2024年の世界人口ランキングが発表
イメージ画像

2024年の世界人口ランキングが発表され、インドが14億4,200万人で首位に立ち、中国は14億2,500万人となり第2位に後退しました。

一方、アメリカの人口は約3億4,180万人で第3位を維持。日本の人口は約1億2,260万人で前年同様12位をキープしています。

この記事では、最新のデータに基づき、各国の人口動態や世界人口の推移について詳しく解説します。

日本、中国、アメリカの人口変動を中心に、世界全体の人口動向を解説します。

記事ポイント

  • 2024年の世界人口ランキングでインドが首位、中国が第2位となった理由と背景
  • アメリカ、日本の人口動態とその順位の変動について
  • 各国の人口増加や減少の要因、およびそれが経済や社会に与える影響
  • 世界の人口密度ランキングと、人口が少ない国や地域の特徴

2024年 世界人口 ランキングのトップ国

世界人口白書(国連人口基金)
イメージ画像

  • 世界人口ランキング 最新
  • 2024年の日本の人口は?
  • 2024年のアメリカの人口は?
  • 2024年の中国の人口は?

世界人口ランキング 最新

2024年の世界人口ランキングは、世界人口白書(国連人口基金)による最新の推計データに基づいています。

このデータによれば、世界の人口は前年から約7,400万人増加し、過去最高の81億1,900万人に達する見込みです。

「世界人口白書2024」によると、

  2024年の世界人口:81億1900万人で、昨年に比べ7400万人増加。

引用元:世界人口白書2024
順位 国名 人口数 出生率
1 インド 14.29億 2.0
2 中国 14.26億 1.2
3 アメリカ 3.40億 1.7
4 インドネシア 2.78億 2.1
5 パキスタン 2.40億 3.3
6 ナイジェリア 2.24億 5.1
7 ブラジル 2.16億 1.6
8 バングラデシュ 1.73億 1.9
9 ロシア 1.44億 1.5
10 メキシコ 1.28億 1.8
11 エチオピア 1.27億 4.0
12 日本 1.23億 1.3
13 フィリピン 1.17億 2.7
14 エジプト 1.13億 2.8
15 コンゴ民主共和国 1.02億 6.1
16 ベトナム 9886万 1.9
17 イラン 8917万 1.7
18 トルコ 8582万 1.9
19 ドイツ 8329万 1.5
20 タイ 7180万

出典:List of countries by population (United Nations) - Wikipedia​ (Wikipedia)

2024年の日本の人口は?

  • 2024年の日本の人口は、前年から約70万人減少し、約1億2,260万人になると予測されています。
    • この減少は少子高齢化が進行しているためであり、出生率が1.33と低水準にとどまっていることが影響しています。
  • 日本は世界第12位の人口規模を維持していますが、他の国々が人口を増やす中で、順位の変動が懸念されています。
  • 日本の人口減少は、経済や社会構造に大きな影響を与えています。
    • 労働力不足や年金制度の持続可能性など、さまざまな課題が浮上しています。
    • 政府や企業はこれらの問題に対応するための施策を講じています。
  • 特に都市部では、人口減少と高齢化が顕著であり、地域の活性化やインフラの維持管理が重要な課題となっています。
  • また、外国人労働者の受け入れや女性の社会進出促進など、多様な対策が求められています。

2024年のアメリカの人口は?

2024年のアメリカの人口は、約3億4,180万人に達すると予測されています。

  • アメリカの人口増加は他の先進国と比較しても堅調で、移民の受け入れと比較的高い出生率がその主な要因です。

移民政策はアメリカの人口動態に大きな影響を与えています。

  • アメリカは世界中からの移民を受け入れることで、多様な文化と人材を国内に取り込んでいます。
  • 特に、若年層の移民が労働力を補完し、経済の活力を維持しています。

アメリカ国内の出生率は約1.66と先進国の中では比較的高い水準を維持しています。

  • これにより、自然増加も人口維持の一因となっています。
  • 教育や医療の充実、家族支援政策などが、家族形成を後押ししています。

地域別に見ると、テキサス州やフロリダ州などの南部や西部の州での人口増加が顕著です。

  • これらの地域は経済成長が著しく、雇用機会が多いことが移住者を引き付けています。
  • また、温暖な気候や住みやすい環境も人気の要因となっています。

2024年の中国の人口は?

2024年の中国の人口は、約14億2,500万人になると予測されています。

  • 中国は長年にわたり世界最大の人口を誇っていましたが、2023年にインドにその地位を譲りました。
  • これは中国の出生率の低下と高齢化が進行しているためです。

1979年に導入された一人っ子政策が、現在の人口動態に大きな影響を及ぼしています。

  • この政策は2015年に終了しましたが、その影響は依然として続いており、出生率の回復には至っていません。
  • 2024年の推計では、中国の出生率は1.21と非常に低い水準にとどまっています。

高齢化も深刻な問題です。

  • 中国の65歳以上の高齢者人口は増加しており、労働力人口の減少が経済に影響を与えています。
  • 政府はさまざまな対策を講じていますが、効果は限定的です。
  • 年金制度の持続可能性や医療費の増加など、社会保障制度の強化が求められています。

都市部と農村部の人口動態も異なっています。

  • 都市部では少子化と高齢化が顕著であり、都市化の進展が続いています。
  • 一方、農村部では若年層の都市流出が進み、人口減少が加速しています。
  • 政府は農村振興政策を推進していますが、根本的な解決には至っていません。

2024年 世界人口 ランキングの詳細分析

2024年 世界人口 ランキングの詳細分析
イメージ画像

  • 世界人口 推移
  • 世界人口ランキング 日本
  • 2024年の日本の人口密度は世界何位?
  • 世界人口密度ランキングトップ5
  • 世界人口 少ない ランキング 2024

世界人口 推移

世界人口は過去数十年にわたり着実に増加してきましたが、2024年もその傾向は続いています。

世界人口白書(国連人口基金)の最新の推計によれば、2024年の世界人口は約81億1,900万人に達する見込みです。

これは前年から約7,400万人の増加を意味し、世界の人口は依然として上昇基調にあります。

特にアジアとアフリカの国々が人口増加の主導的な役割を果たしています。アジアではインドやインドネシア、パキスタンなどが、アフリカではナイジェリアやエチオピアなどが顕著な増加を見せています。

これらの地域では、依然として高い出生率が見られ、若い世代が多いことが人口増加の背景にあります。

一方、欧州や北米などの先進国では、人口増加のペースは緩やかです。少子高齢化が進行しているため、自然増加は限定的であり、移民の受け入れが人口維持の主要な要因となっています。

世界全体の人口動態を長期的に見ると、2050年までには世界人口は90億人を超え、2100年には100億人に近づくと予測されています。

しかし、地域ごとの人口増加の速度には大きな違いがあり、特にアフリカの人口増加が著しい一方で、ヨーロッパや東アジアでは人口減少が顕著になると見られています。

このような人口動態の変化は、経済、環境、社会保障など多方面に影響を及ぼすため、各国政府は対応策を講じる必要があります。

持続可能な開発目標(SDGs)とも関連し、国際社会は協力して人口問題に取り組むことが求められています。

世界人口ランキング 日本

少子高齢化が進行
イメージ画像

2024年の日本の人口は約1億2,260万人と予測されており、世界人口ランキングでは12位を維持しています。

日本は先進国の中でも特に少子高齢化が進行している国であり、この人口減少傾向は今後も続くと見られています。

日本の出生率は1.33と低く、人口置換水準である2.1を大きく下回っています。このため、自然増加は期待できず、人口減少が続く状況です。

加えて、高齢化率は30%以上に達しており、社会保障費の増加や労働力不足などの課題に直面しています。

これに対し、政府は様々な対策を講じています。例えば、子育て支援の強化や働き方改革、移民の受け入れ拡大などが挙げられます。

しかし、これらの施策がどの程度効果を発揮するかはまだ未知数です。

国際的に見ると、日本の人口減少と高齢化は先進国全体の課題とも言えます。

例えば、イタリアやドイツ、韓国なども同様の問題に直面しており、これらの国々との情報共有や共同対策が求められています。

また、日本の都市部と地方部での人口動態にも大きな差があります。

東京、大阪などの大都市圏では人口が集中する一方で、地方では人口減少と過疎化が進んでいます。

地域振興や地方創生が重要な政策課題となっており、持続可能な地域社会の構築が求められています。

2024年の日本の人口密度は世界何位?

人工密度
イメージ画像

この人口密度は世界の中でも上位に位置します。日本の人口密度は2024年時点で世界第10位前後に位置しています。

日本の人口密度が高い理由は、主に都市部への人口集中によるものです。東京、大阪、名古屋などの大都市圏には多くの人々が集まり、これらの地域の人口密度は特に高くなっています。

一方で、地方部では過疎化が進行しており、人口密度が低い地域も存在します。

人口密度の高い都市部では、インフラや公共サービスの整備が重要です。

また、限られた土地を効率的に活用するために、高層ビルや地下空間の利用が進んでいます。

都市計画や交通網の整備が、今後の日本の持続可能な発展にとって重要な課題となっています。

順位 国名 人口密度 (人/km²)
1 モナコ 26,000
2 シンガポール 8,000
3 バーレーン 2,200
4 バングラデシュ 1,260
5 マルタ 1,500
6 モルディブ 1,750
7 バチカン市国 1,600
8 ガザ地区 5,749
9 ジブラルタル 4,800
10 日本 336

出典:Which countries are most densely populated? - Our World in Data​ (Our World in Data)

世界人口密度ランキングトップ5

世界の人口密度
イメージ画像

世界人口密度ランキングでは、面積あたりの人口が多い国や地域がランクインしています。以下は2024年の最新の人口密度ランキングの上位国です。

  1. モナコ: 約26,000人/平方キロメートル
    • 地理と生活: モナコはフランスの地中海沿岸に位置し、面積は約2平方キロメートルしかありません。その狭い土地に約52,000人が住んでおり、世界で最も人口密度が高い国です。モナコの街並みは豪華で、高層ビルやカジノ、ヨットハーバーが特徴です。
    • 経済と観光: モナコは高級リゾート地として知られ、特にモンテカルロのカジノやF1モナコグランプリが有名です。また、低税率のため多くの富裕層が住むことで知られています。観光業と金融業が経済の中心であり、特に観光業は国の収入の大部分を占めています。
  2. シンガポール: 約8,000人/平方キロメートル
    • 都市計画と効率性: シンガポールは約728平方キロメートルの土地に約560万人が住む都市国家であり、限られた土地を効率的に利用するための都市計画が進んでいます。高層ビルや地下施設の利用が進んでおり、緑豊かな都市づくりも推進されています。
    • 多様性と経済: 多民族国家であり、華人、マレー人、インド人などが共存する多文化社会です。貿易、金融、製造業が経済の中心で、アジアの主要な経済ハブとして知られています。また、シンガポールは教育制度も充実しており、多くの国際学生を受け入れています。
  3. バーレーン: 約2,200人/平方キロメートル
    • 位置と経済: バーレーンはペルシャ湾に位置する島国で、面積は約765平方キロメートルです。石油産業が経済の中心ですが、金融業や観光業も重要な役割を果たしています。バーレーンは中東で最も自由な経済体制を持ち、多くの外国企業が進出しています。
    • 文化とイベント: バーレーンは古代から交易の中心地であり、現在もその役割を果たしています。伝統的なアラビア文化と近代的な西洋文化が融合した社会を持ち、文化的なイベントや伝統的な市場(スーク)が観光客を引きつけます。また、バーレーン国際サーキットではF1レースも開催されています。
  4. バングラデシュ: 約1,260人/平方キロメートル
    • 人口と経済: 南アジアに位置するバングラデシュは、約147,570平方キロメートルの土地に約1650万人が住んでいます。主に農業が経済の中心ですが、近年は衣料産業が急成長しており、世界有数の衣料品輸出国となっています。一方で、貧困や環境問題(特に洪水やサイクロン)が課題となっています。
    • 文化と遺産: バングラデシュは豊かな文化遺産を持ち、詩人ラビンドラナート・タゴールの作品やバイシャキ祭などが有名です。また、バングラデシュの人々は伝統的な衣装であるサリーやルンギを着用し、独自の文化を維持しています。
  5. マルタ: 約1,500人/平方キロメートル
    • 観光と歴史: 地中海に位置するマルタは、約316平方キロメートルの土地に約47万人が住んでいます。観光業が主要な経済活動であり、美しいビーチや歴史的建造物が観光客を魅了します。マルタの首都バレッタはユネスコの世界遺産に登録されており、中世から続く歴史的建造物が多く存在します。
    • 経済と教育: 観光業に加え、マルタはヨーロッパのITおよび金融のハブとしても発展しています。英語が公用語の一つであるため、語学留学先としても人気があります。多くの外国企業が税制上の優遇措置を利用して拠点を設けています。


人口密度が高いこれらの国々は、限られた土地を最大限に活用する都市計画やインフラ整備が重要な課題となっています。

特にシンガポールやモナコのような都市国家では、高層建築や地下開発が進んでおり、効率的な土地利用が進んでいます。

これらの高人口密度地域では、交通渋滞や住宅問題などの都市問題も発生しやすいため、持続可

2024年 世界人口 少ない ランキング トップ10 

2024年の世界人口ランキングにおいて、人口が最も少ない国や地域も注目されます。

以下は、最新のデータに基づく人口が少ない国・地域のトップ10です。

順位 国名 人口数
1 バチカン市国 800
2 トケラウ 1,500
3 ニウエ 1,600
4 フォークランド諸島 3,400
5 モントセラト 4,500
6 ナウル 10,900
7 パラオ 18,200
8 ツバル 11,900
9 サンピエール島・ミクロン島 6,000
10 クック諸島 17,500

出典: Population by Country 2024 - Worldometer​ (Worldometer)

  1. バチカン市国: 約800人
    • 世界で最も人口が少ない独立国家であり、カトリック教会の中心地として知られています。バチカン市国は、面積がわずか0.49平方キロメートルしかなく、その特異な立地から観光地としても有名です。
  2. トケラウ: 約1,500人
    • ニュージーランドの自治領で、南太平洋に位置する小さな島嶼地域です。トケラウはアクセスが困難であり、主に海路でのみ到達可能です。この地理的な孤立が人口の少なさに寄与しています。
  3. ニウエ: 約1,600人
    • 南太平洋に位置する自治領で、ニュージーランドとの自由連合関係にあります。ニウエは広大な珊瑚礁に囲まれており、美しい自然環境が特徴です。
  4. フォークランド諸島: 約3,400人
    • イギリスの海外領土であり、南大西洋に位置します。フォークランド諸島は羊の牧畜が主な産業であり、戦争の歴史もありますが、現在は平和な生活が送られています。
  5. モントセラト: 約4,500人
    • カリブ海に位置するイギリスの海外領土で、活火山の噴火により人口が大きく減少しました。自然災害が人口に大きな影響を与えた例です。
  6. ナウル: 約10,900人
    • オセアニアの島国で、かつてはリン鉱石の採掘で繁栄しましたが、資源の枯渇により経済が困難に直面しています。
  7. パラオ: 約18,200人
    • 美しい珊瑚礁と豊かな海洋生物が魅力の観光地であり、主に観光業に依存しています。
  8. ツバル: 約11,900人
    • 地球温暖化による海面上昇の影響を受けやすい国の一つであり、長期的な存続が危ぶまれています。
  9. サンピエール島・ミクロン島: 約6,000人
    • フランスの海外領土であり、カナダの近くに位置します。漁業が主な産業です。
  10. クック諸島: 約17,500人
    • ニュージーランドとの自由連合を持つ南太平洋の島国で、美しいビーチとリゾート地が多くあります。

これらの国や地域は、それぞれ独自の文化や歴史を持ち、特有の課題や魅力があります。

人口が少ないことから、コミュニティが密接である反面、経済的な発展やインフラ整備には課題が残ります。

これらの国や地域は、それぞれ独自の文化や歴史を持ち、特有の課題や魅力があります。

人口が少ないことから、コミュニティが密接である反面、経済的な発展やインフラ整備には課題が残ります。

能な都市計画と環境保護が不可欠です。

総括:2024年世界人口ランキング

2024年の世界人口ランキングは、国際連合人口部の最新推計に基づき、インドが中国を抜いて世界最大の人口を持つ国となったことが大きな特徴です。

世界全体の人口は約81億1,900万人に達し、依然として増加傾向にあります。

この人口動態の変化は、各国の経済、社会政策、環境問題に多大な影響を与えています。

以下に、2024年の世界人口ランキングに関する重要なポイントを箇条書きでまとめます。

  • 世界人口は約81億1,900万人に達する見込み
  • インドが14億4,200万人で世界最大の人口を有する国に
  • 中国は14億2,500万人となり、インドに次ぐ第2位
  • アメリカの人口は約3億4,180万人で第3位を維持
  • インドネシアが約2億8,000万人で第4位にランクイン
  • パキスタンが約2億4,520万人で第5位
  • ナイジェリアが約2億2,920万人で急成長
  • 日本の人口は約1億2,260万人で第12位を維持
  • 日本の人口密度は世界第10位前後
  • モナコが世界で最も高い人口密度を誇る
  • 世界で最も人口が少ない国はバチカン市国
  • アフリカとアジアが人口増加の主導地域
  • 先進国では少子高齢化が顕著
  • 移民受け入れが人口増加の鍵となる国も多い
  • 世界人口の地域間格差が拡大中
関連記事
2024年版:世界最高の都市トップ20と日本の都市のランクインは?

2024年の「世界最高の都市トップ20」ランキングでは、東京が注目されています。このランキングは、世界各地の都市の文化、食生活、生活スタイル、環境意識を基に評価され、日本の他の都市も50位以内にランクインしています。

2024年最新版:世界で最も話されている言語のトップ10

この記事では、世界で最も広く話されている言語とそれらの話者数を深く探ります。英語、標準中国語、ヒンディー語を含む主要言語の魅力と、それらが持つ豊かな文化的背景に焦点を当て、その国際的な重要性を解析します。

世界大学ランキング2024年版発表!東大・京大の順位と注目のアジア大学をチェック

2024年版の世界大学ランキングが発表され、トップ大学の傾向と評価理由が明らかに。オックスフォード大学が世界1位に輝いた理由や、東大・京大のランクアップの要因を徹底解説。中国やシンガポールの人気大学の評価ポイントも紹介します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です