※本記事にはプロモーションが含まれています

ビジネス書ランキングで1位を獲得
イメージ画像

「人は話し方が9割」は、その斬新なアプローチと実践的な内容で、ビジネス書ランキングで1位を獲得し、390万部を超える大ヒットを記録しました。

この成功の裏には、ビジネスパーソンから自己啓発を求める多くの読者に響く、確かな理由があります。

本記事では、「人は話し方が9割」がなぜこれほどまでに売れたのか、その秘密と戦略を徹底解説します。

ビジネス書の魅力を探り、あなたもコミュニケーションの達人を目指しましょう。

記事ポイント

  • 「人は話し方が9割」がビジネス書ランキングで1位を獲得した理由
  • 累計販売部数が390万部を超える大ヒットの背景
  • 聞き方に重点を置いた内容とその実践方法
  • 著者の永松茂久氏と出版社すばる舎の戦略的なマーケティング手法

「人は話し方が9割」ビジネス書: なぜ売れた?その理由を探る

「人は話し方が9割」 なぜ売れた?
イメージ画像

  • 2020年から2022年のビジネス書ランキングで1位を獲得
  • 累計販売部数が390万部を超える大ヒット
  • 人は話し方が9割と聞き方が9割どっちがいい?
  • 人は 話し方 が9割 学んだこと
  • 人は話し方が9割  要約

2020年から2022年のビジネス書ランキングで1位を獲得

ビジネス書ランキングで1位になることは、単に売れ行きが良いだけでなく、ビジネスパーソンや自己啓発を求める人々の心に深く響いたことを意味します。

この本が示す「話し方」の重要性が、多くの人々に受け入れられ、実生活において役立つと感じられたのでしょう。

累計販売部数が390万部を超える大ヒット

累計販売部数が390万部を超える
イメージ画像

「人は話し方が9割」は累計販売部数が390万部を超える大ヒットを記録しています。

この数字は、単なる一時的な人気ではなく、継続的な支持を得ていることを示しています。

390万部という驚異的な売上は、多くの人々がこの本の価値を認め、購入し、他者に勧めた結果です。

ビジネス書としての内容の深さと実用性、そして著者の信頼性が、多くの読者に支持され続けている理由です。

▼「話し方が9割」を楽天でチェックする

人は話し方が9割【電子書籍】[ 永松茂久 ]
価格:1,540円 (2024/6/22時点) 楽天で購入

人は話し方が9割と聞き方が9割どっちがいい?

「人は話し方が9割」と「人は聞き方が9割」は、どちらもコミュニケーションの重要性を説いているが、それぞれの焦点が異なります。

「人は話し方が9割」は話すことに重点を置いている一方、「人は聞き方が9割」は聞くことの重要性を強調しています。

実践しやすさという観点から言えば、「聞き方」に焦点を当てた内容の方が多くの人にとって取り組みやすいと言えるでしょう。

話すことが苦手な人でも、相手の話を聞くことに専念することで、より良いコミュニケーションが取れるようになります。

実際、「人は話し方が9割」の中でも、「話し方は聞き方が9割」と記されており、聞くことの重要性が強調されています。

相手の話をしっかり聞き、共感し、適切に反応することで、自然と話し上手になれるのです。

人は 話し方 が9割 学んだこと

人は 話し方 が9割 学んだこと
イメージ画像

「人は話し方が9割」から多くの読者が学んだ具体的なポイントには以下のようなものがあります。

  • 聞き方の重要性:話すことよりも聞くことの方が重要であることを学びました。相手の話をしっかりと聞くことで、相手に好印象を与えることができます。
  • 共感と反復:相手の言葉を反復し、共感することが大切です。これにより、相手は自分の話を理解してもらえたと感じ、安心して話を続けられます。
  • ポジティブな言葉の使い方:会話の中でポジティブな言葉を多く使うことで、相手に良い印象を与えることができます。否定的な言葉は避け、常に前向きな表現を心がけることが推奨されています。
  • 聞き上手が話し上手を作る:聞き上手になることで、相手も自然と話しやすくなり、会話が弾むようになります。これが結果的に、自分自身も話し上手になるための近道となります。

これらのポイントを実践することで、読者は日常のコミュニケーションにおいてもより良い成果を得ることができるようになります。

人は話し方が9割  要約

「人は話し方が9割」は、主に以下の内容をカバーしています。

  • コミュニケーションの本質:本書は「話し方」よりも「聞き方」の重要性を強調しており、相手の話をしっかり聞くことでコミュニケーションが円滑になると説いています。
  • 実践的なテクニック:感嘆、反復、共感、称賛、質問という「拡張話法」の具体的な方法を紹介し、これらを使って相手の話を広げ、深めるテクニックが解説されています。
  • メンタルの重要性:話す力はスキルよりもメンタルが重要であるとし、自己肯定感を高めることで話すことが楽しくなる方法が説明されています。
  • ポジティブなコミュニケーション:否定的な言葉を避け、ポジティブな表現を使うことの重要性が強調されています。また、相手の感情に寄り添うことが大切だと述べています。

本書は、ビジネスだけでなく、日常の人間関係にも役立つ具体的なアドバイスが満載で、読むだけでなく実際に試してみる価値がある一冊です。

▼「話し方が9割」をチェック

スポンサーリンク

「人は話し方が9割」ビジネス書: なぜ売れた?戦略と効果を解説

 なぜ売れた?戦略と効果
イメージ画像

  • 著者 永松茂久と出版社すばる舎の背景
  • この作品の読みどころ・ややネタバレ
  • 読者の声・感想レビュー
  • 人は話し方が9割  ベストセラー作品
  • 人は 話し方 が9割 無料:無料で読める部分や試し読みについて

著者 永松茂久と出版社すばる舎の背景

「人は話し方が9割」の著者、永松茂久氏は株式会社人財育成JAPANの代表取締役であり、数多くの講演やセミナーを行うコミュニケーションのエキスパートです。

彼のユニークな人材育成法は、「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトに基づいています。

永松氏の著作は、コミュニケーションや人間関係に悩む多くの人々に支持されています。

出版社のすばる舎は、ビジネス書や自己啓発書を中心に出版する企業であり、数多くのベストセラーを生み出しています。

「人は話し方が9割」はすばる舎にとってもミリオンセラーとなり、その出版戦略と内容の魅力が相まって、大成功を収めた作品です。

この作品の読みどころ・ややネタバレ

読みどころ・ややネタバレ
イメージ画像

「人は話し方が9割」の最大の特徴は、「話し方」よりも「聞き方」に重点を置いている点です。

本書では、コミュニケーションの鍵は相手の話をしっかりと聞くことにあると強調しています。

本書の中で紹介されている「拡張話法」は、感嘆、反復、共感、称賛、質問の五つのステップから成り立っています。

これらのステップを実践することで、相手に気持ちよく話してもらうことができ、結果として良好なコミュニケーションが築けるとされています。

例えば、相手の話に対して「へえー」「そうなんですね」と感嘆し、話の一部を繰り返すことで、相手は自分の話がきちんと聞かれていると感じます。

その上で共感や称賛を伝えることで、相手の自己重要感を高め、さらに話を続けたいと思わせることができるのです。

最後に適切な質問を投げかけることで、会話を自然に広げていくことができます。

本書はまた、自己肯定感を高める方法や、否定的な言葉を避ける重要性についても詳述しています。

これらのテクニックは、単にビジネスシーンだけでなく、日常のあらゆる人間関係にも応用できるため、多くの読者にとって実践的なガイドとなっています。

読者の声・感想レビュー

「人は話し方が9割」に寄せられたレビューは、読者が本書から受け取ったメッセージやその実用性について多様な視点を提供しています。

全体として、レビューは本書の有用性と実践的な価値を強調していますが、それぞれのレビューから具体的なポイントが浮かび上がります。

  • 本書は「上手な話し方の本」ではなく、「上手なコミュニケーションの取り方のコツ」が述べられていると感じられた
  • 自己肯定感を持ちながら、相手の立場に立って対応することの重要性が強調されている
  • 有効な話し方の具体例がわかりやすく記載されており、誰でも挫折せずに読み終えられる
  • 話し方のスキル向上には心の在り方が重要であり、自分の心を磨くことを促してくれる一冊
  • 初めて楽天KOBOを使用したが、データダウンロードが非常に便利だった
  • 目新しい内容はないが、コミュニケーションスキルよりも相手を思いやる姿勢が大事だと感じた
  • 姿勢とは背筋を伸ばすことではなく、相手に対する心構えのこと
  • リーダースキルではなく、会話が苦手な人向けの話し方講座としての内容
  • 拡張話法や、相手に話させる、相手を思いやる発言、ネガティブな発言を避けることなどが具体的に解説されている
  • プレゼンの本ではなく、相手との接し方やコミュニケーションの取り方を具体的に教えてくれる
  • 心に残ったポイントとして、話すよりも聞くこと、否定しないこと、相手を主役にすることなどが挙げられている
  • 流暢に話せなくてもよいから、気持ちをゆっくり伝えることが大切
  • 名刺を受け取ったら名前をインプットし、名前を起点に会話を広げる
  • 正論はストレートにぶつけないこと
  • 言葉のクセは人格のクセであり、4Dワード(でも、だって、どうせ、ダメ)に気をつける
「人は話し方が9割」に対するコメント

人は話し方が9割  ベストセラー作品

「人は話し方が9割」がベストセラーとなった
イメージ画像

「人は話し方が9割」がベストセラーとなった理由はいくつかあります。

まず、タイトルのキャッチーさが読者の関心を引きました。「話し方が9割」というフレーズは、誰にでもわかりやすく、コミュニケーションの重要性を直感的に伝える力があります。

さらに、すばる舎の戦略的なマーケティングも大きな要因です。購買客層のデータを詳細に分析し、ターゲット層である40代女性を中心にアピールしたことが成功の鍵となりました。

書店での配置工夫や店頭入口での展開など、細かい配慮が初動の売れ行きを大きく後押ししました。

この本がベストセラーになったことは、他のビジネス書や自己啓発書にも影響を与えています。

多くの著者や出版社が、「話し方」や「聞き方」に焦点を当てたコミュニケーション本の重要性を再認識し、新たな作品を生み出すきっかけとなりました。

人は 話し方 が9割 無料:無料で読める部分や試し読みについて

「人は話し方が9割」には、無料で読める部分や試し読みが提供されています。

多くのオンライン書店や電子書籍プラットフォームでは、冒頭の数ページを無料で閲覧できるサービスを実施しています。

これにより、購入前に本の雰囲気や内容を確認できるため、読者は安心して購入を検討することができます。

例えば、楽天koboやAmazonのKindle版では、「試し読み」機能を利用して、本の最初の章を無料で読むことができます。

また、出版社の公式サイトや著者のウェブサイトでも、一部の章を抜粋して公開していることがあります。

こうしたサービスは、読者にとって大変便利であり、実際に本を手に取る前に内容を確認することで、より多くの人に本の魅力を伝えることができます。

無料で読める部分や試し読みを活用することで、「人は話し方が9割」の具体的な内容やスタイルに触れることができ、その後の購入を後押しする大きな要因となっています。

▼「話し方が9割」をチェック

「人は話し方が9割」ビジネス書: なぜ売れた?その成功の理由と影響を総括

「人は話し方が9割」は、その内容と戦略的なマーケティングにより、多くの読者から支持を得てベストセラーとなりました。

本書がなぜこれほどまでに成功したのか、その理由を以下に総括して箇条書きでまとめます。

この成功要因を理解することで、他のビジネス書や自己啓発書の制作や販売に役立てることができるでしょう。

以下に要点をまとめました。

  • タイトルのキャッチーさが読者の興味を引いた
  • 聞き方に重点を置いた内容が実践しやすかった
  • ビジネスパーソンや自己啓発を求める人々に響いた
  • 永松茂久氏の信頼性と実績が読者に支持された
  • すばる舎の戦略的なマーケティングが効果的だった
  • 書店での配置や展開が購買意欲を刺激した
  • ポジティブなコミュニケーションの重要性を強調
  • 感嘆、反復、共感、称賛、質問の拡張話法が具体的
  • 自己肯定感を高める方法が読者に好評だった
  • 無料で読める部分や試し読みが購入を後押しした
  • 読者の口コミやレビューがさらなる売上を促進した
  • 390万部を超える累計販売部数が信頼の証となった
  • 他の類似書籍との違いが明確だった
  • 多くの人が実生活に役立てる内容だった
  • 著者の講演やセミナーが本の価値を高めた
関連記事
「嫌われる勇気」の概要と感想・レビュー・ネタバレと作品の魅力を探る

この記事では、ベストセラー「嫌われる勇気」の概要、感想・レビュー、著者・出版社紹介、作品の魅力とあらすじ・ネタバレを徹底解説します。アドラー心理学の核心を学び、自分の人生を豊かに生きるヒントを見つけましょう。

『幸せになる勇気』要約と感想:アドラー心理学の真髄を学ぶ

『幸せになる勇気』の要約と感想を通じて、アドラー心理学の真髄を学びましょう。著者岸見一郎と古賀史健によるこの作品は、自己成長と幸福の実現を具体的に解説します。作品の魅力を深掘りし、日常生活にどう活かせるかを探ります。

話す前に考える!「頭のいい人が話す前に考えていること」ネタバレ・概要

『頭のいい人が話す前に考えていること』は、安達裕哉がビジネスコミュニケーションのスキルを磨くための具体的な思考法を紹介する一冊です。従来の話し方のテクニックとは異なり、話す前の「立ち止まって考える」プロセスに焦点を当て、思考の質を高める方法を提供します。ビジネスシーンで即座に役立つ具体的なアドバイスが満載です。

「リーダーの話し方が9割」要約とネタバレ:成功するリーダーシップの秘訣とは?

「リーダーの話し方が9割」要約とネタバレで、リーダーシップの秘訣を解説。永松茂久氏のアドバイスで、部下との信頼関係を築く具体的な話し方を学びましょう。

「生き方」稲盛和夫の哲学を学ぶ|要約・ややネタバレで分かる成功の秘訣

稲盛和夫の著書『生き方』は、彼の哲学と成功の秘訣を具体的なエピソードと共に解説する一冊です。要約とネタバレを通じて、彼の人生観や経営哲学を深く理解できます。京セラやKDDIの創業秘話も含まれ、実生活に役立つ教えが満載です。

「なぜ働いていると本が読めなくなるのか」ややネタバレで解説する現代の読書離れ

『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』は、現代の労働環境と読書離れの関係を鋭く分析した一冊です。ややネタバレを含む解説で、三宅香帆が歴史的視点からその背景と解決策を探ります。読者の声も紹介し、読書を再び楽しむための具体的なヒントを提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です