※本記事にはプロモーションが含まれています

多くの人々に影響を与え続けている自己啓発書
イメージ画像

「嫌われる勇気」は、多くの人々に影響を与え続けている自己啓発書です。

本記事では、この名著の概要から感想・レビュー、著者・出版社紹介、そして作品の魅力やあらすじ・ネタバレまでを徹底解説します。

アドラー心理学のエッセンスを対話形式でわかりやすく伝える「嫌われる勇気」の魅力を一緒に探っていきましょう。

読み進めることで、他人の評価に左右されず、自分の人生を豊かに生きるためのヒントが得られるはずです。

>>>「嫌われる勇気」を楽天公式よりチェック

記事ポイント

  • 「嫌われる勇気」の著者・出版社紹介とその背景
  • アドラー心理学の基本概念と「嫌われる勇気」の核心内容
  • 読者からの感想・レビューと作品の評価
  • 作品の魅力と具体的なあらすじ・ネタバレ

「嫌われる勇気」の感想・レビュー:概要

アドラー心理学
イメージ画像

  • 著者・出版社紹介
  • 作品の基本情報
  • 作品の魅力
  • あらすじ・ネタバレ

著者・出版社紹介

「嫌われる勇気」の著者である岸見一郎氏は、日本の哲学者であり、アドラー心理学の第一人者です。

共同著者の古賀史健氏はフリーライターとして、多くのベストセラーを手掛けています。

本書は2013年にダイヤモンド社から出版され、自己啓発書として異例のロングセラーとなりました。

岸見氏はアドラーの思想を日本に広めることに貢献し、古賀氏の協力により、多くの読者に理解しやすい形でそのメッセージを伝えています。

岸見一郎さんのX

作品の基本情報

「嫌われる勇気」は、アルフレッド・アドラーの心理学理論をベースにした対話形式の書籍です。

全体を通して、青年と哲人の対話が展開され、読み手はそのやり取りを通じてアドラー心理学の核心に迫ります。

アドラー心理学の主要な概念である「課題の分離」や「目的論」などが具体的なエピソードとともに紹介され、読者は日常生活に即した形で理解を深めることができます。

作品の魅力

哲学や心理学という一見難解なテーマを、対話形式でスムーズに解説
イメージ画像

読者はまるで青年と一緒に学んでいるような感覚になり、自己啓発の要素を自然と吸収できます。

対話形式により、哲人が示すアドバイスや理論が生き生きと描かれ、読者は自分自身の生活に当てはめやすくなっています。

また、具体例や日常生活での応用方法が豊富に盛り込まれているため、読後すぐに実践できる内容が多い点も魅力です。

あらすじ・ネタバレ

本書は、青年が哲人に人生の悩みを相談する形で進行します。青年は、自分が他人からどう見られているかに悩みますが、哲人は「嫌われる勇気」を持つことの重要性を説きます。

彼は、他人の評価を気にするのではなく、自分自身の価値観に基づいて生きることの大切さを教えます。

具体的には、青年が直面する職場や人間関係の問題を通じて、アドラー心理学の概念を深く掘り下げていきます。

哲人は、「人間のすべての悩みは対人関係の悩みである」とし、課題の分離や自己受容、他者貢献などのアドラー心理学の基本原則を丁寧に解説していきます。

スポンサーリンク

「嫌われる勇気」の感想・レビュー:概要・読みどころ

「課題の分離」というアドラー心理学の概念
イメージ画像

  • 作品の最大の読みどころ
  • 感想・レビュー:読者の声
  • 作品の分析と考察
  • 嫌われる勇気 おかしい
  • 嫌われる勇気 要約
  • 嫌われる勇気 危険
  • 嫌われる勇気 一言でいうと

作品の最大の読みどころ

自分の課題に集中することで、ストレスを軽減
イメージ画像

本書の最大の読みどころは、「課題の分離」というアドラー心理学の概念です。

これは、自分の課題と他人の課題を明確に分け、自分のコントロール外のことに悩まないという考え方です。

具体的には、他人の評価や行動は他人の課題であり、それに振り回されることなく、自分の課題に集中することで、ストレスを軽減し、心の安定を図ることができると説いています。

この考え方は、対人関係の悩みを解決するための強力なツールとなり、読者が自己の成長を促進する手助けをしてくれます。

▼ 楽天公式よりチェック

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ]
価格:1,320円 (2024/6/15時点) 楽天で購入

感想・レビュー:読者の声

「嫌われる勇気」は、そのタイトルから一見敬遠されがちですが、実際には多くの人々に深い影響を与えている自己啓発書です。

特に、他人の評価に振り回されず、自分の価値観に基づいて生きることの重要性を説いており、読者から高く評価されています。

レビューでは、多くの読者がこの本を読んで自分の人生観が変わったと述べており、特にアドラー心理学の核心である「課題の分離」が大きな気づきをもたらしています。

また、対話形式で進行するため、難解な哲学や心理学の概念もスムーズに理解できる点が好評です。

  • 評価4.004.00投稿日:2024年06月13日個人的には納得。過去に引きずられず、今を真剣に生きる事は、私自身が意識していること。
    課題の分離、自己受容、他者信頼、他者貢献も場面場面においては、理解でき、実践できている。主に仕事や自分自身の内的問題においては実践しやすい。が、友人問題、家庭問題、親子問題など、距離が近くなるとうまくできていない感じ。
    アドラー心理学を使いこなすのは、難しいが、私の生き方は間違ってないぞという自信をくれた。
  • 評価4.004.00投稿日:2024年06月11日定期的に読み返す本
    自分は他者からの目線が気になって仕方ない性格である。
    いかに嫌われないか、いかに他者から無害であるかを選択の基準にしてしまう。
    でもこのような選択は自分の心の声を無視して他者の人生を生きることと同じ。
    とてもストレスな人生だ。もう嫌だ。もっと自分を解放したい。
    自分の人生を心から謳歌したいなら他者から嫌われろ。
    これは決して嫌われるような行動をしろと言うわけではない。
    嫌われるのを恐れて自分の行動、決断を我慢するのをやめろと言うこと。
    他者の感情は他者のもの。コントロールすることはできない。コントロール不可能なものに悩むほど無駄なことはない。
    自分は自分の意思で、未来でも過去でもなく「今この瞬間」を精一杯生きる。
    実にシンプルで良いじゃないか。
  • 評価5.005.00投稿日:2024年06月11日人生の中で1番読む返している本。
    アドラーの教えに心から共感!
    本当に一文一文を噛み締めながら、考えて咀嚼して読む。でも、日常生活を送るとまた、忘れてしまうのよ。それでまた読む。
  • 評価5.005.00:投稿日:2024年06月07日

前から読もうと思っててやっと読めた〜!
最近アドラー心理学の別の本も読んだが本書でさらに理解が深まった。

「青年」がすぐに怒るので初めは読んでて疲れてしまったが途中から青年が怒るのは青年の問題であるというアドラー心理学の考えによって無事最後まで読めた。笑

「他者に貢献すること=自分の幸福に繋がる」とか「過去や未来ではなく"今"を生きる」とか「自分次第で世の中の見え方が大きく変わる」いうような内容はこれまで読んできた本にもたくさん書かれていたけど、この本ではアドラー心理学をベースに対比や具体例を用いてわかりやすくまとめられていた。
身近なちょっとした悩みや、先日友人から相談されたことなどをアドラー心理学に基づいて考えてみたら…おぉ!すべて解決するではないか(笑)
一度に納得とまではいかなくても、少なくとも悲観的になって落ち込んだり相手にイライラして喧嘩になることは避けられるだろう。

引用元:楽天KOBO ブクログ

作品の分析と考察

作品の分析と考察
イメージ画像

アドラー心理学は、人間の悩みの大半が対人関係に起因することを示し、その解決策として「嫌われる勇気」を持つことを提案します。

このシンプルながらも深い洞察が、多くの読者に共感と気づきをもたらしています。

また、対話形式の進行により、読者が自分自身を投影しやすく、理論を実生活に応用するための具体的な手段を提供しています。

これにより、読者は自己理解を深め、他者との関係性を見直すきっかけを得ることができます。

嫌われる勇気 おかしい

「嫌われる勇気」の考え方が極端すぎる
イメージ画像

一部の読者からは、「嫌われる勇気」の考え方が極端すぎるとの意見もあります。

確かに、他人の評価を一切気にしないというスタンスは、一部の状況では実践が難しいかもしれません。

例えば、職場や家庭などの社会的な関係性が重視される場面では、完全に他人の評価を無視することは現実的ではないとの指摘があります。

また、他人の感情や期待を全く考慮しないことが、対人関係を円滑に進める上で障害となる可能性も考えられます。

こうした批判を踏まえて、アドラーの教えをどのように現実に適用するかについては慎重な判断が必要です。

嫌われる勇気 要約

「嫌われる勇気」は、自己啓発とアドラー心理学のエッセンスを分かりやすく伝える一冊です。

本書は、対話形式を通じて読者にアドラー心理学の基本概念を教えるとともに、日常生活における実践方法を提案しています。

中心となるテーマは「課題の分離」であり、自分自身の課題と他人の課題を明確に区別することにより、他人の評価に振り回されずに自己の課題に集中することの重要性を説いています。

これにより、読者は自分の人生を主体的に生きる力を養うことができます。

嫌われる勇気 危険

自己中心的に行動するリスク
イメージ画像

「嫌われる勇気」の思想を誤解し、他人を無視したり、自己中心的に行動するリスクも指摘されています。

アドラー心理学の「嫌われる勇気」という概念は、自分の信念を貫くことの重要性を説いていますが、それを履き違えて他人の意見や感情を全く無視する行動に繋がってしまうことがあります。

このような極端な解釈は、対人関係を悪化させるだけでなく、社会的孤立を招く恐れもあります。

大切なのは、アドラーの教えをバランスよく実践し、自己の価値観を大切にしながらも他人への配慮を忘れないことです。

嫌われる勇気 一言でいうと

一言で言うと、「嫌われる勇気」は、自己を確立し、他人の評価に左右されずに自分の人生を豊かに生きるための指南書です。

この本は、自己の課題に集中し、自分自身の価値観に基づいて行動することの重要性を教えてくれます。

他人にどう思われるかを気にしすぎず、自分の信念を貫くことが幸福への道であると説いています。

この考え方は、現代社会における多くのストレスや不安を軽減し、より自由で充実した人生を送るための強力な指針となります。

「嫌われる勇気」の感想・レビュー:概要の総括

「嫌われる勇気」は、自己啓発書として多くの人々に影響を与え続けています。

本書は、アドラー心理学のエッセンスを対話形式で伝え、読者が自分自身を見つめ直し、他人の評価に左右されずに生きるための具体的な方法を示しています。

以下に本書の感想とレビューの総括を箇条書きでまとめます。

  • 著者は日本の哲学者岸見一郎氏とフリーライターの古賀史健氏
  • 2013年にダイヤモンド社から出版
  • アドラー心理学を基にした対話形式の書籍
  • 対話形式で哲学や心理学をわかりやすく解説
  • 読者は青年と一緒に学んでいるような感覚を持てる
  • 日常生活に即した形で理解を深められる
  • 最大の読みどころは「課題の分離」という概念
  • 他人の評価に振り回されず、自分の課題に集中することの重要性を説く
  • 実践的なアドバイスと哲学的な深みの両立
  • 読者から「人生を変える一冊」と高評価
  • 他人の評価を気にしすぎない生き方を提案
  • アドラーの教えをバランスよく実践することが重要
  • 一部の読者からは考え方が極端すぎるとの意見も
  • 他人を無視したり、自己中心的に行動するリスクも指摘
  • 自己を確立し、他人の評価に左右されずに生きるための指南書

「嫌われる勇気」をチェックする

おすすめ記事
「赤と青のガウン」 あらすじ・ネタバレ - 彬子女王の留学記が感動を呼ぶ

彬子女王の留学記「赤と青のガウン」。オックスフォード大学での学問の挑戦や、エリザベス女王との特別な交流エピソードを含む、貴重な体験を描いた感動のストーリーを紹介します。

話す前に考える!「頭のいい人が話す前に考えていること」ネタバレ・概要

『頭のいい人が話す前に考えていること』は、安達裕哉がビジネスコミュニケーションのスキルを磨くための具体的な思考法を紹介する一冊です。従来の話し方のテクニックとは異なり、話す前の「立ち止まって考える」プロセスに焦点を当て、思考の質を高める方法を提供します。ビジネスシーンで即座に役立つ具体的なアドバイスが満載です。

『幸せになる勇気』要約と感想:アドラー心理学の真髄を学ぶ

『幸せになる勇気』の要約と感想を通じて、アドラー心理学の真髄を学びましょう。著者岸見一郎と古賀史健によるこの作品は、自己成長と幸福の実現を具体的に解説します。作品の魅力を深掘りし、日常生活にどう活かせるかを探ります。

「人は話し方が9割」 なぜ売れた?ビジネス書ランキング1位の理由

「人は話し方が9割」は、ビジネス書ランキング1位を獲得し、390万部を超える大ヒットを記録しました。本書の成功の秘密は、聞き方に重点を置いた実践的なコミュニケーションスキルと、自己肯定感を高める方法にあります。多くの読者がその価値を認め、日常の人間関係に役立てています。

話す前に考える!「頭のいい人が話す前に考えていること」ネタバレ・概要

『頭のいい人が話す前に考えていること』は、安達裕哉がビジネスコミュニケーションのスキルを磨くための具体的な思考法を紹介する一冊です。従来の話し方のテクニックとは異なり、話す前の「立ち止まって考える」プロセスに焦点を当て、思考の質を高める方法を提供します。ビジネスシーンで即座に役立つ具体的なアドバイスが満載です。

「生き方」稲盛和夫の哲学を学ぶ|要約・ややネタバレで分かる成功の秘訣

稲盛和夫の著書『生き方』は、彼の哲学と成功の秘訣を具体的なエピソードと共に解説する一冊です。要約とネタバレを通じて、彼の人生観や経営哲学を深く理解できます。京セラやKDDIの創業秘話も含まれ、実生活に役立つ教えが満載です。

本当に性格が悪い人の特徴5選:見分けるためのポイント

本当に性格が悪い人の特徴5選を徹底解説。性格が悪すぎる人を見分け、対策を学びましょう。性格がいい人との違いも明確に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です