本記事にはプロモーションが含まれています

楽天マガジンとdマガジンの比較
イメージ画像


楽天マガジンとdマガジン、どちらの雑誌読み放題サービスがあなたにとってお得か、疑問に思っていませんか?

この記事では、両サービスを利用できる雑誌の種類と数、価格設定、コストパフォーマンスを徹底比較し、どちらがあなたのニーズに最適かを明らかにします。

結論として、楽天マガジンはコストパフォーマンスが高く、広範なジャンルをカバーしているため、価格を重視するユーザーには最適です。

一方、dマガジンは特化したコンテンツと優れた検索機能を提供しており、特定の分野で深い知識を求めるユーザーにお勧めです。

あなたの読書スタイルに合わせて、最適なサービスを選びましょう。

記事ポイント

  • 楽天マガジンとdマガジンが提供する雑誌の種類と数に関する詳細情報
  • 両サービスの価格設定とそれぞれのコストパフォーマンスの比較
  • 各サービスのユーザーインターフェースと利用体験の違い
  • 最終的にどちらのサービスがユーザーのニーズに合致しているかの具体的なアドバイス

楽天マガジンとdマガジンの基本情報・比較・評価

ファッション、ライフスタイル、グルメ・トラベル、スポーツ・アウトドア、IT・ガジェット、ビジネス・経済、ニュース・週刊誌、家事・インテリアといった多岐にわたるジャンル
イメージ画像

  • 利用できる雑誌の種類と数
  • 価格設定とコストパフォーマンス
  • 初回無料トライアル期間とその条件
  • 楽天マガジンとdマガジンの比較表
  • 楽天マガジンのメリットとデメリット
  • dマガジンのメリットとデメリット
  • 結局どちらがおすすめなのか

利用できる雑誌の種類と数

これにはファッション、ライフスタイル、グルメ・トラベル、スポーツ・アウトドア、IT・ガジェット、ビジネス・経済、ニュース・週刊誌、家事・インテリアといった多岐にわたるジャンルが含まれています。

また、最新号だけでなく、バックナンバーも広範囲にわたって利用可能です。これにより、多様な読者のニーズに応える豊富なコンテンツを提供しています。

特にビジネスや経済、週刊誌などのジャンルに強みを持ち、専門性の高い読者にも対応しています。

このように、楽天マガジンとdマガジンはそれぞれ異なる特色を持ちながらも、広範囲のジャンルと豊富な雑誌数を誇っており、ユーザーにとって価値ある情報源となっています。

価格設定とコストパフォーマンス

価格設定とコストパフォーマンス
イメージ画像

楽天マガジンは月額418円(税込)で提供されており、年間プランでは3,960円(税込)とさらに割引が効きます。

れに対し、dマガジンは月額580円(税込)で、初回31日間の無料体験が可能です。

楽天マガジンの方が若干低価格であること、そして年間プランでの追加割引がある点がコストパフォーマンスの面で優れていると言えます。

初回無料トライアル期間とその条件

両サービスとも新規ユーザーには31日間の無料トライアルを提供しており、この期間中にサービスを十分に試すことができます。

楽天マガジンは試用期間終了後に自動的に選択したプランに移行し、dマガジンも同様に自動で月額プランが開始されます。

無料トライアルを最大限に活用することで、各ユーザーは自分の読みたいジャンルや使い勝手を確認し、どちらのサービスが自分に合っているかを判断することができます。

楽天マガジンとdマガジンの比較表

楽天マガジンとdマガジンが共に幅広いジャンルの雑誌を取り扱っており、どちらも多様な読者のニーズに応えることができるという点がわかります。

どちらのサービスも広範囲にわたるジャンルをカバーしているため、利用者は自分の興味や必要に応じて選ぶことができます。

特徴 楽天マガジン dマガジン
利用できる雑誌の種類と数 1,400誌以上、6,000冊以上の雑誌読み放題 1,400誌以上、3,300冊以上の雑誌読み放題
ジャンルの広がり ファッション、ライフスタイル、グルメ・トラベル、スポーツ・アウトドア、IT・ガジェット、ビジネス・経済、ニュース・週刊誌、家事・インテリア ビジネス、経済、週刊誌等、専門性の高いジャンルに特化
価格設定 月額418円(税込)、年間3,960円(税込)で更に割引 月額580円(税込)、初回31日間の無料体験可能
コストパフォーマンス 年間プランで割引があり、コストパフォーマンスが高い 比較的高価格設定
無料トライアル期間 31日間の無料トライアル、期間後自動で有料プランに移行 31日間の無料トライアル、期間後自動で月額プランが開始

ジャンル 楽天マガジンの取り扱い dマガジンの取り扱い
総合誌・週刊誌
女性ファッション
ヘア・美容
くらし・健康・料理
ライフスタイル
お出かけ・グルメ
芸能・音楽・エンタメ
趣味・教養
ビジネス・経済
IT・ガジェット
男性ファッション
スポーツ
アウトドア
車・バイク・乗り物
ファミリー・キッズ・ペット
旅行ガイド(国内)
旅行ガイド(海外)
海外誌

>>>楽天マガジンをチェックしてみる

>>>dマガジンをチェックしてみる

楽天マガジンのメリットとデメリット

価格設定とコストパフォーマンス
イメージ画像

メリット

  • コストパフォーマンス: 楽天マガジンは月額418円(税込)という低価格で、年間プランを選ぶとさらに割引が適用され、3,960円(税込)で利用可能です。このため、長期的に見てコストパフォーマンスが非常に高いです。
  • 雑誌の種類: 1,400誌以上のタイトルから6,000冊以上の雑誌を読むことができ、ジャンルも非常に広範囲にわたります。
  • オフラインでの利用: ダウンロード機能を活用して、オフラインでも読むことができます。

デメリット

  • 特定のニッチなジャンルが不足: よりマニアックなニッチなジャンルの雑誌が少ない場合があります。

>>>楽天マガジン公式

dマガジンのメリットとデメリット

dマガジンのメリットとデメリット
イメージ画像

メリット

  • 検索機能の優秀さ: dマガジンはアプリの検索機能が特に優れており、記事単位での検索が可能です。これにより、必要な情報を迅速に見つけ出すことができます。
  • dポイントの利用: dアカウントを使っていると、dポイントが貯まり、他のサービスでの利用が可能です。dカードGOLDなどを利用している場合は、さらにポイントが貯まりやすいです。
  • プライバシー保護: 利用履歴がデバイスごとに分かれており、家族間で共有しても他の人に読んだ内容が知られることはありません。

デメリット

  • 価格: 月額580円(税込)と楽天マガジンに比べるとやや高価です。無料体験期間後も自動的に有料プランに移行します。

>>>dブック公式

結局どちらがおすすめなのか

  • 価格を重視する場合: 楽天マガジンがおすすめです。低コストで広範囲のジャンルをカバーしており、特にコストパフォーマンスを重視するユーザーに適しています。
  • 検索機能やポイントを重視する場合: dマガジンが適しています。特にdポイントを利用しているユーザーや、特定の記事を頻繁に検索する必要があるユーザーにはdマガジンの方が便利です。

最終的には、ユーザーの読みたい雑誌の種類、コストの感じ方、ポイントシステムの利用状況などに基づいて、最適な選択をすることが重要です。

楽天マガジンとdマガジンの利用方法と特典の詳細

楽天マガジン dマガジン 利用方法
イメージ画像


  • 登録から開始までのステップ
  • デバイスとアクセス性
  • ポイントシステムと追加特典
  • ユーザー評価と市場の反応:楽天マガジンとdマガジン

登録から開始までのステップ

登録から開始までのステップ
イメージ画像

楽天マガジン

  1. 楽天会員登録
    • 楽天マガジンを利用するためには、まず楽天会員登録が必要です。
    • 既に楽天会員の方はこのステップをスキップできます。
  2. アプリのダウンロードまたはウェブサイトへのアクセス
    • 楽天マガジンの公式アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードするか、ウェブサイトからアクセスします。
  3. サービス登録と無料体験の開始
    • アプリ内またはウェブサイト上で好みの料金プランを選択し、サービス登録を行います。
    • 楽天マガジンも新規ユーザーには31日間の無料体験を提供しています。
  4. サービスの利用開始
    • 無料体験期間中に楽天マガジンの全機能を試し、自分に合った読み方を発見できます。
    • 31日間の無料体験期間終了後、自動的に選択したプランに移行し、料金が発生します。

楽天マガジンを利用することで、幅広いジャンルの雑誌を手軽に読むことができ、また楽天ポイントを使用して支払いを行うことが可能です。

これにより、日々の楽天でのお買い物と連携してさらにお得にサービスを利用することができます。

dマガジン

  1. dアカウントの登録
    • dマガジンを利用するには、まずdアカウントの登録が必要です。
    • ドコモユーザーでなくても、dアカウントを作成することができます。
  2. アプリまたはウェブサイトへのアクセス
    • 公式アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードするか、またはウェブサイトからアクセスします。
  3. サービス登録と無料体験の開始
    • 登録プロセスを完了し、料金プランを選択します。
    • dマガジンは新規ユーザーに対して、31日間の無料体験期間を提供しています。
  4. サービスの利用開始
    • 無料体験期間中にサービスの全機能を試し、自分に合った使い方を探ることができます。
    • 31日間の試用期間後、自動的に選択した月額プランに移行し、料金が発生します。

これらのステップを通じて、dマガジンの利用者は手軽にサービスにアクセスし、豊富な雑誌コンテンツを楽しむことが可能です。

特に、dマガジンは専門的な雑誌や最新の週刊誌が豊富であり、情報収集や趣味の拡張に最適なプラットフォームとなっています。

デバイスとアクセス性

楽天マガジンは5台までのデバイスで同時に利用可能で、オフラインでの読書も可能です。

dマガジンも複数のデバイスをサポートしており、アプリとウェブのどちらからでもアクセスできる柔軟性を提供します。

ポイントシステムと追加特典

ポイントシステムと追加特典
イメージ画像

楽天マガジンは楽天エコシステムの一環として、購読料金の支払いやその他の楽天サービスでの購入に楽天ポイントを使用できる利点があります。

さらに、楽天カードを使用すると、ポイントが加算されるため、さらにお得にサービスを利用できます。

一方、dマガジンはdアカウントを通じて広範なユーザーベースへのアクセスが可能です。(キャンペーンでのポイント付与もあるので要チェックです。)

これにより、ドコモユーザーでなくても利用できるため、アクセスの幅が広がります。

ユーザー評価と市場の反応:楽天マガジンとdマガジン

楽天マガジンの評価は、その利便性とコストパフォーマンスの高さから非常に良好です。

ユーザーは特にオフラインでの読書機能や年間プランの価格設定を高く評価しています。

このサービスが提供する広範囲の雑誌の種類も魅力の一つとされており、多様な読み物を手軽に楽しめる点が支持されています。

しかし、特定のニッチなジャンルが不足しているという指摘もあり、これが改善点として挙げられています。

一方、dマガジンは特にアプリの検索機能の優れている点と、dポイントや限定コンテンツの提供が評価されています。

ユーザーは記事単位での検索が可能であることや、dマガジン限定の特典記事が読める点を特に好評価しており、これが他の雑誌読み放題サービスとの差別化要因となっています。

加えて、ダウンロードの柔軟性や履歴のプライバシー保護もユーザーにとって大きな利点です。

市場全体として、楽天マガジンはその低価格と広範なコンテンツで多くの一般消費者に受け入れられていますが、dマガジンは特定の機能を重視するユーザーやdポイントを活用したいユーザーに特に人気があります。

どちらのサービスも独自の特色を活かしながら、デジタル雑誌市場でそれぞれに一定の地位を築いています。

この比較からも明らかなように、最終的な選択は個々のニーズや好みに大きく依存します。

総括:楽天マガジンとdマガジンの比較、評価、基本情報

楽天マガジンdマガジンはそれぞれ独自の強みを持つ雑誌読み放題サービスです。

価格、利便性、特典といった要素を比較し、どちらのサービスが利用者にとって最適かを見極めることが重要です。

以下に、これら二つのサービスの特徴と違いを詳細に総括します。

  • 楽天マガジンは月額418円、年間プランでは3,960円
  • dマガジンは月額580円、初回31日間無料体験可能
  • 楽天マガジンの年間プランでさらなる割引があり
  • dマガジンは専門性の高いジャンルに強い
  • 楽天マガジンは1,400誌以上、6,000冊以上の雑誌を提供
  • dマガジンも1,400誌以上、しかし3,300冊以上と提供冊数に差
  • 楽天マガジンはオフライン読書可能
  • dマガジンはアプリの検索機能が高く評価されている
  • 楽天マガジンは楽天エコシステムの一部としてポイントが貯まる
  • dマガジンはdポイントが貯まり、他のサービスでの利用が可能
  • どちらも新規ユーザーには31日間の無料トライアルを提供
  • 楽天マガジンは多様なジャンルをカバー
  • dマガジンはビジネスや経済誌に特化
  • dマガジンの履歴は利用デバイスごとに管理される
  • 楽天マガジンは価格面で優れたコストパフォーマンスを提供
  • どちらのサービスもiOS、Android、Windowsで利用可能
  • 楽天マガジンは5台までのデバイスと連携可能
  • dマガジンはドコモユーザーに特に便利だが、他社ユーザーも利用可能
  • 楽天マガジンとdマガジン、選択は個々のニーズに依存する

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です