本記事にはプロモーションが含まれています

Audible 聴く読書
イメージ画像

Audibleはいまいち?評価は?多くの人が抱く疑問に答えるために、私たちはAudibleの無料体験、1,500円の月額プラン、そのメリットとデメリット、さらには実際の利用者の声までを徹底解説します。

オーディオブックが日常にもたらす革新的な変化と、それがユーザーの生活や学びにどのように影響するかを、具体的な情報と共にお届けします。

この記事を読めば、Audibleが自分にとって価値あるサービスかどうか、明確に判断するための全てが分かります。

記事ポイント 

  • Audibleの無料体験の提供内容とその登録方法
  • 月額1,500円のプランが提供する主なメリットと特典
  • Audibleの利用における主なデメリットと利用者が直面する課題
  • 実際の利用者の評価とフィードバックに基づいたAudibleの総合的な評価

Audibleはいまいち?評価は?:基本情報

Audible 基本情報

  • Audibleの無料体験とキャンペーン詳細
  • Audibleの主なメリット
  • Audibleの主なデメリット
  • 月額制プランについて
  • 利用者の評価

Audibleの無料体験とキャンペーン詳細

Audibleが提供する無料体験とキャンペーンは、新規ユーザーにとって大きな魅力です。

この期間中、ユーザーは12万冊以上の書籍にアクセスでき、自由に聴くことが可能です。さらに特定のプロモーション期間中には、2ヶ月無料という特別なキャンペーンを実施することもあります。

これにより、ユーザーはAudibleの全機能をより長く試すことができ、自分に合ったコンテンツを見つけやすくなります。

この無料体験は自動更新されるため、体験期間が終了する前にキャンセルをしなければ、月額料金が発生します。

Audibleの月額料金は通常1,500円(税込)です。この点に関してもAudibleはユーザーに明確に通知し、管理画面から簡単に解約できるようになっています。この透明性が、多くの利用者に信頼される理由の一つです。

Audibleとaudiobook.jpの比較

オーディオブックサービスの選択に際して、各サービスが提供する特徴や条件を比較することは非常に重要です。

ここでは、日本で人気の二つのオーディオブックサービス、Audible(オーディブル)とaudiobook.jpの主要な機能と条件を比較表にまとめてみました。

オーディオブックサービス比較表
比較要素 Audible(オーディブル) audiobook.jp
内容提供 本の朗読、ポッドキャスト 本の朗読、ポッドキャスト
ナレーター プロの声優、俳優 プロのナレーター、声優
オフライン再生 可能 可能
会員プラン 月額1,500円 月額¥1,330または年額¥9,990
無料体験期間 通常30日、キャンペーン中2か月 30日
聴き放題の作品数 12万冊以上 約1.5万冊
  • Audibleは月額 1500円、audiobook.jpは月額 1330円、年払いだと9990円(833円/月)です。コスト重視ならaudiobook.jpが圧倒的に安い
  • 聴き放題の数は Audibleが12万冊以上、audiobook.jpは約1.5万冊。無料で聴き放題はAudibleが圧倒的に多い

Audibleの主なメリット

Audibleの主なメリットト

Audibleを利用することのメリットを以下にまとめます

  • 時間の有効活用: 移動中、運動中、または家事を行いながらでもオーディオブックを楽しめます。
  • アクセス性: 目を使わずに耳で情報を取り入れることができ、忙しい日常を送る人々にとって便利です。
  • 多言語サポート: 英語のリスニング能力向上を目指すユーザーに最適で、多言語に対応しています。
  • 幅広いジャンル: ベストセラーからクラシック、新リリースまで、多岐にわたるオーディオブックが利用可能です。
  • 高品質なコンテンツ: プロのナレーターや有名な著者自身が朗読するため、没入感のある聴取体験を提供します。

Audibleの主なデメリット

Audibleの主なデメリット

Audibleのデメリットを以下にまとめます

  • コスト: 月額料金が他の娯楽サービスに比べて高めであり、追加コンテンツの購入が必要な場合があります。
  • 聴き放題プランの限界: 全てのオーディオブックが聴き放題プランに含まれているわけではなく、一部の新作や人気作は追加料金が必要です。
  • 視覚情報の欠如: 複雑な図表やイラストが重要な書籍の理解が難しく、特に学術書や専門書で不便を感じる可能性があります。
  • ナレーターの声質: ナレーターの声質が個々の好みに合わない場合、聴く体験が損なわれる可能性があります。

月額制プランについて

Audibleの月額制プランは、多くの利点を提供しますが、すべてのオーディオブックが月額料金で利用可能なわけではありません。

ここで、具体的なプランの内容と追加で購入が必要な場合について詳しく説明します。

月額1,500円のプラン内容

毎月1クレジットを受け取れます。 このクレジットは、Audibleのライブラリにあるどのオーディオブックにも使用できます。ほとんどの新リリースやベストセラーは1クレジットで利用可能です。

さらに!30%の割引購入が可能。 月額プランのメンバーは、追加のオーディオブックを常時30%オフで購入できます。

追加購入が必要な場合

聴き放題プランの対象外のオーディオブック。 一部の新作や特定のベストセラー、特別なシリーズは、追加購入が必要です。

これらは通常、クレジットを使用して購入するか、30%割引で購入することができます。

複数クレジットが必要なオーディオブックは一部の長編作品やボックスセットなど、1クレジット以上を必要とすることがあります。

利用者の評価

利用者の評価

利用者からの良い評価

  • 運転中、運動中、家事をしながらなど、手がふさがっている時でもオーディオブックを楽しむことができると評価しています。
  • 「音楽やラジオを聴く習慣のある人には特におすすめ」との声もあります。
  • 視力が低下している利用者や、長時間の読書が困難な人々も、オーディオブックを通じて書籍を楽しめるようになったとの評価があります。
  • 毎日のリラクゼーションや学習の一環として、Audibleを利用している人も多いです。
  • オーディオブックは、「思った以上に内容が理解しやすい」との意見も寄せられています。

利用者からの悪い評価

一方で、Audibleのユーザーからは以下のような否定的な意見もあります

  • コストの問題:月額1,500円の料金について、「他のサブスクリプションに比べて高価」と感じているユーザーがいます。特に、オーディオブックが聴き放題プランの対象外である場合、追加料金がかかることに不満を持つ声があります。
  • コンテンツの限定性:「聴きたい本が聴き放題の対象外で、期待したほどのラインナップではない」との意見があります。特定の作品やジャンルのオーディオブックが不足しているという指摘もあります。
  • 技術的な制限:再生速度の設定に不満を持つユーザーもおり、「より高速で聴くオプションが欲しい」との要望があります。特定のデバイス(例えばAmazon Fire)での利用制限についての不満の声もあります。

Audibleはいまいち?評価は?Audibleの基本的な利用方法は?

基本的な利用方法 取り扱いジャンル

  • Audibleの利用方法
  • 取り扱い数やジャンル
  • 取り扱い数やジャンル
  • オーディオブックで聴く事がもたらす効果
  • Audibleが頭に入りにくい理由

Audibleの利用方法

Audibleの利用方法

  • アカウントの作成Audibleのウェブサイトまたはアプリからアカウントを作成します。
  • アプリのダウンロード:iOS、Android、Windows用のAudibleアプリをダウンロードしてインストールします。(アプリで利用の場合、オフライン再生が出来ます)
  • オーディオブックの検索と選択:興味のあるオーディオブックをアプリ内またはウェブサイトで検索します。オーディオブックを選んで聴くことができます。
  • 定額制プランの選択:Audibleでは、月額定額制プランが提供されています。このプランに登録すると、毎月1つのオーディオブックを無料で選べるクレジットが与えられます。定額制プランのメンバーは、Audibleのライブラリから追加のオーディオブックを割引価格で購入できます。
  • オーディオブックを聴く:選んだオーディオブックを再生して聴き始めます。聴いている進捗はアカウントに保存され、どのデバイスからでもアクセス可能です。
  • デバイス間での同期:同じアカウントで異なるデバイスにログインすることで、最後に停止した箇所から自動的に再開し、聴き続けることが可能です。
  • Alexaとの統合:Alexa対応デバイスを使用している場合、声でオーディオブックを操作できます。例えば、「Alexa、Audibleで最新のオーディオブックを再生して」と指示することができます。

取り扱い数やジャンル

Audibleはその広範囲にわたるジャンルと膨大なタイトル数で知られています。

現在、12万冊以上のオーディオブックが利用可能で、その内容はフィクション、ノンフィクション、教育関連の書籍、自己啓発書、科学、歴史、ビジネスなど多岐にわたります。

これにより、さまざまな興味やニーズを持つ聴き手に対応しており、特定の分野に特化した深い知識を求めるリスナーから一般的なエンターテイメントを求めるリスナーまで、幅広くカバーしています。

さらに、毎月新しいタイトルが追加され、常に新鮮で多様なコンテンツが提供されています。

オーディオブックで聴く事がもたらす効果

物語を聴くことは想像力と創造力を刺激

オーディオブックで聴く事は多くの利益を提供します。聴覚を通じて情報を取り入れることで、視覚に頼る読書とは異なる学習効果と記憶の定着が促されます。

特に、物語を聴くことは想像力と創造力を刺激し、言語能力の向上にも寄与するとされています。

また、オーディオブックは読書が困難な状況であっても学びを続けることを可能にし、多忙なライフスタイルを持つ人々や視覚障害を持つ人々にとって非常に有益です。

長時間の運転や運動をする際に聴くことで、それらの活動が楽しいものに変わるだけでなく、時間を有効に使う方法としても推奨されています。

Audibleが頭に入りにくい理由

Audibleのコンテンツが頭に入りにくいと感じる

Audibleのコンテンツが頭に入りにくいと感じるユーザーがいるのにはいくつかの理由があります。

まず、聴くという行為は視覚的な情報が伴わないため、人によっては情報の理解や記憶が難しくなることがあります。

特に複雑な内容や、詳細なデータが多い書籍をオーディオ形式で消化する場合、視覚的な補助がないことが障壁となることがあります。

また、ナレーターの声のトーンや速度が個人の聴取の好みに合わない場合、集中して内容を追うことが困難になることもあります。

Audibleはいまいち?評価は?概要:総括

以下に要点をまとめます

  • Audible新規ユーザーには30日間の無料体験が提供される
  • 無料体験後は自動的に月額1,500円のプランに移行
  • キャンペーン期間中には2ヶ月無料の特典もあり
  • 12万冊以上のオーディオブックが聴き放題
  • プロのナレーターや著者による質の高い朗読が魅力
  • 視覚情報が不要なため、多忙なライフスタイルに適合
  • 月額料金が比較的高めというデメリット
  • 一部の新作や人気作には追加料金が必要
  • 複雑な内容の書籍は聴き取りにくいという課題
  • ナレーターの声が合わない場合の不満も
  • 定額プランのメンバーはオーディオブックを30%オフで購入可能
  • 一部デバイスでは利用制限があるという技術的な制約
  • サブスクリプションの解約を忘れると不要な料金が発生するリスク
  • テキスト読み取り機能による学習効率の向上

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です