2009年9月アーカイブ

外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!



こんにちは。図解化コンサルタント CONECTA(コネクタ)の池田千恵です。


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
美崎栄一郎
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
売り上げランキング: 10
おすすめ度の平均: 5.0
5 情報は1冊のノートにまとめなくてもいい?
4 数多あるノート術の中
5 花王の実務派のノート術/うなずける
5 超レコメンド!!『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』
5 さすがスーパーサラリーマンの技術です


『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』 (Nanaブックス)を読みました。


著者は花王で働きながら、毎月のべ150人以上の社会人勉強会を開催する「スーパーサラリーマン」。


実は美崎さんとは知り合いなのですが、私はいつも「この人、いったいいつ寝てるんだろうか??」と不思議に思っていました。


この本を読んで、どうして彼がマルチタスクで活躍しているかがわかりました。


いつもアクティブに活動している著者の仕事術が、具体的/実践的に書かれており、読み応えがあります。


実は著者の提唱する「三冊ノート術」は、はからずも私も無意識に実践していたものでした。思わぬ共通点にびっくり。


とはいえ、この本を読んだら私のノート術なんてまだまだ甘ちゃん。


著者のノート活用術はオタクともいえるほどに徹底していて、かつシステマティック。すぐにでも真似したいテクニック満載の、お得な本でした。


早速スケジュール帳のアポ管理に「マイタックラベルリムカ」(きれいに剥がせるタイプの小さいシール)を買っちゃいました。おかげで、スケジュール変更が多くてぐちゃぐちゃになっていた私のスケジュール帳はスッキリまとまるようになりました。



■ この本を1枚であらわすと?(クリックで拡大)


090918-1maipawapo.jpg


この本を一言でいうと、「ノートを第二の脳として使うための本」です。


ノートに戦略的に記録することができれば、忘れることができるので脳内キャパが増えます。増えた脳内キャパで、ノートに記録したことをベースに、さらに深く考えることができる、という良いループが生まれるのです。



■ この図のポイント教えます(クリックで拡大)

090918-1maipawapo2.jpg


今回は、目の動きを意識した資料作成のポイントを。


パワポ資料を見る時、人は最初に左上、次に右下に視線をやります。なので、読んでほしい文章も同じように左上から右下に順を追って書くと、ストレスなくわかりやすい資料になります。



■ おまけ:こうやって描いてます(クリックで拡大)

090918-1maipawapo3.jpg


今日は、お絵かきコーナーみたいですね(笑)


一見複雑に見える図も、実はこんなにシンプルな線の組み合わせなんです。


私はパワポオタクなので、すぐ目の前のものを○と□などに分解してしまいます。


例えば、こんな絵も描けるんですよ!




■ 編集後記

小室哲哉さんのエッセイ、「罪と音楽」を読みました。

罪と音楽
罪と音楽
posted with amazlet at 09.09.18
小室 哲哉
幻冬舎
売り上げランキング: 36
おすすめ度の平均: 4.0
5 将来への希望を感じさせる
5 衝撃
4 期待以上のリターン。読み応えありました。
5 「音楽」の抱える「罪」,「罪」のなかにある「音楽」
3 言えない本心がまだあるような

実は私は20年来の TM NETWORK ファン。拙著『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』の裏テーマは TM NETWORKの名曲「Resistance」です。


読んでいて何度も胸が詰まる思いがしました。


ファンとしても楽しめる本であると同時に、プロデューサー思考というのがどんなものかも知ることができました。


次回の更新時は、この本をビジネスに応用するための図解に挑戦しますのでお楽しみに!



外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!

外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!




日経ビジネスアソシエ 2009年10月6日号(9月15日発売)「ビジュアルシンキング特集」に、「図解のプロ」として2ページにわたり掲載されました!


associe-nakami.jpg


今回は、記者の方の図解を赤入れし、より「伝わる」図にするためにはどうしたらいいかをお話しいたしました。


こちらで紹介しきれなかった図解は、アソシエサイトの「スキルアップ最前線」に今後載せていただけるようです。


ご覧いただけると幸いです!


描いて売り込め! 超ビジュアルシンキング
ダン・ローム
講談社
売り上げランキング: 2163
おすすめ度の平均: 4.0
2 ありそうでなかった、そんな本だが、、
5 絵は1000の言葉を引き出し、その言葉こそが本当に問題を解決する
4 何について書かれた本かと聞かれると説明がムツカシイ・・・
5 見ているだけで楽しくなるし、やってみたくなる
5 ■本物のフレームワークが身につきそうです!


私のイチオシ図書、『描いて売り込め!超ビジュアルシンキング』のダン・ローム氏と同じ扱いで載せていただき光栄です!

こんにちは。図解化コンサルタント CONECTA(コネクタ)の池田千恵です。


■ 最近の「うんうん、分かる!」

いつも楽しみに読んでいるメルマガの一つに、鮒谷周史さんが発行されている「平成・進化論」があります。


鮒谷さんが、2009年6月29日付け日経新聞朝刊の「インタビュー 領空侵犯」 (福岡伸一さんインタビューの回)について、メルマガにて熱くお話されていました。


実は私もこの記事、とっても気になっていて、「いつか図解しよう。。。」と切り抜きをノートに挟んでいたのです。鮒谷さんと響くポイントが同じだったというのがうれしかったです。


これも何かの縁!ということで、今回は「インタビュー 領空侵犯」について図解します。




青山学院大学教授で、「生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)」「世界は分けてもわからない (講談社現代新書)」など、ベストセラーを連発されている福岡伸一さんが、2009年6月29日付日経新聞朝刊「インタビュー 領空侵犯」でおもしろいことをお話されていました。


「オタク社員をもっと大事に」という主張です。(少し長くなりますが、黄色部分引用)



効率を追求する機運が高まっていますが、その対極にあるオタクを今こそ評価すべきです。オタクとは、ひとつのことを何十年も好きでいられる人のこと。好きなことは徹底的に調べ尽くす。失敗が続いても、壁を乗り越え問題を解決していく粘り強さを持っている。長い目でみると、そうした能力をもつ社員が必要なはずです。独創的なものを生み出すのは、口八丁手八丁の人ではなくオタク的人材なのです。

(省略)

効率を無視したところでオタク社員を育てることも必要です。オタク社員が2年、30年後に爆発的な成果を上げれば、自社だけでなく業界全体、ひいては社会に貢献することになるかもしれません。


「現代オタク用語の基礎知識」という本を紹介したときも書いたのですが、私は「オタクとは、自らを投げうって何かを突き詰めようとする人々のことを言うんだ!」と思っています。


寝ても覚めても、そのこと以外は考えられないぐらい熱中する。それが他人にどう見られていようと関係ない。失敗を何度繰り返すけど、めげずに工夫を繰り返す。


そうやって積み重ねた結果が長い目で見ると偉大な成果を上げている。これって素晴らしいことだと思います。


福岡さんも例に出されていましたが、昨年ノーベル化学賞を受賞した「くらげ」の下村脩・米ボストン大名誉教授はその典型。短いスパンでみたらまったく成果がでないものでも、情熱とあきらめない心をもって、「オタク」的につきすすんでいったことで、ノーベル科学賞にいいついたのですものね。


私もある意味「図解オタク」です(笑)どんな話をきいても、どんなプレゼン資料をみても、ついつい「この話は○が2つあるな」とか、「このハコをもうちょっと右にしたらいいのに。。。」とか、考えてしまいますから。。。



■ この本を1枚であらわすと?(クリックで拡大)

090831-1maipawapo.jpg


縦軸に「会社にもたらす利益」、横軸に「勤続年数」を起き、最近の「口八丁手八丁社員」と、福岡氏が大事にしたいという「オタク社員」を線グラフにしてみたのがこの図です。


「口八丁手八丁社員」は、確かに短期的な利益追求には不可欠な存在。しかしながら、飽きっぽかったり、打たれ弱かったりするために長く仕事が続かないという欠点もあります。


一方、「オタク社員」は純粋に「好き」が原動力。徹底的に不器用に目標につきすすむから、短期では結果をださないけれどあとでじわじわと追い上げてくる。そんな様子を1枚にまとめました。



■ この図のポイント教えます(クリックで拡大)

090831-1maipawapo2.jpg


今回は、色と言葉のそろえ方についてのポイントを。


グラフを2種類重ねて比較するような図の場合は、それぞれのグラフを説明するハコを、グラフの色と同系色で揃えるとスマートです。


また、比較する説明文は、文章のニュアンスもそろえるように気を遣うと、プロっぽい図になります。



■ (おまけ)こうやって描いてます(クリックで拡大)

090831-1maipawapo3.jpg


線グラフは「曲線」で作っています。最初はコツがいりますが、慣れると自然な曲線をかけるようになりますよ。


ちなみにこちらで使っている図は三角、線、四角、曲線のみ。簡単でしょ?




■ 編集後記

「5月9日はゴクゴクの日」という、ビールをゴクゴクするイベントを毎年やっております。(日本記念日協会認定)

ゴクゴクの日をひっくり返して「9月5日は裏ゴクの日」と決めました。(日本記念日協会 "未" 認定)

ということで、9月5日は大阪遠征してベルギービール飲みに行きます!

大阪近辺在住の皆様、まだ参加者募集中なので、もし興味あればぜひ来て下さいね。

詳細、お申し込み方法はこちら!



外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!


外資系コンサル仕込みの「左脳的思考」に「右脳的思考」を加えた「池田式」図解の技術を知りたい方。無料ニュースレター登録はこちら!


2010年10月16日発売!図解スキルでスケジュールも作りました『朝活手帳2011』

詳細情報はこちら


2010年3月19日発売!本の挿絵、図解全てかいてます。『夢が現実化する「1枚図解」』

期間限定!まえがき無料ダウンロードできます。


たちまち6万部突破! 本の図解ラフ案にも関わってます。CONECTA代表池田千恵の初の著書『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』

■ プロフィール
池田千恵(いけだ ちえ)

CONECTA代表。図解化コンサルタント。

お問い合わせメールアドレス:info★conecta.jp(★を@に変えてください)

詳しいプロフィールはこちら

メディア掲載履歴はこちら

  • 福島県生まれ。磐城女子高校卒業
  • 慶應義塾大学総合政策学部卒業後、ワタミ入社
  • ワタミから外資系戦略コンサルティング会社に転職
  • パワーポイントプレゼン資料作成のプロとして、毎日50~100枚、累計75000枚以上のプレゼン資料を作成
  • その経験を生かし、社内のコンサルタントに技術指導する役割を担った後、独立
  • コンサルタントのプロジェクト成功を陰で支えた経験から、考えをまとめる/人を動かす図解資料のポイントを体系化
  • プライベートからビジネスまでの様々な問題解決に図解技術を応用するスキルを伝えている
  • twitterは こちら

詳しいプロフィールはこちら



早起きで、朝9時までを有効活用!「Before 9(ビフォア・ナイン) プロジェクト」公式サイトはこちら

Powered by Movable Type 4.22-ja


ウェブページ

2010年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 090918-1maipawapo3.jpg
  • 090918-1maipawapo2.jpg
  • 090918-1maipawapo.jpg
  • kougi3.jpg
  • kougi1.jpg
  • chie-s.jpg
  • associe-nakami.jpg

あわせて読みたいブログパーツ