2008年11月アーカイブ

■ 最近の「うんうん、分かる!」

日経新聞夕刊に、三浦雄一郎さんの次男であり、スキーヤー/登山家である三浦豪太さんが連載でコラムをかかれています。

2008年11月22日の記事は、≪「アホ」は「賢い」に勝る≫というテーマでした。


豪太さんの定義する「アホ」とは、次のような人です。(以下引用)

ここでいう「アホ」とは、「焦らず、おごらず、腐らず、陽気に笑い人を笑わせ、不器用だがすべてに前向きに取り組み、回り道をするが最後には大きな答えにたどり着く人」を指し、れっきとしたほめ言葉である。



豪太さんがモーグル選手をしていたとき、一番警戒したのは「アホ」な選手だったそうです。(以下引用)

「賢い人」は先が読める分、早い段階で無理を見極める。しかし「アホ」な選手は自ら限界を定めないため、普通の人があきらめるところを簡単に突破してしまうことがよくある。



私自身、2回大学を失敗した上に大学を休学して受験にチャレンジしたり、大企業にいかずあえてベンチャー企業に入ったり、先行きが見えない今の時期に会社を辞めて独立したりと、何かと無茶に走っている「アホ」なので、大変興味深く読みました。



私は要領のいい人間ではありません。だからこそ、他の人がやらないことを、どれだけ愚直に前向きに進んでいくかが大事だと思うんですよね。それに、やらないで後悔するよりも、やって後悔したほうがいいじゃない!そういう考えなんです。だから今回の記事に深く共感したのでした。



■ この論を1枚であらわすと?(クリックで拡大))

081124-1maipawapo.jpg



私はこのコラムを読んで、「賢い人」はPDCAサイクルを1度回して満足する分、小さくまとまるのに対し、「アホ」はPDCAサイクルを何度も回し続ける中で大きく成長するのだと思いました。



PDCAサイクルとは、戦略を建てる上で重要なプロセスのことで、P(Plan:計画)、D(Do:実行)、C(Check:検証)、A(Action:是正)の頭文字をとったものです。



「賢い人」は一度で問題点や限界を見極める。でもその分自分の成長範囲を自分で狭めてしまっているのではないだろうか。一方、「アホ」は自分の限界を知らない、「身の程知らず」。でも何度もトライ&エラーを繰り返していくうちにいつの間にか、自分でも思いもよらなかったくらいに成長するのではないか。その想いを図にしました。



■ この図のポイント教えます(クリックで拡大)

081124-1maipawapo1.jpg


この図では、左右に「賢い人」と「アホ」を対比させています。ここで伝えたいのは「アホ」のほうが実は強いよ!ということなので、左の「賢い人」を小さく、右の「アホ」を目立つようにします。



では、目立たせるためにどういった工夫をしたらよいでしょうか。



ポイントは3つ。
1.両極端のものを比較するときは、両端に矢がついている矢印をつかいましょう。
2.「アホ」のPDCAは、だんだん濃い色になっていくように塗り分けましょう。
3.「アホ」のPDCAは、らせんの矢印をだんだん太くしていきましょう。



このことで、何度もトライ&エラーを繰り返していくうちに高みに登っていく「アホ」を表現することができますよ。



ちなみにこちらで使った図形は、楕円形と曲線の矢印のみ。簡単でしょ?

■ 最近の「アイタタタ」

兵庫県の井戸敬三知事が、「関東大震災は(関西)のチャンス」という発言をして批判を浴びていますね。


「関西が浮上すればいいという意味で言ったわけではない」と弁明はされていますが、どういう意図であっても、関東地方の住民のみならず、阪神大震災で被害に遭われた方の神経まで逆撫でするような発言は、あってはならないことだと思います。


■ これが言いたかったんでしょ?

この件につき、本日2008年11月17日(月)の日経新聞で記事にされていました。
(以下引用)


東京で何かあったときは我々が補完を」。三年前の春、京都市。大阪、京都、兵庫各府県の知事会合で出た関西「第二首都」構想が、今回の井戸発言の源流にある。政治や経済の一極集中が進む東京で地震やテロが起きた時、インフラが整った関西が臨時の首都機能を担う―関西の自治体や経済界は今、この構想の実現を目指している。

この記事から私はこう思いました。おそらく知事は、「万が一東京の有事の際には、我々が全力でサポートする。備えあれば憂いなしなので、その準備を今からしっかりやっていこう」ということを言いたかったのではないか。


それが、「チャンス」という言葉にでてしまったことによって、その意図が十分に伝わらなかったのではないか。そう考えました。


とはいえ、言葉には心が現れるものですから、どう擁護しても「チャンス」という言葉がすべてを壊してしまいます。だから救いようがないのですが...。


だったら、この図を使えばよかったのに
(クリックして拡大)

081117-1maipawapo.jpg


この図のポイントは、「我々は第二の首都として、何かあった時は守る!」というように、首都をサポートする姿勢を前面にアピールしているところです。


「チャンス」という言葉には、相手を貶めて自分が上がる、というような嫌な響きがありますが、首都をサポートする、となると、同じことを伝えるにしても全く違った印象を受けますよね。


また、地図を効果的に使って、どのように首都をサポートしていくかの具体例を入れました。このことにより、兵庫県がどのように有事対応ができるかについてもアピールすることができます。


この図で使っているのは、地図の画像、フキダシ、矢印、四角形のみ!簡単でしょ?

■ たとえばこんなシチュエーション
あなたはとある企業の女性マネジャーです。

今でこそマネジャーとして責任がある仕事を
任せられ、華やかなキャリアを築けています。

しかし昔は地方の無名女子大出身というのがトラウマで、
コンプレックスの塊でした。

その後、自分の意識を変えたのをきっかけに
派遣社員から2度の転職を遂げ、今の地位を築いたという、
ど根性キャラです。

あなたは今、最近入社した女子社員、
Kさんの教育で悩んでいます。

彼女も無名の地方女子大出身。そのことに卑屈になっているようで、
「どうせ...だし」とか、「○○さんが××してくれないから」というのが
口癖です。

でも、時折見せるやる気があり、何とかキャリアを築きたい、という
熱意も少しは持っているようです。

「どうせ。。。」は、やる気はあるけれど、自分に自信がないから
行動に移せない。そんな自分をごまかしている言葉のように見えます。

全くやる気がなくて文句を言っているばかりだったら、無視して
適当にあしらうのも手ですが、文句の影にチラっと見える
前向きな心を感じると、まるで昔のあなたを見ているような気が
してきました。

きっとKさんは、スイッチが入れば化けるはず!
どうにかして彼女のやる気を引き出したい!

そんな気持ちがムクムクとわいてきました。

でもKさんの口癖は「どうせ」。

あなたのキャリアアップの秘訣をそのまま話したとしても、
「どうせ○○マネジャーだからできたことでしょ。私には
無理」と、表面的には大人しく聞いていても、
頭の中で却下されてしまいそうです。

どうしたら彼女のやる気のスイッチをつけることができるだろうか。。。

■ こんなときは、こんな図を使え!(クリックで拡大)
081114-1maipawapo.jpg


この図のポイントは、四角を利用した階段の図と、そのステップごとに
フキダシでつけた「あなたの気づき」です。

階段を一歩一歩登っていくように、無名女子大からちょっとずつ
キャリアを築いてきた経緯を順を追って説明できます。

また、キャリアアップしていく時の自分ならではの「気づき」を
加えることにより、「私がこうしたんだから、あなたもこうしなさいよ」
という上から目線ではなく、「私はここで、こう気づいた。だから
今の自分があるんだよ」ということを、淡々と説明できます。
淡々と説明することで、却って押しつけがましくならずに効果的に
自分の意見を伝えるという効果もあります。

■ これを口で言おうとすると、こうなる
「実は私もKさんと同じような境遇だったんだ。大学受験に失敗して、
皆聞いたことがないような地方の女子大しかいけなくてさ、
どうせ自分はダメだと思ってちょっと投げやりになっていたんだよね。
そのあと派遣で1年働いて、その時に気付いたことが。。。(省略)
気づけたお陰で正社員になれて、その時に気付いたことが。。。(省略)
こうやって今の自分があるんだよ。」

口で言うより、図のほうが簡単で分かりやすいでしょ?

■ たとえばこんなシチュエーション

あなたは創業3年目のベンチャー企業の社長です。
4期連続増収、増益で、最近メディア露出も増えてきたお陰か、
今までは採用したくてもできなかった、高学歴・大企業出身の
人材も徐々に入社してくれるようになってきました。

半年前には、役員待遇で超大手都市銀行から人材を招く
ことができました。

最初はその彼にとても期待していたのですが、実は今、
彼には正直手を焼いています。

というのも、「成長とスピードが命」のあなたから見て、
かなりのんびりしているように思えるのです。

それに、何かというと、「人が足りないから増やしてほしい。
これでは仕事が回らない」と不満を言ってきます。

仕事は与えられるものだ、という意識がミエミエなのです。

あなたのホンネは、「何甘っちょろいこと言ってるんだよ。
できないと思ったことを工夫してできるようにするのが
ベンチャーだろ」ですが、一応彼は年も10歳も上だし、
大企業では成功してきている方でプライドも高そうなので、
そんな上からの説得は聞きそうにありません。

根本的な価値観の違いがあるので、
これ以上議論しても仕方がないか。。。と、半ばあきらめ
モードのあなたですが、でも、自分の熱い想いを
きちんと伝えることができれば、もしかしたら
変わってくれるかも。。。という淡い期待も持っています。

そんな彼を、どうしたら説得することができるのだろうか。。。

■ こんなときは、こんな図を使え!(クリックで拡大)
081112-1maipawapo.jpg

この図のポイントは、円の使い方です。

左に現状(Before)、右に今後(After)というパターンで、
二重の円を二つ、大きさを変えて書いています。

「会社の成長」の円を右に行くにつれ大きくしていますが、
「自分の成長」の円は同じ大きさのままです。

でも目の錯覚で、左の「自分の成長」よりも右のほうが
小さく見えませんか?

この図によって、「あなたが今のままだと、いくら頑張っても
会社の成長に追いつかないので、結局マイナス評価になってしまいますよ。
だからもっともっと自分を成長させる必要があります。このことについて
しっかりと認識してほしい」

ということを一目で示すことができます。

■ これを口で言おうとすると、こうなる

「○さんの働きぶりには感謝しています。人手が足りないことも、
重々承知しております。しかし、我々はベンチャー企業です。
今後も毎年、何倍にも成長していかなければならないのです。
会社が何倍もの勢いで成長している中、それに伴って
あなたも、工夫して会社以上の成長ができるように
努力をしていただかなければ、結局、あなた自身は
何も変わらなくても、会社の成長に比べると相対的に
後退していると同じことになってしまうのです。ですから、○さんには
もっともっと、工夫して成長していただきたいのです。」

口で言うより、図のほうが簡単で分かりやすいでしょ?

■ たとえばこんなシチュエーション

あなたは部下を5人持つ、チームリーダーです。
部下の1人、Yさんのオーバーワークを心配しています。

Yさんはとても真面目。頼まれたら断れない性格なので
いろんな仕事をどんどん抱えてしまいます。
お昼休みすらとれず、残業も常態化。

昨日はチームの皆を元気づけるため、あなたが
企画した飲み会があったのですが、Yさんは
「仕事が終わらないから」という理由で
ドタキャンしてしまいました。

Yさんは仕事が大好きで、時間を忘れてのめりこんでいる
タイプなのかというと、どうもそうではないようです。

「どうして私だけこんなに忙しいの?」と不満を持ちながら
仕事をしているようにも見受けられます。かといって、
どうしたらバランスをとれるか、具体的な方法論を
身につけられていないようです。

このような精神状態では仕事のパフォーマンスも
落ちる心配があるし、自分の仕事が嫌いになった上、
燃え尽きて会社を辞める、ということになりかねません。

あなたのポリシーは、「クールに仕事をし、ホットに遊ぶ」
です。

もちろん仕事は大事だけれども、自分の人生のほうが
よっぽど大事。仕事で結果を出すために、「かわいそう
だから引き受けてあげよう」などという感情に流されず、
ある意味クールに仕事にはルールを決めて割り切って
いる面があります。そして休みの日は仕事を忘れて
思いっきり遊ぶ。そのことにより人生のバランスが
とれると思っているのです。

じっさい、そのスタンスで仕事をしても、
こうしてリーダーになることができました。

Yさんはもともと少し不器用なところはありますが、
もう少し息抜きをして、情に流されずに気楽に
仕事ができるようになればもっと伸びるタイプだと、
あなたは思っています。

Yさんを説得して、どうにか仕事と息抜きのバランスを
取ってもらいたい。そのためにはどうしたらいいだろうか?


■ こんなときは、こんな図を使え!
(クリックで拡大)
081110-1maipawapo.jpg

この図のポイントは、
仕事と遊び
クールとホット
二つのバランスを取る重要性を天秤の図で
一目で分かるようにしているところです。

この図では概念的なところを理解してもらった上で、
あなたが工夫している例を下に何個か添えてみました。
このことによって、バランスを取ることの重要性に加え、
どのようにして自分がバランスをとってきたかの小技を
Yさんに伝えることができます。

■ これを口で言おうとすると、こうなる

「Yさんが頑張っているのはすごくよく分かるけど、
ちょっと、オーバーワーク気味になっていないか
心配してるんだ。仕事のことばかりで自分の時間が
とれないと、それがストレスになって、長時間仕事を
しても効率が悪い場合もあるんじゃないかな。
私のポリシーは、クールに仕事をし、ホットに遊ぶ
ということなんだ。その方がどちらにもバランスがとれるでしょ。
具体的にはこんなこともやってみたらどうかな?例えば...」

口で言うより、図のほうが簡単で分かりやすいでしょ?

■ たとえばこんなシチュエーション

あなたは30代半ばの既婚の女性会社員。
家事代行サービスをお願いしたいけど、どうやって
夫に切りだそうか迷っています。

責任ある仕事を任され、管理職昇進の道ももうすぐ見えてきました。
仕事は忙しいけれど、とてもやりがいがあって楽しい。

今が頑張りどき!と思っているので、ついつい残業もしがち。
家に帰るとモノが散らかっていて、疲れた気分が余計増してしまうけれど、
それを片付ける気力も実は残っていないので、ついそのまま。

夫もバリバリ働く会社員。お互い仕事が忙しいので、家にいる時間は
せめてゆっくりのんびり、たくさん話し合いたい。でも週末は、結局
たまりにたまった家事をこなすことで時間が過ぎてしまいます。

夫は家事を手伝ってくれるけれど、おおざっぱなので却って自分で
掃除し直したほうがキレイ。かといって、掃除し直す時間もないし...。

家事代行サービスを頼めたら、私も夫もお互いハッピーなんだけどなぁ...。
でも、家事代行サービスなんてセレブっぽくて、なかなか切り出しにくいなぁ。

■ こんなときは、こんな図を使え!

081107-1maipawapo.jpg


(クリックすると拡大します)

この図のポイントは、上の二つの四角形です。
最初に目につく左の四角の中に、外部要因(客観的なデータ)を書きます。
そのあとに右の資格に内部要因(自分の気持ち)を書きます。そのことにより、
自分のきまぐれで家事代行サービスを雇いたいと思われるのを防ぐことができます。
客観的データは、省庁や新聞など、公的で信頼できそうなデータを入れるのがポイントです。
(左の経済産業省データはホンモノですが、2000年のデータで古いので、そのまま
利用するのはお控えくださいね)

■ これを口で言おうとすると、こうなる

「実は、家事代行サービスをお願いしたいと思っているんだけど、
どうかな?今お互い仕事が忙しくて、全然掃除とかまともにできないよね。
週末家事で1日が終わっちゃうのって悲しいと思わない?
家事を代行してもらうことで、夫婦の時間がますます増えると思うんだ。
今はいろんな企業がたくさん家事代行サービスを手がけていて競争が激しいから、
安いサービスとか便利なサービスがたくさんあるんだよ。例えば...」

口で言うより、図のほうが簡単で分かりやすいでしょ?

■ たとえばこんなシチュエーション

今日は半年に1回の、直属の上司とのフィードバックがありました。
自分としては、すごく今期は頑張った。後輩の面倒もよくみたし、忙しい業務の
合間にも、今後のことを考えて提案もしてきた。重要な案件を何本もこなしてきた。
これだけ頑張ったんだから、上司の評価もいいに決まってる。

ところが、評価結果は散々。

その理由は、「いろんなことをいっぺんにやろうとしていて、
何もかも中途半端。もう少し、ひとつのことに集中したほうが
いい」

え?どういうこと?

だって、あれもこれもやって頑張って、いろんなことを同時進行した
お陰で、様々な視点からの学びがあったんだもの。

ひとつのことだけを集中してやっていたら、こんなに結果は出せなかったのに。

悔しい!

なんとか上司の誤解を解きたい!認識を覆すことはできないだろうか?


■ こんなときは、こんな図を使え!

081105-1maipawapo.jpg

この図のポイントは、左右の対比と、真ん中の矢印です。
左に上司の認識(Before)、右がアピールしたい自分の実績(After)を示し、
「複数の柱として、これだけのことをやってきた。この柱が一本だったら
仕事にも深みがでなかったのだから、今の私の仕事のやり方も
評価されるべき」とアピールできます。

(とはいえ、本当に結果を出せなかったのなら諦めることも必要ですけどね)

右の柱の中に、自分の業務内容を入れてもいいですね。

ちなみに上下に対比させる時は、上をAfter(一番言いたいこと)にして大きく
表示、、下をBeforeにして小さく表示するのが効果的です。そのことで、
一番言いたいことを目立たせることができます。

■ これを口で言おうとすると、こうなる

「○○課長のおっしゃることも、もっともです。でもそれは、1本の柱でかろうじて建っている家と同じではないでしょうか。1つのことに集中するのもいい事ですが、それでは、何か問題があった時にすぐに折れてしまいます。私は△△、××、◎◎という複数の柱を連携させて、お互いの柱を強固なものにしてきました。そのことによって今期の土台をしっかりと作ってきたと思うのですが、その点について、課長のご意見を伺いたいです。」

口で言うより、図のほうが簡単で分かりやすいでしょ?

■ たとえばこんなシチュエーション

あなたはマラソントレーナー専門の人材派遣会社を経営しています。
事業をさらに拡大したい!と、思い、異業種交流会に参加しました。

「はじめまして。どんなお仕事されているんですか?」
キレイな女の人から、笑顔で名刺を渡されました。

こういう場には慣れていないあなた。しかも相手は美人。
心臓がバクバク、手に汗がじんわり。なんと答えて良いか分からず、
とっさに「あ、人材派遣会社やってます」とだけ答えました。

「あ、そうなんですか。どうもありがとうございます~」

話が全く続かずに、ただ名刺交換だけで終わってしまい、
がっくり。

もっと自分の仕事をアピールできたら、彼女から仕事を
受注できたかも知れないのに...。
ついでに、彼女とも仲良くなれたかもしれないのに...。

このように、せっかくの潜在顧客を逃さないためにも、
自分の仕事の全体像を図解して持ち歩くことをお勧めします。
そうすれば、とっさの時にも一瞬で事業内容を説明することができます。


■こんなときは、こんな図を使え!

このパワポのポイントは、「フロー」です。どういう流れ(フロー)で
仕事を行っているかをわかりやすく示すためには、「フローチャート」
(=下の図のベース型が並んだもの)を使うのが効果的です。

081103-1maipawapo.jpg

■ これを口で言おうとすると、こうなる

「弊社は、お客様の求める体の状態をきめ細かくヒアリングし、
100名のトレーナーから人選、お客様のニーズに合った
トレーナーをご紹介する、マラソン専門のトレーナー斡旋業者です」

口で言うより、図のほうが簡単で分かりやすいでしょ?

ブログでは伝え切れない、図解思考整理術、目標達成思考法、プレゼンスキル、早起きのコツなどなどをお伝えする池田千恵メルマガ、無料登録はこちら


2010年10月16日発売!図解スキルでスケジュールも作りました『朝活手帳2011』

詳細情報はこちら


2010年3月19日発売!本の挿絵、図解全てかいてます。『夢が現実化する「1枚図解」』

期間限定!まえがき無料ダウンロードできます。


たちまち6万部突破! 本の図解ラフ案にも関わってます。CONECTA代表池田千恵の初の著書『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』

■ プロフィール
池田千恵(いけだ ちえ)

CONECTA代表。図解化コンサルタント。

お問い合わせメールアドレス:info★conecta.jp(★を@に変えてください)

詳しいプロフィールはこちら

メディア掲載履歴はこちら

  • 福島県生まれ。磐城女子高校卒業
  • 慶應義塾大学総合政策学部卒業後、ワタミ入社
  • ワタミから外資系戦略コンサルティング会社に転職
  • パワーポイントプレゼン資料作成のプロとして、毎日50~100枚、累計75000枚以上のプレゼン資料を作成
  • その経験を生かし、社内のコンサルタントに技術指導する役割を担った後、独立
  • コンサルタントのプロジェクト成功を陰で支えた経験から、考えをまとめる/人を動かす図解資料のポイントを体系化
  • プライベートからビジネスまでの様々な問題解決に図解技術を応用するスキルを伝えている
  • twitterは こちら

詳しいプロフィールはこちら



早起きで、朝9時までを有効活用!「Before 9(ビフォア・ナイン) プロジェクト」公式サイトはこちら

Powered by Movable Type 4.22-ja


ウェブページ

2011年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 081124-1maipawapo1.jpg
  • 081124-1maipawapo.jpg
  • 081117-1maipawapo.jpg
  • 081114-1maipawapo.jpg
  • 081112-1maipawapo.jpg
  • 081110-1maipawapo.jpg
  • 081107-1maipawapo.jpg
  • 081105-1maipawapo.jpg
  • 081103-1maipawapo.jpg

あわせて読みたいブログパーツ