっています。

成瀬は信じた道を行くの続編は?

成瀬あかりの大学生活と新たな挑戦
イメージ画像

続編『成瀬は信じた道を行く』では、成瀬あかりの大学生活と新たな挑戦が描かれます。

大学に進学した成瀬は、さらに多くの試練と出会いを経験し、成長していきます。この続編では、成瀬の新しい環境での奮闘や、新たな友人との関係が中心となります。

成瀬の成長と新たな試練が描かれるこの続編は、前作同様に読者を引き込む力があります。

成瀬の挑戦は続き、彼女の行動力と決断力がどのように発揮されるのか、読者は目が離せません。

新たな環境での成瀬の物語は、さらなる感動と共感を呼ぶことでしょう。

続編でも、成瀬の変わらぬ信念と、それを支える周囲の人々との絆が描かれます。新しい舞台での成瀬の挑戦がどのように展開されるのか、読者は期待を持って物語を追い続けることができるでしょう。

成瀬は天下を取りに行く 面白くない?

一部の読者からは、「成瀬の行動が突飛すぎる」という意見も寄せられています。

彼女の行動は常識を超えることが多く、理解しにくいと感じる人もいるかもしれません。

しかし、その独自性こそが本作の大きな魅力でもあります。成瀬の大胆な行動と独自の発想は、物語に予測不可能な展開をもたらし、読者を飽きさせません。

好き嫌いが分かれる作品であることは確かですが、それでも多くの読者が成瀬のキャラクターと彼女の物語に心を奪われています。

成瀬の一途な姿勢と行動力が、読者に勇気と元気を与え、感動を呼び起こします。彼女の行動に共感し、彼女の成長を応援する読者も多いです。

成瀬の物語は、読者にとって自分の信念を貫くことの大切さを教えてくれる貴重な一冊となっています。

成瀬は天下を取りに行く 名言

「この夏を西武に捧げよう」
イメージ画像

『成瀬は天下を取りに行く』には、印象的な名言が多く登場します。成瀬あかりの言葉はどれも力強く、読者の心に深く残ります。

例えば、「この夏を西武に捧げよう」という言葉は、物語の冒頭で成瀬が幼馴染の島崎みゆきに向けて発したものです。

この言葉は、成瀬の決意と行動力を象徴しており、物語全体のテーマを引き立てています。

また、「200歳まで生きる」という成瀬の大胆な目標も名言として挙げられます。この言葉は、成瀬の生き方そのものを表しており、彼女の無限の可能性と希望を感じさせます。

成瀬の言葉には、彼女の純粋さと真摯さが込められており、読者に強いインパクトを与えます。

成瀬は天下を取りに行く 膳所高校

物語の主要な舞台である膳所高校は、成瀬あかりが多くの挑戦を繰り広げる場所です。この高校での生活は、成瀬の成長と密接に絡み合っています。

成瀬は、高校生活の中で新しい友人を作り、様々な活動に取り組むことで自分自身を見つめ直していきます。

膳所高校でのエピソードは、成瀬の型破りな行動と、それに対する周囲の反応を描くことで物語に深みを与えています。

例えば、成瀬が坊主頭で入学式に出席する場面は、その象徴的なシーンの一つです。この行動は周囲を驚かせるだけでなく、成瀬の強い意志と独自性を際立たせるエピソードとなっています。

膳所高校での成瀬の挑戦は、彼女の成長を促し、新しい視点や価値観を獲得する機会となります。

高校生活を通じて描かれる友情や努力、挫折といったテーマが、読者に感動を与えるとともに、成瀬の物語をより魅力的にしています。

「成瀬は天下を取りに行く」のあらすじとネタバレ:総括

『成瀬は天下を取りに行く』は、成瀬あかりの中学から高校までの成長と冒険を描いた青春小説です。

彼女の大胆な行動と独自の視点が、周囲の人々に影響を与えながら、自己発見と友情、地域愛をテーマに展開されます。

成瀬の行動力と決断力、そして彼女を支える友人たちの関係が物語の魅力を一層引き立てています。

本作は、読者に勇気と元気を与えると同時に、自分の信念を貫くことの大切さを教えてくれます。

以下に要点をまとめます。

  • 成瀬あかりが中学から高校までの成長を丁寧に描いた物語
  • 物語の舞台は滋賀県大津市の実在の風景を背景にしている
  • 成瀬の大胆な行動と決断力がストーリーの中心となっている
  • 西武大津店の閉店に毎日通い、テレビ中継に映り込むという大胆な計画
  • 幼馴染の島崎みゆきと共にM-1グランプリに挑戦するエピソード
  • 高校入学式に坊主頭で出席するなどのユニークな行動が描かれる
  • 全国高校かるた大会に出場し、新たな友人と交流を深める
  • 幼馴染の島崎みゆきとの友情が物語の重要な要素として描かれる
  • 地域愛あふれる風景描写が、物語に臨場感を与えている
  • リアルなキャラクター描写が、多くの読者の共感を呼ぶ
  • 2024年の本屋大賞を受賞したことで注目を集めた
  • 続編『成瀬は信じた道を行く』で成瀬の大学生活が描かれる
  • 成瀬の行動が周囲の人々に与える影響が、物語の魅力を引き立てる
  • 読者に勇気と元気を与える力強い物語
  • 自己発見と友情がテーマで、多くの教訓を含むストーリー

関連記事
感動の「成瀬は信じた道をいく」:あらすじ、ネタバレ、読者レビューを紹介

成瀬は信じた道をいく』は、成瀬あかりが自分の信念を貫き、多くの人々に影響を与える感動的なストーリーです。成瀬の行動力と前向きな姿勢が、周囲の人々の成長を促します。名言「信じた道を進む勇気が、私を強くする」や「夢を追い続けることが大事なんだ」など、多くの読者にインスピレーションを与えます。

「ラノベの本能寺から始める信長との天下統一」のネタバレ・あらすじとキャラクター紹介

「本能寺から始める信長との天下統一」の詳細なあらすじ、ネタバレ、キャラクター紹介をお届けします。現代の高校生が戦国時代にタイムスリップし、織田信長と共に歴史を変える壮大な物語。

「赤と青のガウン」 あらすじ・ネタバレ - 彬子女王の留学記が感動を呼ぶ

彬子女王の留学記「赤と青のガウン」。オックスフォード大学での学問の挑戦や、エリザベス女王との特別な交流エピソードを含む、貴重な体験を描いた感動のストーリーを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です