マトリクスはこう使うの最近のブログ記事


あらためて、地震・津波で被害に遭われた方、ご家族、ご友人、知人と離ればなれになってしまった方、お亡くなりになった方には、謹んでお見舞い申し上げます。


このたびの地震では、もうすでに皆様が触れられている通り、私たちに様々なことを考える機会をもたらしました。


私の両親、親類は被害が大きかった福島県いわき市で地震に遭いました。幸い怪我などはなかったのですが、現地の状況を聞くにつれ、心が押しつぶされそうな気持ちに何度も襲われました。


今回メールや携帯メールが繋がらない中でも、ツイッターやフェイスブックはすぐに繋がったということで、緊急時でも生の情報に直に触れることができました。


私は地震があった瞬間、お客様と東京都内のビルの高層階で打ち合わせをしていました。エレベーターが動かず、余震の不安もあったので、階段で降りることもままならずにそこで一晩夜を明かしました。


その際も家族や友人とツイッターで安否確認をすることができましたし、ツイッターを見ていたので震源地や外の状況もリアルタイムに知ることができました。


私たちはこのように、「みんなと繋がる」ことによる恩恵を受けてはいます。しかし方で、繋がりすぎることによる弊害もあると考えています。


正しい情報、間違った情報、偏った情報、善意の情報、悪意の情報。様々な情報が、人づてで、バケツリレーのようにリアルタイムで飛び交っています。その情報を得ることが、イコール自分で考えていることのように思い込み、その情報をもとに行動してしまう危険があるのです。


今もなお現地や避難先で大変な思いをされている方はもちろんのこと、震災の影響が少なかった方でも、先の見えない不安と向き合い、一体どこをどう進んで行けば良いのか分からなくなる場合もあるでしょう。


そんな中だからなおさらのこと、自分の判断軸を持つことが重要になってきます。


情報は、それ自体は何の意味も持ちません。得た情報をどのように受け止め、判断し、行動していくかが大事なのです。


このことは、私自身が今も、押しつぶされそうな不安の中でついつい流されそうになり、その都度踏みとどまるように意識しているからこそ、身をもって感じることです。


襲ってくる不安の理由は、あまりにも突然にたくさんの問題が目の前に現れたために、これから何をすべきかの全体像がつかめないことにあるのではないでしょうか。自分が悩んでいることが、悩んでも仕方のないことなのか、悩んで解決できることなのか。その判断もなかなかつかない状態になっている方も多いでしょう。


その状態から脱出するために、図を使った解決策を先日「シゴタノ!」で紹介させていただきました。私自身この図で救われたので、お役に立てればと思い、こちらのブログでもシェアさせていただきます。

具体的な使用方法などにつきましては、すでにアップ済みの「シゴタノ!」内記事を参考にしていただけると幸いです。

自分が今できること、しなければならないことにしっかり向き合うための「不安分析マトリクス」


※以下の図はクリックで拡大します。

20110319shigotano1.jpg

20110319shigotano2.jpg


私たちが住んでいる日本が、今、緊急事態に襲われています。


冷静になれ! と周囲が声高に叫んでいる状態です。しかし、もしかしたらそう叫んでいる人自体が冷静ではないのかもしれません。


頑張れ、といわれても「私はこんなに頑張っている。これ以上頑張れっていうのはおかしい」と、素直に頑張ることができない状態の方もいらっしゃるでしょう。


人の親切が押しつけに思えてしまい、そういう風に思ってしまう自分が、人としておかしいんじゃないかと思い、落ち込む状態の方もいらっしゃるかもしれません。


そんな風にひねくれて考える自分はダメ人間で、なんとか矯正していかないといかない。自分はまだまだだ、頑張ろう、と思ってしまう方も多いでしょう。


そんなあなたこそ、いったんこの図に不安を書き込むことで落ち着きを取り戻しましょう。


今ギスギス、イライラ、カリカリしているあなたは、本来のあなたではありません。一呼吸おくことができていないために、思考の癖が少しだけ違う方向にずれている状態なのです。


この図を使い、ひとり考えることで、本来あなたが持ち合わせているやさしさ、温かさ、思いやり、強さを取り戻せますように。



早起き・図解・目標達成スキルなどの情報をお届けする池田千恵メルマガ(無料・不定期)登録はこちら!



メールアドレス:
お名前:

こんにちは。図解化コンサルタント CONECTA(コネクタ)の池田千恵です。


先日、久しぶりに前職のコンサル会社の友達(現職とOG)と食事をしました。


お互いの近況報告や、私が会社を辞める当時の思い出など、話すことがたくさん。朝7時半から集まったのに気づけば11時近くまで夢中でおしゃべりしていました。


その時話題に上ったのが、「会社にいると、会社のありがたさになかなか気付かない。会社を飛び出してから、その良さに改めて気付く」ということ。


当時の私は忙しさでいっぱいいっぱいで、「上司はこんなに頑張っている私を守ってくれない!」なんて不満をもったりしていたことも。


でも、今振り返ると、上司の言うことはもっともだったよなーとか、あの時の自分の行動は、会社全体の利益に貢献しない態度だったよなーとか、いろいろ見えてくるのです。


それに、在職中に自然と身についた仕事の進め方、コミュニケーションの取り方が、実はすごく価値があることもので、今の私を支えてくれていることにも気づきました。


私の場合は外に飛び出してようやく気付いたことですが、会社を飛び出さなくても、マインドを変えることはできます。


今回紹介するのは、今会社に不満をもっていて「頑張っているのに評価されない」「評価されないから、会社なんて辞めたい」と不満を持っている方にぴったりな本です。


なぜかいい仕事がやってくる女性の 働き方36のルール
曽根原 容子
中経出版
売り上げランキング: 256


女性経営者の先輩として尊敬し、いろいろアドバイスをいただいたりしてお世話になっている曽根原容子さんの初めてのご著書『なぜかいい仕事がやってくる女性の働き方36のルール』です。


曽根原さんはスリムビューティハウスにて、弱冠29歳で西日本統括部長を務めたお方。現在は独立し、エステサロンとスクールを計4つ経営されています。


今の輝かしいキャリアからは想像がつかなかったのですが、そんな曽根原さんでも、昔はさまざまなことで悩み、落ち込みながらキャリアアップしてきたそうです。


試行錯誤して身に付けた、キャリアアップのルールをまとめたのがこの一冊。


頑張っているのにうまくいかない人が、仕事でうまくいくようになるための対策がとても細かく書かれています。私が独立する前に読んでいたら、もうちょっと会社で評価される人間になっていたよなー、と、つい苦笑いしてしまいました。


今回は、この本に書いてある「頑張りが報われるための仕事の見極め方」を、ひと目で分かるようにマトリクス図解してみました。



■ この本を1枚であらわすと?(クリックで拡大))

20101025-1maipawapo-ver6.jpg


仕事ができる人は、見極めがうまい。自分が力を入れることで組織が最大限にパワーを発揮する仕事にエネルギーを注力します。


一方、頑張っているのに仕事ができない、評価されない人は、自分がやらなくてもいいことまで、やらなければいけないことと同じくらいの労力をかけてしまうのです。


このマトリクスを頭において、「今やっている仕事は果たして、どの位置のものか」をいったん冷静に考えるだけでも、仕事の成果は全く違ったものになるのではないでしょうか。


心よりオススメの一冊です!!




■ 編集後記


昨日は埼玉県の熊谷まで行ってきました。知人が新しいダイニングカフェをオープンしたので、レセプションに呼んでもらったのです。


お店の名前は「PDC」(バブリックダイナーカフェ)。熊谷駅のすぐ近くのニットーモールにオープンしました。


オーナーの加賀崎さんは、埼玉県熊谷市で、『大衆食堂 加賀家食堂』を両親から引継ぎ経営。『洋食・喫茶 パブリックダイナー』という、駅からタクシーで15分ほどかかるお店なのに地元で超人気のお店を営まれているお方。

ホームページでの宣伝などに頼らず、すべて口コミで、地元に愛されるお店を作り上げています。


加賀崎さんの、地元を元気にする!という熱い気持ち、従業員のみなさんを大事にする姿勢が心にズドンと響いてくる、とっても素敵なレセプションでした。


東京からも思ったより遠くなかったので、これからも行きたいと思ってます!



外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!

こんにちは、図解化コンサルタント CONECTA代表 池田千恵です。http://conecta.jp/


最近、「図解を学ぶ時におすすめの本はないですか?」と聞かれることが増えてきています。


あたたかいコーヒーを飲みながらじっくり本を読むのに最適な「読書の秋」がやってくる!


ということで今回は、私が読んでみて図解化力向上に役立った本をご紹介する「レベル別 図解化力向上のためのオススメ本7選」をテーマにお伝えいたします。


ただお知らせするだけではつまらないので、オススメ本をマトリクス上でマッピングしてみましたので、まずはご覧ください。(クリックで拡大)


osusumehon.jpg


(本当は本の表紙も含めてマッピングしたかったのですが、著作権上載せてもいいかどうか判断がつかなかったので、このような形でご了承ください)


今回ご紹介する本は、図解化能力だけでなく「考える」「伝える」力をつけたい方に役立つ良書です。以下の4つに分類したので、あなたのレベルや目的に応じて選んでみてくださいね。





● タイプ1: さらっと読めて、すぐに応用できる本
● タイプ2: じっくり読む必要があるけれど、読み終えたらすぐ応用できる本
● タイプ3: さらっと読めるけど、技術を身につけるのには訓練が必要な本
● タイプ4: じっくり読む必要があり、技術を身につけるには訓練が必要な本




なお、今回紹介する本は、今までにこちらのブログで紹介したものもあれば、まだ紹介していないものもあります。


まだブログで紹介していない本についての、もう少し詳しい解説は、メルマガ読者の皆様に金曜日までにお知らせする予定です。


無料メルマガ登録はこちらまで!




● タイプ1:さらっと読めて、すぐに応用できる本

「わかりやすく<伝える>技術」池上彰 著 (講談社現代新書)

わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)
池上 彰
講談社
売り上げランキング: 534
おすすめ度の平均: 4.5
5 企業内研修にも使える啓蒙書
4 聞き手の立場を意識したプレゼン術
4 帯が異常に広い


プレゼンや会話などで幅広く応用できる、「伝える力」を、まさに「わかりやすく」教えてくれる一冊。新書で手軽に手に取れ、すぐに読めるのに実用性があります。


※ 先日ブログでも紹介済み→http://conecta.jp/pawapo/2009/08/post-35.html


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

「図解 話さず決める!プレゼン」 (天野 暢子 著 ダイヤモンド社)

図解 話さず決める!プレゼン―15秒で納得させる
天野 暢子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8894
おすすめ度の平均: 4.5
5 プレゼンテーションの本質を痛感させられる1冊!
5 職務経歴書をつくるとき参考にしました
3 基本をおさえた資料作成の指南書
5 ちょっとした文章への気配りの効用
4 よくまとまっている資料作成の本

プレゼン・コンシェルジュが語る、プレゼンの見た目戦略。


見開きビフォーアフター形式で、どこがダメでどうしたら伝わるプレゼンになるかのノウハウがたくさん。


パワポの図だけでなく、ワードやエクセルで気をつけるべきことが書いてあるのがうれしい。




● タイプ2: じっくり読む必要があるけれど、読み終えたらすぐ応用できる本

『「考える・まとめる・表現する-アメリカ式「主張の技術」』(大庭コテイさち子著 NTT出版)

考える・まとめる・表現する―アメリカ式「主張の技術」
大庭 コテイさち子
エヌティティ出版
売り上げランキング: 5381
おすすめ度の平均: 5.0
5 応用自在!
5 こどもの学習に効果がありました!
5 ワールドスタンダードな話し方・書き方の基本;絶対おすすめ
5 アメリカ式「主張」の技術が分かった!


この本は、論理的に書き、伝えるための手法をアメリカの授業を題材にして書かれたもの。


文章が、ちょっと翻訳調な感じで少し読むのに時間はかかりますが、アイディア出しのためのフレームワークが盛りだくさん。


※ 先日ブログでも紹介済み→ http://conecta.jp/pawapo/2009/07/post-33.html




● タイプ3: さらっと読めるけど、技術を身につけるのには訓練が必要な本


『描いて売り込め!超ビジュアルシンキング』(ダン・ローム著 小川敏子訳 講談社)

描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング
ダン・ローム
講談社
売り上げランキング: 1717
おすすめ度の平均: 5.0
5 絵は1000の言葉を引き出し、その言葉こそが本当に問題を解決する
4 何について書かれた本かと聞かれると説明がムツカシイ・・・
5 見ているだけで楽しくなるし、やってみたくなる
5 ■本物のフレームワークが身につきそうです!

イラストや例が多用されていて、するする読むことができます。また、「こういう時はこういう図を使う」という一覧表もついていて親切な、私のイチオシ本。


ただし、使いこなせるようになるまでには、数をこなす訓練は必要な一冊。


※ 先日ブログでも紹介済み→http://conecta.jp/pawapo/2009/06/post-30.html


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


『プロフェッショナル・プレゼンテーション』(土井哲、高橋俊介著 東洋経済新報社)

プロフェッショナル・プレゼンテーション (アクション・ラーニング・シリーズ)
土井 哲 高橋 俊介
東洋経済新報社
売り上げランキング: 32560
おすすめ度の平均: 4.5
5 充実た内容で楽しく読めました
4 実践的。相手の視点を軸に。
5 プレゼンが面白くなる!
4 共著のこわさ
5 読みやすく役にたつ

題名だけ見ると、プレゼンの仕方を解説する本だと思ってしまいますが、実はこの本、奥が深いです。


いいビジュアル、悪いビジュアルの事例が豊富な上、論理的に伝えるというのはどういうことかについてもよく分かる本です。




● タイプ4: じっくり読む必要があり、技術を身につけるには訓練が必要な本



『マッキンゼー流 図解の技術 ワークブック』(ジーン・ゼラズニー著 数江良一、菅野誠二、大崎朋子訳 東洋経済新報社)

マッキンゼー流 図解の技術 ワークブック
ジーン・ゼラズニー
東洋経済新報社
売り上げランキング: 12503
おすすめ度の平均: 3.5
5 何度も訓練すると身につく良書
1 やっぱり高いです
4 前2作よりはGOOD

『マッキンゼー流 図解の技術』という、この本の前身もありますが、私はこちらをおすすめ。


問題→自分で考える→回答→復習が無理なくできる本だと思います。


ただ、例題を出されて自分で考える時、事前にタイプ1、2のレベルの本で図解の基礎を学んでからでないとピンとこないかもしれません。


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


『考える技術 書く技術』(バーバラ・ミント著 グロービス・マネジメント・インスティテュート監訳 山崎康司訳)

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント グロービスマネジメントインスティテュート
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1074
おすすめ度の平均: 4.5
5 ビジネスで文章を書く人は必読か
4 読みにくい。ただし、ロジカル力のレベルアップのためには読むべき。
5 自分の考えを構造的に整理しOutPutする為の良書
5 大学卒業までに皆が通る道
4 TOEFLで使用しました


コンサルタントなら最初に必ず読まされる、といわれている名著。論理的思考がベースにあってこそ図解ができるということを思い知らされる一冊。


訳のせいか、読むのに骨が折れますがその分マスターすれば価値あるものになります。

ワークブック上下巻も出ています。


考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉
バーバラ ミント グロービスマネジメントインスティテュート
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7329
おすすめ度の平均: 4.5
4 ビジネスマンのステップアップに最適
4 このシリーズは読むべき
5 ぜひとも自主トレしたい内容!
5 論理的思考の実践編
考える技術・書く技術 ワークブック〈下〉
バーバラ ミント グロービスマネジメントインスティテュート
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 10691
おすすめ度の平均: 5.0
5 書く力の自主トレ完結版!

以上、オススメ図解本7選でした。ご自分のレベルや目的に応じて、参考にしていただけると幸いです。


最後にもう一度、図をアップしておきますね!(クリックで拡大)


osusumehon.jpg







■ 編集後記


土曜日は、書評ブロガー鹿田尚樹さんのセミナーに行ってきました。


テーマは「ことばのちから」。


私は口下手だったから「図」で想いを伝える、という仕事をしています。図ナシで、お二人がどこまでお話されるかにとても興味あり、参加しました。


9月11日出版を控える美崎栄一郎さんがゲスト。


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
美崎栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
売り上げランキング: 18976


お二人のプレゼンスタイル、とても勉強になりました。


懇親会は17時スタート、21時には終了。じっくりたっぷりお話しても、まだ21時!朝4時起きの私にもうれしい飲み会でした。



外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!

ブログでは伝え切れない、図解思考整理術、目標達成思考法、プレゼンスキル、早起きのコツなどなどをお伝えする池田千恵メルマガ、無料登録はこちら


2010年10月16日発売!図解スキルでスケジュールも作りました『朝活手帳2011』

詳細情報はこちら


2010年3月19日発売!本の挿絵、図解全てかいてます。『夢が現実化する「1枚図解」』

期間限定!まえがき無料ダウンロードできます。


たちまち6万部突破! 本の図解ラフ案にも関わってます。CONECTA代表池田千恵の初の著書『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』

■ プロフィール
池田千恵(いけだ ちえ)

CONECTA代表。図解化コンサルタント。

お問い合わせメールアドレス:info★conecta.jp(★を@に変えてください)

詳しいプロフィールはこちら

メディア掲載履歴はこちら

  • 福島県生まれ。磐城女子高校卒業
  • 慶應義塾大学総合政策学部卒業後、ワタミ入社
  • ワタミから外資系戦略コンサルティング会社に転職
  • パワーポイントプレゼン資料作成のプロとして、毎日50~100枚、累計75000枚以上のプレゼン資料を作成
  • その経験を生かし、社内のコンサルタントに技術指導する役割を担った後、独立
  • コンサルタントのプロジェクト成功を陰で支えた経験から、考えをまとめる/人を動かす図解資料のポイントを体系化
  • プライベートからビジネスまでの様々な問題解決に図解技術を応用するスキルを伝えている
  • twitterは こちら

詳しいプロフィールはこちら



早起きで、朝9時までを有効活用!「Before 9(ビフォア・ナイン) プロジェクト」公式サイトはこちら

Powered by Movable Type 4.22-ja


ウェブページ

2011年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 20110319shigotano2.jpg
  • 20110319shigotano1.jpg
  • nikkeisangyo.jpg
  • benkosan.jpg
  • 勉子さん図解.jpg
  • 20101025-1maipawapo-ver6.jpg
  • 20101005-fujiisan.jpg
  • 20100917-1maipawapo2.jpg
  • 20100917-1maipawapo1.jpg
  • 100617-1maipawapo2.jpg

あわせて読みたいブログパーツ