プロっぽい資料の作り方の最近のブログ記事

拙著『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』出版以来、図解化コンサルティングの他に、早起き、時間管理、仕事術などをテーマとした取材、講演、企業研修、個別コンサルティングなど、日々様々なお仕事をいただけるようになりました。どうもありがとうございます。


ただいま図解化コンサルティングは紹介でお仕事を頂くことが多く、お会いした方には直接説明しているのですが、ホームページなどで詳しく説明することをしておりませんでした。


今回改めて、どんなサービスかについて、資料をアップいたします。


既存の資料作成代行サービスとの大きな違いは2つです。


1.明確化されていないコンセプトを掘り起こすお手伝いをする
2.誰がプレゼンしても、ある一定のクオリティを維持できる(つまり人に過度に依存しすぎない)スライド作りをお手伝いする


プレゼンをする誰もが、「スティーブ・ジョブズみたいにカッコイイプレゼンができたらなー」と思うでしょう。でも、誰もがジョブズになれるわけではありません。

プレゼンターの話のうまい下手に過度に依存しすぎる資料は、社内の「ジョブズ」がいなくなれば一気に利用価値が無くなってしまいます。


しかし、その資料自体がシナリオとなっている、きちんと筋道が通った、説得力がある資料を作ることができれば、例えプレゼンが終了しても、社内の「ジョブズ」が体調不良で欠席してしまったとしても、資料として永遠に価値を持ったまま生き続けます。


これが、図解化コンサルティング資料です。


誤解していただきたくないのは、何もプレゼン能力が重要でない、と言っているわけではないということです。


最終目標として、ジョブズのような「達人」プレゼンを目指すことはもちろん否定しません。しかし、その前に、論理的で人にきちんと納得してもらえるシナリオを持ち、それをお守りにしてプレゼンしましょう、という提案です。


そのためのお手伝いをするのが、図解化コンサルティングの役割です。

せっかく良いものを持っているのに、伝わらない、というだけで大きく損をしてしまいます。想いや意思を見える化し、目指す目標に到達するお手伝いができれば、これほど幸せなことはありません。


























早起き・図解・目標達成スキルなどの情報をお届けする池田千恵メルマガ(無料・不定期)登録はこちら!



メールアドレス:
お名前:

本日2011年11月4日、買ってすぐに使える『朝活手帳2012』発売になりました! アマゾン、楽天などのネット書店のほか、全国の書店さんでお買い求めになれます。

この『朝活手帳』、中身のウィークリー、マンスリー部分は私が自らパワーポイントでラフデザインを作り、デザイナーさんに仕上げてもらったものです。つまり、手帳まで図解してしまいました。

お陰様で好評いただき、2011年度版は完売したこの手帳の特長、手帳を使うことのメリットなどを10分程度のプレゼン資料として図解したのでこちらにご紹介。スライド作成の参考になれば幸いです。













早起き・図解・目標達成スキルなどの情報をお届けする池田千恵メルマガ(無料・不定期)登録はこちら!



メールアドレス:
お名前:



こちらの図解ブログ、久々の更新となり申し訳ございません!

研修、講演、個別コンサルティングの他、お陰様で活動の幅が広がり、執筆、プロジェクトの企画立案など様々なお仕事をさせて頂いております。ありがたいことです。

最新情報は、池田千恵公式ホームページ 池田千恵.comにて随時更新中です。ツイッター、Facebook、ブログの更新情報も自動的にアップデートされます。


どうぞよろしくお願い致します!


図解、プレゼン資料作成の仕事については守秘義務もありますので活動内容を公開することはあまりできないのですが、その中でも、お知らせできる範囲で、どんなことをやっているかを随時こちらにアップできれば、と考えています。

最近は、「11月7日はイイオンナ(1107)の日」認知度アップのための資料作成をお手伝いしました。


こちらは私もゲストとして登壇させてもらうイベントです。自分がゲストに出る資料を手伝う、というのは何となく手前味噌な感じがしましたが、主催者の網野麻理さんの「イイオンナの日」にかける並々ならぬ想いを伺い、ぜひ、このイベントの趣旨や想いを皆さんに伝えたい!ということでお引き受けしました。


スライドデザイン、パワーポイントテンプレート作成、コンセプトメイク、分かりやすい&想いが伝わる論理展開指導などをトータルでお手伝いしました。


こちらのイベント、ただいま募集中です!男性も参加可能ですのでぜひ。


当日お目にかかれるのを楽しみにしております。




























早起き・図解・目標達成スキルなどの情報をお届けする池田千恵メルマガ(無料・不定期)登録はこちら!



メールアドレス:
お名前:

2010年10月16日、私がプロデュースした手帳『朝活手帳2011』が発売となりました!


私は「図解化コンサルタント」。企画が通る、話が通じるプレゼン資料作成のお手伝いの他、オリジナルテンプレートに文字を入れ込むことによって目標達成をサポートするスキルをお伝えしています。


今回、そのスキルを駆使し、手帳のテンプレートも開発しました!


■ 特設サイトはこちら
■ シゴタノ!での詳細紹介はこちら
■ 発売元、ディスカヴァー・トゥエンティワン 手帳サイトはこちら


発売を記念し、もし私が『朝活手帳2011』のポイントを10分でプレゼンするなら、こんなパワポ!というのを公開します。プレゼン、図解資料の作り方の参考になれば幸いです。


(10月20日開催、ディスカヴァーブッククラブの出版記念イベントにて、いち早くこのスライドを公開。実際にプレゼンしました)



なお、今発売中の日経ビジネス Associe 2010年 11/16号 「決定版手帳術2011」でも、朝記入する手帳術と、『朝活手帳2011』についてお話してます!もしよろしければご覧ください。

(そのほか、最新のメディア掲載情報はこちらにあります)


さらに、facebookには「朝活手帳 ファンページ」もあります!朝活手帳関連情報や、使い方などをシェアしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。


こんにちは。図解化コンサルタント CONECTA(コネクタ)の池田千恵です。


100万部突破の「もしドラ」(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)人気にあやかり、キャッチーなタイトルにしてみました。


歴史を動かしたプレゼン (新潮新書)
林 寧彦
新潮社
売り上げランキング: 2108
おすすめ度の平均: 5.0
5 相手と一緒の夢を見る 
5 プレゼンって・・・
5 プレゼンをしない人間は、いない。あなたも、読むべし。
5 究極のプレゼンに胸踊る!
5 テクニックだけじゃないプレゼン本!



とても面白い本に出会いました。


博報堂でCMプランナーをされていた、林寧彦さんのご著書『歴史を動かしたプレゼン (新潮新書)』です。


歴史上の人物が、どうやってスポンサーとなるキーパーソンを「たらしこみ」、大きなプロジェクトを実行していったかを、プレゼンという視点から説明している本。


いやーこれは、人前で話し、相手を説得する必要がある方は必読ですよ!


皆が知っているコロンブス、豊臣秀吉などの有名人のストーリーを追いながら、要所要所でプレゼンの「キモ」となるポイントも学べる、お得な一冊でした。


この本の第1章を読みつつ、自分がコロンブスだったらどうやってプレゼン資料を作るかなーと考えていたら、いてもたってもいられなくなり。。。


資料つくっちゃいました!


今回は「1枚図解」の形式をとっていませんが、特別編ということでご了承くださいませ。


※この資料は、『歴史を動かしたプレゼン (新潮新書)』に書かれている史実に基づき作成しました。プレゼン資料作成のポイントについては、『歴史を動かしたプレゼン』で強調されている個所を踏まえた上、私独自の表現の順番変更&図解アレンジも加えています。詳しい内容を知りたい方は、ぜひ、『歴史を動かしたプレゼン』をお読みくださいね。全力でお勧めします!



あえて、説明なしでざざっと紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


歴史上の人物はこんなプレゼンツールももっておらず、語ることで人を動かしていたわけですが、せっかく表現ツールが豊富にある時代。


ツールに使われすぎてしまうのは問題かもしれませんが、最大限活用すれば、口べたで語るのが下手な人でもきちんと「通る」資料は作れます。ぜひ参考にしてみてくださいね。




■ 編集後記

2010年9月5日午後、名古屋にて、「人を動かすプレゼン資料作成セミナー(仮称)」開催します!


(ちなみに午前は拙著『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』をベースとした時間管理術セミナーも開催予定)

実は、通るプレゼンには決まった「型」があるのです。

私は、いつも「ここぞ!」というときに、パワポで提案資料を作って持っていくことにしています。そのおかげで本の出版企画が決まったり、最初難色を示された企画でも、私の資料を出すことで流れが変わり、企画が通ったりと、いろいろいいことがありました。

また、この「型」がわかると、資料作成スキルだけでなく、人前で話すスキルも上がってくることも、自分を使った人体実験の結果分かりました。そのおかげで、去年初めての本を出版させていただいてから、メディア取材を毎月途切れることなく頂けるようになりました。

※メディア掲載履歴はこちら

分かりやすい伝え方を学びたい方、自分をブランド化して価値を上げたい方、いい企画をもっていてアイディアを通したい方にお勧めのセミナーです。

告知は、来週以降、こちらのブログのほか、図解化メルマガfacebooktwitterなどで行う予定。


しばしお待ちください!


外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!

『勉強革命!』を図解する

| トラックバック(0)

こんにちは。図解化コンサルタント CONECTA(コネクタ)代表 池田千恵です。


念願だった、とある執筆企画が決まりました!忙しいけど嬉しい悲鳴の今日この頃。9月か10月くらいには詳細お知らせできると思います。この1ヶ月が勝負です!


勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる
上田 渉
マガジンハウス
売り上げランキング: 1583
おすすめ度の平均: 4.5
5 生まれて初めて勉強本で泣きました
5 著者の工夫人生
4 やる気は起こる
4 勉強する意味ってあるのだろうか?



日本最大のオーディオブックサイト「FeBe」で有名な株式会社オトバンク社長、上田渉さんの著書『勉強革命!「音読」と「なぜ」と「納得」が勉強力とビジネス力をアップさせる』(マガジンハウス)を読みました。


私は著者の上田さんとは何度かお話したことがあるのですが、上田さんを存じ上げる前からFeBeを愛用していました。『原因と結果の法則』は全シリーズダウンロードし、ランニングしながら&電車に乗りながら繰り返し、今でも身体にしみこませるように聴いています。


耳勉強の良さを身体で感じていたので、今回の新刊も楽しみにしていました。


いやー、これが熱い本だったんです。いい意味で裏切ってくれました。まさか勉強本で泣くとは思わなかった。


この本では、著者が自分が本当にやりたいことに目覚めるまでと、そこからどうやって勉強を続け、今に至ったかを、半生をたどる形で書かれています。


偏差値30で高校の先生にも見捨てられ、独自の勉強で2浪の末東大へ。東大在学中に起業。在学中からNPOの立ち上げに奮闘したり、ビジネスが軌道に乗りそうなところで周囲の妨害があったり。その都度、試行錯誤しながら突き進んでいく課程が赤裸々に語られていました。


上田さんは一見クールなイメージなので、イメージと中身のギャップに驚きました。ひりひりするような熱さ、自分のミッションに対する執拗なまでの執念と実行力に涙しました。


自分の人生、熱くならなくてどうする!と思っている私は、思いっきり共感しました。


■ この本を1枚であらわすと?(クリックで拡大)

100617-1maipawapo.jpg


著者を救った耳勉強法についての詳細は本に具体的に書かれているので省略します。ここでは、「どうやったら著者のように、人生の目的を見つけることができるか」について、図にしました。


この本を読んでいると、著者は問題にぶち当たるたびに、いつも物事の本質に立ち戻って考え、自分の人生の目的を確かめ、それに沿って行動することで乗り越えてきているのが分かります。


それはもちろんすごいこと。本質に立ち返ることが大事なのは分かってはいるんだけれど、ついつい目先のことに惑わされたり、何も考えず流されてしまったりする人も多いのではないでしょうか。(少なくとも私はそうです)


どうしたら、著者のように本質を見抜く目を養えるのだろうか。


その答えが「自分に質問というインプットを与える」ことなのです。


著者はこう言います。



脳は、感覚から来た刺激に対して何かをフィードバックする器官です。つまり刺激に対して返事を返す存在と言えます。簡単に言えば「生体コンピュータ」。ですから、面白い質問を自分で脳に問いかけると、その答えを考えてくれるのです。


何をするにも無意識に行動せず、いったん立ち止まって自分に質問してみる。その繰り返しが、今の著者を作り上げてきたのだと感じました。


■ おまけ:こうやって描いてます(クリックで拡大)

100617-1maipawapo2.jpg


左の「人の顔」の描き方は以前にも説明したので、右側の「モコモコふきだし」の描き方について説明を。


オートシェイプに入っているふきだしを使った資料は、なんとなくシロウトくさいと思うのは私だけでしょうか。皆が安易に使うので、陳腐化している気がします。


そこで一手間プロっぽくする技。楕円を重ねてグループ化してしまうのです。枠の色を無くせば、オートシェイプのふきだしに比べて洗練したイメージになります。試してみてくださいね!




■ 編集後記


来たる2010年7月7日(水)、朝7時(スリーセブン!)開催予定のBefore9プロジェクトセミナー@八重洲では、今回ご紹介した『勉強革命!』の著者、上田渉さんをお招きします!


(今回の本に感動したので、ナンパしました 笑)


人生の目的を見つける為に、「自分に質問する方法」について詳しくお伺いする予定です。


告知は来週の早いうちに開始予定。Before9プロジェクト公式サイト公式ブログにて告知いたしますので、ご興味ある方はチェックしてくださいね。




外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!

こんにちは。図解化コンサルタント CONECTA(コネクタ)の池田千恵です。


大変ご無沙汰の更新です。


早朝に図解セミナーを開催したり、朝×図解という切り口で取材をいただいたりするうちに、Before9プロジェクトブログとの棲み分けをどうしようか迷うことがあり、なかなか更新できずにおりました。


まだ棲み分けは決めかねているのですが、当面は今まで通り、本や日々の出来事を1枚図解するというコンセプトで毎週月曜に定期的に更新できるように頑張ります!(と宣言して自分を追い込む)


がんばりやのあなたをラクにするメンタルデトックス
田原 祐子
実業之日本社
売り上げランキング: 15768
おすすめ度の平均: 5.0
5 シンプルで簡単に取り組める!
4 精神が健康なうちに読む本だと思う
5 ストレスは自分自身で解決できる!
5 知ってよかった考え方
5 少し軽くなった感じです


「オール電化のカリスマ」との異名を持ち、営業関連の本を何冊もだされている敏腕営業コンサルタント、田原祐子さんの初めての自己啓発書、がんばりやのあなたをラクにするメンタルデトックスを読みました。


田原さんのセミナーの受講者は累計10万人以上、コンサルティングした会社は1100社以上。


こういった華々しいキャリアとは裏腹に、年間300日の出張、平均睡眠時間3時間など、さまざまな犠牲を払ってきた結果、身も心もズタズタになった時期があったとのこと。


そのような辛い時期を救ったのが、ご自身が編み出した「メンタルデトックス」メソッドでした。


このメソッドは、「癒し」「ヒーリング」といった言葉から想像される右脳的アプローチとはひと味違います。長年の営業経験から導き出した左脳的アプローチで問題の根本原因を探り、解決策が分かってから、右脳的アプローチで精神を落ち着かせるというものです。


私も、図解で一旦頭をクールダウンしてから、自分の夢をかなえる戦略を練るというアプローチを拙著『夢が現実化する「1枚図解」』で提案しているので、この手法にはとても共感しました。



■ この本を1枚であらわすと?(クリックで拡大))

20100607-1maipawapo.jpg


この本を一言でいうと、「悩んでもどうしようもないことを捨てるための科学的手法を学ぶ本」です。


そのためには、具体的にどうやって手を動かし、考えていくべきかを豊富な具体例とともに書かれています。


(そういえば、私も先日「事実」と「思い込み」を混同して、「思い込み」で突っ走ったことがあったなーと、冷や汗をかいた出来事を思い出しました。)


頑張っているのになんだかうまくいかない。どうしてうまくいかないかがわからずに、もやもやする。そんな方にぜひオススメします!



■ おまけ:プロっぽい資料作りのポイント(クリックで拡大)

20100607-1maipawapo2.jpg


今回は資料にプロっぽさを加えるためのちょっとしたコツを。


図や文字を配置するとき、見えない線があるように、天地を揃えるとキッチリした印象を与えることができます。


天地を揃えるためには、パワーポイントの「ガイド」機能を使いましょう。


ツールバーの「表示」→「グリッドとガイド」(もしくはCtrl+G)ででてくる小さいウインドウ内の、「ガイドを表示」チェックボックスをオンにすると、薄い線が現れます。それをもとに左右のオブジェクトを揃えてみて下さいね。





■ 編集後記

今日発売の日経WOMAN、2010年7月号は時間管理特集です。朝4時起きの図解化コンサルとして、読者の方お2人の時間の使い方を図解&早起きで見直し、アドバイスするという企画で掲載いただきました!もし良かったら読んでみてくださいね。


なお、来月号の日経WOMANにも掲載していただく予定です。図解や伝える能力を高めるためのアドバイスをお話いたしました。またご連絡いたします!



外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!

ブログでは伝え切れない、図解思考整理術、目標達成思考法、プレゼンスキル、早起きのコツなどなどをお伝えする池田千恵メルマガ、無料登録はこちら


2010年10月16日発売!図解スキルでスケジュールも作りました『朝活手帳2011』

詳細情報はこちら


2010年3月19日発売!本の挿絵、図解全てかいてます。『夢が現実化する「1枚図解」』

期間限定!まえがき無料ダウンロードできます。


たちまち6万部突破! 本の図解ラフ案にも関わってます。CONECTA代表池田千恵の初の著書『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』

■ プロフィール
池田千恵(いけだ ちえ)

CONECTA代表。図解化コンサルタント。

お問い合わせメールアドレス:info★conecta.jp(★を@に変えてください)

詳しいプロフィールはこちら

メディア掲載履歴はこちら

  • 福島県生まれ。磐城女子高校卒業
  • 慶應義塾大学総合政策学部卒業後、ワタミ入社
  • ワタミから外資系戦略コンサルティング会社に転職
  • パワーポイントプレゼン資料作成のプロとして、毎日50~100枚、累計75000枚以上のプレゼン資料を作成
  • その経験を生かし、社内のコンサルタントに技術指導する役割を担った後、独立
  • コンサルタントのプロジェクト成功を陰で支えた経験から、考えをまとめる/人を動かす図解資料のポイントを体系化
  • プライベートからビジネスまでの様々な問題解決に図解技術を応用するスキルを伝えている
  • twitterは こちら

詳しいプロフィールはこちら



早起きで、朝9時までを有効活用!「Before 9(ビフォア・ナイン) プロジェクト」公式サイトはこちら

Powered by Movable Type 4.22-ja


ウェブページ

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 20110319shigotano2.jpg
  • 20110319shigotano1.jpg
  • nikkeisangyo.jpg
  • benkosan.jpg
  • 勉子さん図解.jpg
  • 20101025-1maipawapo-ver6.jpg
  • 20101005-fujiisan.jpg
  • 20100917-1maipawapo2.jpg
  • 20100917-1maipawapo1.jpg
  • 100617-1maipawapo2.jpg

あわせて読みたいブログパーツ