円弧はこう使うの最近のブログ記事

外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!



こんにちは。図解化コンサルタント CONECTA(コネクタ)の池田千恵です。


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
美崎栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
売り上げランキング: 10
おすすめ度の平均: 5.0
5 情報は1冊のノートにまとめなくてもいい?
4 数多あるノート術の中
5 花王の実務派のノート術/うなずける
5 超レコメンド!!『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』
5 さすがスーパーサラリーマンの技術です


『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』 (Nanaブックス)を読みました。


著者は花王で働きながら、毎月のべ150人以上の社会人勉強会を開催する「スーパーサラリーマン」。


実は美崎さんとは知り合いなのですが、私はいつも「この人、いったいいつ寝てるんだろうか??」と不思議に思っていました。


この本を読んで、どうして彼がマルチタスクで活躍しているかがわかりました。


いつもアクティブに活動している著者の仕事術が、具体的/実践的に書かれており、読み応えがあります。


実は著者の提唱する「三冊ノート術」は、はからずも私も無意識に実践していたものでした。思わぬ共通点にびっくり。


とはいえ、この本を読んだら私のノート術なんてまだまだ甘ちゃん。


著者のノート活用術はオタクともいえるほどに徹底していて、かつシステマティック。すぐにでも真似したいテクニック満載の、お得な本でした。


早速スケジュール帳のアポ管理に「マイタックラベルリムカ」(きれいに剥がせるタイプの小さいシール)を買っちゃいました。おかげで、スケジュール変更が多くてぐちゃぐちゃになっていた私のスケジュール帳はスッキリまとまるようになりました。



■ この本を1枚であらわすと?(クリックで拡大)


090918-1maipawapo.jpg


この本を一言でいうと、「ノートを第二の脳として使うための本」です。


ノートに戦略的に記録することができれば、忘れることができるので脳内キャパが増えます。増えた脳内キャパで、ノートに記録したことをベースに、さらに深く考えることができる、という良いループが生まれるのです。



■ この図のポイント教えます(クリックで拡大)

090918-1maipawapo2.jpg


今回は、目の動きを意識した資料作成のポイントを。


パワポ資料を見る時、人は最初に左上、次に右下に視線をやります。なので、読んでほしい文章も同じように左上から右下に順を追って書くと、ストレスなくわかりやすい資料になります。



■ おまけ:こうやって描いてます(クリックで拡大)

090918-1maipawapo3.jpg


今日は、お絵かきコーナーみたいですね(笑)


一見複雑に見える図も、実はこんなにシンプルな線の組み合わせなんです。


私はパワポオタクなので、すぐ目の前のものを○と□などに分解してしまいます。


例えば、こんな絵も描けるんですよ!




■ 編集後記

小室哲哉さんのエッセイ、「罪と音楽」を読みました。

罪と音楽
罪と音楽
posted with amazlet at 09.09.18
小室 哲哉
幻冬舎
売り上げランキング: 36
おすすめ度の平均: 4.0
5 将来への希望を感じさせる
5 衝撃
4 期待以上のリターン。読み応えありました。
5 「音楽」の抱える「罪」,「罪」のなかにある「音楽」
3 言えない本心がまだあるような

実は私は20年来の TM NETWORK ファン。拙著『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』の裏テーマは TM NETWORKの名曲「Resistance」です。


読んでいて何度も胸が詰まる思いがしました。


ファンとしても楽しめる本であると同時に、プロデューサー思考というのがどんなものかも知ることができました。


次回の更新時は、この本をビジネスに応用するための図解に挑戦しますのでお楽しみに!



外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!

■ 最近のうれしかったこと


先日、とあるパーティでの出来事。「人を繋げるプロ」の方が、私をこう紹介してくださいました。


「池田さんは右脳と左脳を両方駆使してすごい図を書く人なんですよ」


生まれてはじめてそんなことを言っていただき、驚くと同時にとてもうれしかったです。


なぜなら、普段の私は結構ぼーっとしていて、典型的な感覚人間だから。


「何言っているのか、話がまとまってなくてよくわからない」と言われることもしばしば。


前にちょっと流行った「うさうさ占い」では「うう」タイプ。無鉄砲で感情に身を任せる人間なのです。


それが強み(?)でもあり、コンプレックスでもあった私。「ロジカルだね」と言ってもらえるのが憧れでした。


感覚的な「右脳」とロジカルな「左脳」を両方駆使している、という言葉は、私にとって最高のほめ言葉だったのでした。


■ この話を1枚であらわすと?(クリックで拡大))

090330-1maipawapo.jpg


どうしてそう言われるようになったのだろう。


その理由は、外資コンサル会社で徹底的に「ロジカルに考える」訓練を受けたからではないかと思います。


私が図解するとき、最初からパッとイメージがわくわけではありません。


「これってどういうこと?」

「一番伝えたいメッセージは何?」

「何をどう伝えればわかりやすいの?」

「誰に向けて書いているの?」


などを、うんうん唸って考えていくうちに図がじわじわと浮かんでくるのです。最初に徹底的に「左脳的」に細かく考えるのですよね。


典型的右脳人間の私でも、考える訓練を受け、普段からも考えるクセをつけることによって、後天的に左脳的スキルを身につけることができました。


この経験から分かったことは3つ。


  • 図解化は絵的センスがなくてもできる
  • 思考能力をあげれば、図解化力はあとからついてくる
  • 思考能力も、訓練によって上げることが可能


図解をしたい!というとき、「でも私は絵的センスがないからムリ」とあきらめず、まず、考える力をつけることができれば、おのずと図解化力もアップしていきます。


芸術家には才能がないとなれないけれど、図解化のプロになることは、訓練によって可能なのです。


■ この図のポイント教えます(クリックで拡大)


090330-1maipawapo2.jpg


この図では、配色のポイントを。


右脳=感情的なイメージを連想させる赤を

左脳=冷静なイメージを連想させる青を


テーマカラーにし、矢印やフローチャートも全部同系統で統一します。このことによって、ひと目でイメージが伝わるようになります。


また、フローチャートには、「図解」に至る過程を端的に表現し、左の顔のイラストと矢印でつなげて関連性を持たせることで、「図解とは、右脳と左脳を両方使う作業だ」ということがひと目で分かるようになります。


■ おまけ:こうやって描いてます(クリックで拡大)

090330-1maipawapo3.jpg


これも複雑であるようで実はシンプル。「楕円」で顔の形を書いて、「パイ」で脳をつくり、あとは「円弧」で目と口をつくりました。


「楕円」「パイ」「円弧」だけでここまでできます。簡単でしょ?




■ 編集後記

書評ブロガー 鹿田尚樹さんの「聞くが価値」セミナーに初参加。


憧れのお二人、岡島悦子さん、田島弓子さんがゲスト。仕事を一生、情熱をもってつづけていくためのロールモデルとなるお二人のお話は大変実りあるものでした。


岡島さんの「私ってすごいでしょ?じゃなくて、あなたにとってお得でしょ?をこころがける」という言葉にドキッ!


田島さんの「自分がサービスを受ける側だと思って会社に行くと間違う」という言葉に、ワタミ時代のダメダメOLだった自分を思い出し、またドキッ!


その他にも、この会ならではの貴重な話がもりだくさん。行って良かったです。



右脳と左脳を駆使した図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!



外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!


2010年10月16日発売!図解スキルでスケジュールも作りました『朝活手帳2011』

詳細情報はこちら


2010年3月19日発売!本の挿絵、図解全てかいてます。『夢が現実化する「1枚図解」』

期間限定!まえがき無料ダウンロードできます。


たちまち6万部突破! 本の図解ラフ案にも関わってます。CONECTA代表池田千恵の初の著書『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』

■ プロフィール
池田千恵(いけだ ちえ)

CONECTA代表。図解化コンサルタント。

お問い合わせメールアドレス:info★conecta.jp(★を@に変えてください)

詳しいプロフィールはこちら

メディア掲載履歴はこちら

  • 福島県生まれ。磐城女子高校卒業
  • 慶應義塾大学総合政策学部卒業後、ワタミ入社
  • ワタミから外資系戦略コンサルティング会社に転職
  • パワーポイントプレゼン資料作成のプロとして、毎日50~100枚、累計75000枚以上のプレゼン資料を作成
  • その経験を生かし、社内のコンサルタントに技術指導する役割を担った後、独立
  • コンサルタントのプロジェクト成功を陰で支えた経験から、考えをまとめる/人を動かす図解資料のポイントを体系化
  • プライベートからビジネスまでの様々な問題解決に図解技術を応用するスキルを伝えている
  • twitterは こちら

詳しいプロフィールはこちら



早起きで、朝9時までを有効活用!「Before 9(ビフォア・ナイン) プロジェクト」公式サイトはこちら

Powered by Movable Type 4.22-ja


ウェブページ

2010年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 20101005-fujiisan.jpg
  • 20100917-1maipawapo2.jpg
  • 20100917-1maipawapo1.jpg
  • 100617-1maipawapo2.jpg
  • 100617-1maipawapo.jpg
  • 20100607-1maipawapo2.jpg
  • 20100607-1maipawapo.jpg
  • izakayazukai.jpg
  • ikedachie-profile.JPG
  • 090918-1maipawapo3.jpg

あわせて読みたいブログパーツ